シンパシーの意味とは

シンパシーは「同情」「悔やみ」「共感」「共鳴」などと訳される名詞です。

もともとギリシャ語の「syn(同じ)」「pathos(苦しみ)」に由来した言葉で、英語では「同情」「悔やみ」などとネガティブな意味で使われるのが一般的です。

一方、日本では「共感」「共鳴」といったポジティブな意味で使用されることが多く、シンパシーという言葉自体にマイナスイメージを持っていない人がほとんどです。

ビジネスシーンでも使い方に大きな違いはありませんが、シンパシーに似た言葉として「エンパシー(Empathy)」が使われることもあります。

どちらも「共感」を意味する言葉ですが、エンパシーは「より深く理解し、気持ちを共有する」といった意味で使われています。

これら2つの言葉にも共通するように、語尾に「-pathy」が付くと「感情」を示す言葉となることが多々あります。ひとつひとつの意味を全て記憶するのは難しいため、こうして覚えておくとよいでしょう。

シンパシーの使い方と例文

「シンパシー」は、日本ではあくまでもポジティブな意味で使用されています。海外では正反対の意味で使われることもあるため、ビジネスで使用する際は前後の流れに注意しましょう。

シンパシーを使った例文
「彼の作品を一目見た瞬間に、強いシンパシーを感じた。」
「御社の理念にシンパシーを感じ、応募させていただきました。」
「彼女のスピーチを聞いていると、少しずつシンパシーが湧いてきた。」