ルーチンワークの一般的な意味とは

「ルーチンワーク」は、ルーティンワーク、またはルーティーンワークともいわれ、一般的には「決まり切った手続きや仕事」「日課」のことを意味しています。

スポーツなど極度の緊張を伴うシーンでは、ルーチンワークを決めて習慣化しておくことで、ルーチンワークで精神統一をすることもあるでしょう。

野球でバッターがいつも同じ動作を打席でしたり、ラグビー選手がボールをキックするまでに決まった行動をしたりする事が、精神統一のルーチンワークです。

ルーチンワークのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでルーチンワークは一般的な意味と同じく使われるでしょう。ルーチン業務ともいわれますが、業務であれば仕事のことをさすのが一般的で、仕事の中でも毎日するような日常業務のことを意味しています。

決まったことや手順で進めるのがルーチンワークであるため、基本的には創意工夫のいらない、マニュアルに沿ってできるような単純な仕事が多いでしょう。

ルーチンワークは人がする業務であり、コンピューターなどが毎日する作業に関してはルーチンワークとはいいません。

ルーチンワークの使い方と例文

ルーチンワークは決まりきった繰り返しの仕事や行動のことと覚えておきましょう。基本的には、人がすることに対して使う言葉です。

ルーチンワークを使った例文
「ルーチンワークは毎日のことなので面白くないというが、毎日しなければいけない大切なことでもある。」
「ルーチンワークも注意して進めなければ、ミスをしがちだ。」