アウトローの一般的な意味とは

アウトローの意味はもともと「無法者(むほうもの)」ですが、日常で使われるアウトローの意味はルールを無視する人や乱暴な人をさすことが多いでしょう。

アウトローの言葉の印象は軽く、ときにはカッコよいイメージもある言葉です。映画などで描かれるアウトローのイメージの影響が大きいでしょう。アウトローと名前のつく映画には、クリント・イーストウッドが監督した「アウトロー」(原題:The Outlaw Josey Wales)などがあります。

アウトローは、英語ではoutlawと綴られ、outは外の意味、lawは法律を意味しています。

もともとはイングランドで使われていた法律用語で、法律を犯したときに逃げて法律の適用から外された=法律で守られておらず、法の外にいるためなんでもやってしまう人。または法廷への喚問(かんもん)を無視した人のことをさす重い意味のある言葉でした。

現在では、日本語と同じような軽い印象でも使われますが、犯罪者、亡命者の意味で使われることもあります。

アウトローはビジネスシーンではあまり使われません。使うときには、一般的な意味と同じ意味で使われるでしょう。

アウトローの使い方と例文

アウトローは、法の外という意味を表す言葉と理解しておきましょう。使うシーンによって、言葉の重みが変わることもあります。

アウトローを使った例文
「アウトローな生き方にあこがれている感覚がわからない。」
「西部劇には、アウトローに生きる主人公や脇役が必ず出てくる。」