ナイーブの一般的な意味とは

ナイーブは、一般的には、飾り気がなく、素直な、純粋な、素朴な、単純で未熟な、などの意味で使われます。

ナイーブはセンシティブに近い意味で使われ、よい意味で使われることもあれば、まれによくない意味で使われることもあります。

ナイーブはフランス語で【naïve】と綴られ、世間知らず、ばか正直などの悪い意味がある言葉です。英語【naive】でも、フランス語と同じように世間知らず、未経験の・知識がないなど、一般的によい意味合いでは使われない言葉です。

日本語でナイーブを使う場合は、使われるシーンや文脈で意味を推測する必要があるでしょう。

美術の分野では、ナイーブ・アートという専門用語が使われています。主に絵画に対して使われる用語で、素朴派の中でも童心的な絵画のことをさしています。

ビジネスシーンでも、一般的なナイーブの意味とおなじ使い方をされるでしょう。日本的なナイーブの意味である、単純なの意味やそこから派生した素朴でやさしいイメージから、商品名にも使われることが多いでしょう。

クラシエのボディーソープや洗顔料などのボディケア用品も、ナイーブという名前がつけられています。

ナイーブの使い方と例文

ナンセンスは、日本語的には、素直な、純粋な、などのよい意味で、またフランス語や英語などと同じく、世間知らずなどの悪い意味合いで使われることもあります。シーンや文脈で意味を判断しましょう。

ナイーブを使った例文
「ナイーブな性格だから、お客さんに人気のあるスタッフです。」
「ナイーブな話題は、この場では避けるべきでしょう。」