ネゴシエーションの一般的な意味とは

「ネゴシエーション」の一般的な意味は、「交渉」や「折衝」でしょう。「ネゴ」と略されることもあります。

ネゴシエーションは、ただの話し合いではなく、相手との合意のための折り合いをつける意味合いが含まれることが多くあります。

そのため、ネゴシエーションにはスキルが必要とされています。

ネゴシエーションのビジネスシーンでの意味

ビジネスシーンでは、相手と折り合いをつけて合意にこぎつけなければいけない場面が多々あります。ネゴシエーションは、ビジネスパーソンのひとつのスキルとされています。

一般的には交渉術、交渉力とされますが、折衝術と訳す方が適しているでしょう。

また、ビジネスシーンではコンピューター関係用語としても使われます。モデムやFAXを含む、コンピューター周辺装置、またはコンピューター同士の通信速度や制御方式についての情報交換のことをさします。

たとえば、以前のコンピューターのインターネット接続にはダイヤルアップ接続があり、つながる前の通信音はネットワークとコンピューターのネゴシエーションでした。

今ではほとんどの機器にオートネゴシエーション装置がつき、あっという間にネゴシエーションは終わります。

ネゴシエーションの使い方と例文

ネゴシエーション、または、ネゴは、交渉、折衝の意味で使いましょう。

「粘り強いネゴシエーションで、契約に成功した」
「コンピューターとプリンターのネゴシエーションに問題があるので、プリントアウトができない。」