転職サイト

ノワールの一般的な意味とは

ノワールはノアールとも表記されることがあるカタカナ語で、フランス語の【noir】からきています。フランス語の【noir】の意味は「黒」であり、日本語のノワールも一般的な意味では、黒や漆黒として使われます。

ノワールは、他の言葉と組み合わせて使われることが多くあります。ノアールフィルム、ノアール小説とすると、漆黒の作品という意味合いから、正体不明の~、不正の~など、「闇」や「裏」とも訳されます。闇社会や犯罪、差別、暴力などの題材を扱う作品のことをさしています。

ビジネスシーンでもノワールは、商品名や作品名に使われることが多くあります。作品のイメージとしてフランス語の黒の意味で使われることもあります。

明治製菓のチョコレートノワールは、チョコレートの黒からきている製品名です。ヤマザキビスケットのノアールも、色としての黒を意味しています。

アメリカのロックスター・ゲームズ社の「L.A.ノワール」は、ロス市警の刑事となり事件の謎に挑んでいくアクションアドベンチャーゲームで、闇を表す意味でノワールが使われています。

ノワールの使い方と例文

日常でもビジネスでも、ノアールは「黒」または「闇(不正)」の意味でシーンや文脈で使い分けましょう。

ノワールを使った例文
「深い裏の社会を描いたノワール小説が、対象候補になった。」
「ノワールフィルムには、興味がない。」

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちらさとふるはこちら