人が怖いと思ったことがある人は多いでしょう。ここでは人が怖いことの心理的原因は何なのか、人が怖いのは病気なのか、克服するにはどうしたらよいのか、人が怖いと感じる人はどんな仕事がよいのかについて解説します。

この記事の内容
人が怖い心理的原因
人が怖いのは病気なのか
対人恐怖症の克服方法
人が怖くて働けない人におすすめの仕事

人が怖い心理的原因

人が怖いと感じる場合には、幾つかの心理的原因が考えられます。

失望される・本当の自分を知られるのが怖い

相手に嫌われたくないと思う気持ちは誰にでもあるものです。人間関係が深まってくると、本当のダメな自分が相手にわかってしまうのが怖くなるということもあるでしょう。

緊張が強くなりすぎると、人前に出ると強い不安や緊張におそわれ、何もいえなくなってしまったり、手が震えたりしてしまいます。人の視線が気になり、極度の緊張状態に陥ってしまう事もあるでしょう。

また、人が不機嫌そうな様子だと、自分のせいだと思い込み、自分を責めてしまう事もあります。

いじめや過去のトラウマが心理的原因

人が怖くなる心理的な原因に「いじめ」があります。子供の頃や思春期にいじめにあうと、心に大きなダメージを受けてしまいます。また、過去心に大きな衝撃を与えるトラウマも人が怖くなる要因です。

家族の死や病気、事故、友人のアクシデント、閉じ込められたなどの恐怖体験、虐待、強い叱責、DV、パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラなどいろいろな原因があります。過去のトラウマは大きな心の傷となり、大人になっても人前で萎縮してしまう原因になります。

育てられた家庭環境が心理的原因

人が怖くなる原因の中に、生まれ育った家庭環境が関係していることがあります。子供の頃に、親とほとんど会話をしなかった場合や、スキンシップが足りなかったこともあげられます。

また、中には親から可愛がられることが無く、「生まれてきて欲しく無かった」と親にいわれてしまうことも心の大きな傷になります。ひどい場合には、親から継続的に虐待を受けた場合もあるでしょう。

子供の頃に虐待を受けると自分に自信が持ちづらくなり、人が怖くなりやすいです。育てられた家庭環境は、人間形成に大きく関係しているため、癒えることはありますが一生引きずっていくことになってしまう事が多いです。

人が怖い場合に疑われる病気

人が怖い反応が特に過度である場合は、病気の可能性があります。病院でみてもらうのが一番ですが、人が怖いと感じる場合の主な病気に次のものがあります。

人が怖い原因は対人恐怖症の可能性がある

人とすれ違ったり、電車で近くに人がいたりするだけでも緊張してしまう場合は、対人恐怖症である可能性があります。

対人恐怖症では、人前で恥をかいてはいけないという恥の恐怖と、社会に適応できるのかという適応不安が根本にあります。自分はこうあるべきというこだわりに縛られ、神経症にまで発展してしまう事もあるでしょう。

対人恐怖症には以下の例があげられます。

対人恐怖の例
人前で緊張することの恐怖
人前で赤面してしまうことの恐怖
誰かに電話が聞かれているかもしれないと思う恐怖
人前でスピーチをするときの恐怖
食べている所を人に見られているのではと思う恐怖
他人の視線による恐怖
発汗による恐怖

心療内科などで相談して、薬物療法やカウンセリングなどを行うことで改善が図れる場合があります。なかなかすぐに症状が改善しない場合もありますが、トレーニングや治療を継続すれば、症状を緩和することができるでしょう。

パニック障害になる可能性もある

強い恐怖を感じた場合、パニック障害になることもあります。

パニック障害では突然強烈な不安に襲われます。不安になりそうだと感じる場合におこり、10分程度で不安がピークに達し、その後も発作が続きます。過呼吸になったり、死んでしまうのではないかといった恐怖、気が狂ったり自制心が無くなるのではという恐怖、行きが詰まるような症状が現れたりします。

社会不安障害も人が怖くなる原因

社会不安障害では人前に出ると緊張感が高まり、赤面、ハンカチが必要なくらいの発汗、手足の震えなどがあり、周囲の人に不審に思われないかという不安や恐怖を感じてしまいます。

緊張は誰にでもあることで、大抵は経験を積むことによって慣れてきますが、長く続く場合にはうつ病などの引き金になる可能性もあります。人前に出ることに異常な症状が認められる場合には、診療内科や精神科を受診するとよいでしょう。

 

 

対人恐怖症の克服方法

対人恐怖症を克服するためには、診療内科などに行ってカウンセリングを受ける方法があります。

自分で治す場合には、イメージトレーニングをすることも効果的です。人と楽しく話している自分の姿や人前で落ち着いてスピーチしている様子を想像し、トレーニングするのもよいでしょう。無理に人前に出ることをせず、イメージトレーニングを積んで、事前に十分な心の準備を行うようにしましょう。

鏡に向かって自然な笑顔になるトレーニングをしたり、緊張しそうなときにはリラックスして複式呼吸をしたりすることも有効です。緊張をやわらげるツボを刺激したり、アロマテラピーをする事も効果があります。

また、周囲であなたのことを分かってくれ、いろいろな相談にのってもらえる人がいることも重要です。

人が怖くて働けない人におすすめの仕事

人が怖くて働けない人には、自宅で一人で働く仕事がおすすめです。

他人とコミュニケーションを取る必要がないため最適な仕事といえるでしょう。イラストレーター、陶芸家、ライター、作家などは自宅で仕事をすることができます。

特別な知識を身につけて専門的な職業につくことでも他人とコミュニケーションが少なくで済みます。

転職を志している場合は一度転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較
マイナビエージェント 転職活動のはじめ方
繊細な人・HSPの特徴 繊細な人に向いている職業を具体的に解説

人が怖い場合についてのまとめ

  • 人が怖い心理的原因に「相手が失望したり、本当の自分を知られるのが怖い」
    「いじめや過去のトラウマ」「育てられた家庭環境」などがある
  • 人が怖い場合の病気には、対人恐怖症、パニック障害、社会不安障害がある
  • 対人恐怖症の克服方法は、診療内科などに行ってカウンセリングを受ける、
    イメージトレーニングなどの方法がある
  • 人が怖くて働けない人におすすめの仕事には、
    イラストレーター、陶芸家、ライター、作家などの自宅で一人でする仕事がある

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

気軽にタイプ

ミイダス

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はミイダスがおすすめです。

ミイダス

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

ミイダス

転職が検討段階、メインではなくサブの転職サイトとして利用するものとして、気軽で煩わしさがなく最適でしょう。

本気の転職で、ガッツリサポートが欲しい場合は下記のサイトがおすすめです。

管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、DODAに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA

DODA平均年収ランキング