些細なことで気持ちが落ち込んでしまったり、突然泣き出してしまったりと、情緒不安定になると日常生活に支障をきたしてしまいます。

この記事では情緒不安定の症状や原因、改善方法を詳しく解説します。

情緒不安定の主な症状

情緒不安定だと感情の起伏が激しい

情緒不安定の症状として最も代表的なものは、感情の起伏が激しくなってしまうことです。

ついさっきまで陽気に喋っていたのに突然落ち込んでしまうなど、感情が短時間で激しく上下することが特徴です。理由が本人自身の思い悩みにあるため、落ち込んでしまう理由が他人からだと理解しずらく、周りの人を困惑させてしまうこともあるでしょう。

情緒不安定は怒る理由が理解しずらい

些細なことで怒り出したうえ、怒った理由が他人には理解できないものであることも情緒不安定の特徴です。

怒りっぽい人や理不尽な人とも違う理由で怒り出すため、周りの人はどう扱ってよいのかわからない事が多いです。

情緒不安定だとすぐ泣いてしまう

恋人や友達と喧嘩をしたり、仕事でミスをして怒られたり、ショックを受ける度にすぐに涙が溢れてしまう事は、情緒不安定になってしまっているからだともいえるでしょう。

泣くこと自体が悪いわけではありません。しかしあまり泣く頻度が多い場合は要注意です。

情緒不安定だとパニックになりやすい

情緒不安定の特徴として、突然の出来事にパニックになりやすいというものがあげられます。感情をうまくコントロールすることができないせいで、情緒不安定の状態からすぐに立ち直ることができません。

他人と急に会いたくないのも情緒不安定の特徴

普段は仲よくしている友人とも突然会いたくなくなってしまう、決まっていた予定に対して当日に行きたくなくなりキャンセルしてしまうなどと、実際に逃げ出してしまうほど、他人に会いたくなくなってしまうことも情緒不安定の特徴です。

いつもは問題なく行えている人間関係が突然うまく続けられなくなり、塞ぎ込んでしまうということが繰り返されるようであれば注意が必要です。

情緒不安定には「全般性不安障害」という病名がついている

情緒不安定はれっきとした心の病気です。

「全般性不安障害」という病名がついており、突然の恐れや不安に悩まされて日常生活に支障をきたしてしまいます。

明確な理由がないのにイライラしたり不安になったりするのは人間として自然な感情です。しかしそういった心の動きが日常的に繰り返される事は深刻な状態です。

情緒不安定になる原因

仕事や人間関係でのストレスが原因

仕事や人間関係などで過度のストレスを感じ、解決も解消もできずにいる場合には情緒不安定に陥ってしまう可能性が高いです。なるべくストレスは溜め込まないようにし、改善が見込めないようであれば環境を大きく変える必要があるでしょう。

本気で環境を変えようと思っている場合、転職エージェントを利用した転職がおすすめです。この機会をよい結果にするためにも、以下の記事を参考に、自分に合った転職エージェントを使うことがおすすめです。

マイナビエージェント 転職活動の始め方

睡眠不足などが原因

睡眠不足など、人間として必要な栄養や休息を適切に行えていないことも情緒不安定な状態となってしまう原因の一つです。健やかな精神状態を保てないと、仕事や人間関係にも支障が出てしまうため、できる限り健康な生活習慣を心がけましょう。

うつや人格障害などが原因

ここまであげた原因を放置し、そのまま情緒不安定が悪化してしまうとうつや人格障害に陥ってしまう可能性があります。

こうなってしまっては治す事が容易ではないため、情緒不安定になってしまう原因はなるべく早く取り除くことが重要です。

繊細な人は情緒不安定になりやすい

情緒不安定になりやすいタイプの人は、もともと神経質な性格の持ち主が多いです。

些細なことで思い悩んで後悔したり、情緒不安定になったりしやすいため注意が必要です。子供の頃の家庭環境や遺伝的要因についても情緒不安定の原因になりうるといわれています。

情緒不安定の改善方法

リラックスすることで改善させる

アロマや入浴などで心身をリラックスさせてあげることが情緒不安定の改善方法として有効です。ストレスを溜め込まないことにも繋がるため、情緒不安定の改善だけでなく予防にも効果があります。

軽い運動をして改善させる

軽い運動をすると気持ちが晴れやかになります。疲れ切ってしまうほど強い負荷の運動を行う必要はなく、心地よく汗を流せる程度の運動が情緒不安定の改善に効果的です。

規則的な生活を心がけて改善させる

情緒不安定になる原因として睡眠不足があげられました。規則的な生活を心がけて睡眠をしっかり取ることは、情緒不安定の改善や予防に効果があります。

情緒不安定とセロトニンは関係がある

セロトニンは神経伝達物質の一つで、心身のバランスを調整し情緒を整える働きがあります。セロトニンが不足すると情緒不安定になりやすいです。

女性の方が情緒不安定になりやすい理由

女性ホルモンの影響で情緒不安定になりやすい

女性は男性よりも情緒不安定になりやすいといわれていますが、論理的な理由があります。

女性ホルモンの分泌が乱れてしまうと気持ちが落ち込んでしまいやすくなります。さらに無気力や不眠、食欲低下などの症状が出て、体調を崩してしまうこともあうでしょう。女性ホルモンが乱れると自律神経へ影響を与えてしまうこともあるため、女性の方が情緒不安定になりやすいです。

情緒不安定の女性に対してNGな行動

情緒不安定の女性に対して理論でいい負かそうとしたり、しつこく絡んだりする事はNGです。

細かいことにイライラしてしまう精神状態であるため、普段なら笑えることでも情緒不安定のときには過度に反応してしまいます。

情緒不安定についてのまとめ

  • 情緒不安定は「全般性不安障害」という名前がついた病気です。仕事や人間関係のストレス、睡眠不足などが原因で情緒不安定に陥ってしまうことがあり、それを放置すればうつや人格障害など深刻な病気へ発展してしまう可能性もあります。
  • 神経質な人やデリケートな人、何事にも後悔してしまう人などは情緒不安定になりやすいため注意が必要です。アロマや入浴でリラックスしたり軽い運動をしたりすると情緒不安定の改善や予防に効果的なので、情緒不安定になりやすい人は日頃からストレスを溜め込まないように心がけるのがいいでしょう。
  • 一般的に女性はホルモンの関係で男性よりも情緒不安定になりやすいです。情緒不安定に陥っている女性には理論で言い負かそうとしたりしつこく絡んだりせず、元気になるまでゆっくりと見守ってあげましょう。