仕事をしていると気が散ってしまい、どうしても仕事に集中できないときがあるものです。どういうときに集中できなくなるのか、何をすれば集中力を回復できるのか、集中力を養う方法は何か、などが疑問点としてあげられるでしょう。

この記事では、仕事に集中できない状況、仕事で集中できない時の回復方法、仕事で集中力を養う方法について解説します。

仕事に集中できない状況とはなにか

仕事中でどうしても集中できないときが必ず誰にでもあります。他人に邪魔されたり、色々な誘惑があったりすると、なかなか仕事に集中できません。

寝不足や疲労などがたまることでも、集中力がなくなってしまう状況もあります。お腹が空いていたり、その仕事以外に気になることがある場合も気が散ってなかなか集中できません。

仕事に集中できている状態

一点に意識が向いており仕事に没頭しているときは、集中ができている状態です。自分自身を完全にコントロールできている状態であり、思っている以上に仕事がはかどることができるでしょう。

特に集中した状態では、やっている仕事に没頭し、仕事に夢中になっている状態です。スイッチが入った状態となり、仕事をすることを楽しんでいる状態ともいえます。

集中力の限界は30~60分

集中している時は非常に頭を使うため、ずっと集中力を持続出来る訳ではありません。集中力の持続は、大体30分から60分が限界といわれています。小中学校の授業が約40分から50分となっているのは、集中力の持続時間が関係しています。

集中力を効率よく発揮するためには、脳を定期的に休ませることが必要です。休んでいる間は、ストレッチや散歩などで軽く体を動かして筋肉を使うことで脳が活性化します。また脳は糖分を多く消費します。甘い食べ物を少し取ることも効果的でしょう。

このような特性を生かし、集中と休憩時間をうまく組み合わせることで、長い集中時間を確保することができます。30分から60分集中したら、10分程度休息をとって、また30分から60分集中します。休憩を繰り返し行うことで、長い集中力を発揮した状態を確保することができます。

仕事で集中できないときの回復方法

なかなか集中できない場合は、集中力を回復する必要があります。集中力を取り戻すための幾つかの方法を解説いたします。

フォーカス・リインベストメントで集中力を回復する

再び集中力を取り戻す方法にフォーカス・リインベストメントというものがあります。フォーカス・リインベストメントには順番に進める手順があるため解説していきます。フォーカス・リインベストメントで集中力を回復する順番は以下の通りです。

最初に集中力が無くなってきていることを自覚し、仕方がないことだと割り切り「さあ、これから集中力を取り戻すぞ」と自分自身に宣言します。

次に集中力が無くなる原因を出来るだけ排除します。例えば、邪魔が入りそうな相手には、事前にメールか電話で連絡しておく、お腹が空いている場合には少しお腹に入れておくなど、作業の間に気になることを済ましてしまいます。

仕事の内容と重要度を再確認してから、仕事を再開します。デスクワークの場合は、資料などに書き込みをすることで集中力が高まるでしょう。普段は気がつかないようなことに意識を向け、新たな視点で今取り組んでいる仕事を眺めて見ます。「他に何かよい方法はないのだろうか」などと自問してみるとよいでしょう。

仕事に優先順位・制限時間を設けて集中力を回復する

集中して仕事を進めるためには、仕事の優先順位をつけて取り組むようにしましょう。いろいろな仕事に少しずつ力を出していると、どの仕事も中途半端になってしまい、まず何に注目してをやるべきか訳が分からなくなってしまいます。

会社には数多くの仕事が舞い込んくるため、まず初めに今しなければならない仕事を洗い出すことが大切です。さらにしなければならない仕事の中でも優先順位をつけます。仕事の重要度や期限などから判断し、優先順位が高いものから順番に仕事に取り組みます。

優先順位は、このように優先順位によって仕事を整理すると何から着手してよいのか明確になるでしょう。

仕事は次々と舞い込んでくるため、ある程度のタイミングで再度優先順位付けをし直す必要があります。再度優先順位付けを変更することで、最優先の仕事から進めることができます。

また、仕事に制限時間を設ける方法があります。この場合、仕事に制限時間があるため、制限時間内に仕事を終わらせようとして、緊張感が増し集中力がアップします。仕事終了後の疲労も大きくなりますが、集中という意味では効果があります。

仕事のために集中力を養う方法

集中力を養うには方法があります。何もしないで集中力がアップできる訳ではありません。集中力がアップするようにトレーニングを行っていく必要があります。

集中力を取り戻す方法や集中力の持続時間に配慮しながら、自分が集中できるパターンを作成し、そのトレーニングを行っていきます。集中するためのトレーニングは繰り返し行い、何も考えなくても集中できるようにシミュレーションしていくことが大切です。

集中力を自分のものにすることができれば、必要なときに集中力を発揮することができるでしょう。

仕事に集中できない場合の対処方法についてのまとめ

  • 仕事に集中できない状況には、他人からの邪魔、誘惑、寝不足、疲れ、空腹などがある
  • 集中できている状態では、一点に意識が向いている集中力の持続は、30~60分が限界
  • 仕事で集中できない時の回復方法には、フォーカス・リインベストメント、仕事に優先順位付け、制限時間の設定などがある
  • 仕事で集中力を養うには、何も考えなくてもできるほど繰り返しトレーニングすること