2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、障害者スポーツにも関心が集まっており、障害者アスリートのためにスポーツ用の義手や義足などを制作している「義肢装具士(ぎしそうぐし)」という職業もまた注目を浴びつつあります。

そこで今回は障害者アスリートだけでなく、介護や医療の分野でも活躍が期待されている義肢装具士について解説します。

義肢装具士の仕事内容

義肢装具士とは、事故や病気で手足の機能を失った人が、日常生活に必要な動作能力を補助するための義手や義足、コルセットといった義肢装具を制作する、国家資格を持った専門職のことです。

義肢装具のほとんどは医師の指導のもとで、障害者や患者の身体に合わせて、オーダーメイドで制作されます。具体的には、まず病院で障害者や患者を採寸し、患部をギプスやアルギン酸塩印象材などで型どりします。

そして必要なサイズや形状に合わせて最適な義肢装具を設計製造し、服の仮縫いのように「仮合わせ」をして、患部にジャストフィットするように調整します。ちなみに義肢装具士に国家資格が求められるのは、利用者の患部や障害部位に触れることが医療行為とみなされるためで、義肢装具の制作そのものに資格や免許は必要ありません。

大手の義肢装具メーカーの多くは、注文に応じた採寸や型どりをします。仮合わせといった利用者に直接向き合う業務を義肢装具士が担当し、製作は専門の技術者が行うという形で分業しています。

義肢装具士というと「ものづくり」職人のイメージがありますが、実際には営業で病院回りをしたり、医師や患者と長時間やりとりしたりするため、コミュニケーション能力も重要です。

また、現在の義肢装具は金属や複合素材のパーツを組み合わせた「モジュラー義肢」が主流です。「ものづくり」職人としての義肢装具士には、さまざまな素材を加工して組み立てる技術が要求されます。

義肢装具士になるために必要な資格

義肢装具士は、法律で定められた国家資格ですあるため義肢装具士になるには、国家試験に合格しなければなりません。

義肢装具士になるために必要な学歴・資格

義肢装具士の国家試験を受験するには、文部科学大臣か都道府県知事が指定した義肢装具士養成所か、義肢装具士養成課程のある大学で、専門的な知識と技術を習得する必要があります。

国家試験に合格すれば、厚生労働大臣の免許を取得することができます。公益財団法人テクノエイド協会の義肢装具士情報によると、義肢装具士試験の合格率は平均90パーセント前後で、資格取得者は平成29年度末の時点で5,125人となっています。

公益財団法人テクノエイド協会 義肢装具士情報

義肢装具士の年収

義肢装具士の就職先には、民間の義肢装具製造会社をはじめ、リハビリテーション専門病院などの医療機関や、義肢装具士を養成する教育機関などがあります。医療機関や教育機関の求人数はきわめて少なく、ほとんどは民間企業に勤務するか、自ら起業することがほとんどです。

義肢装具士の年収に関する統計的なデータはありませんが、ハローワークの求人情報を参照すると、民間の製造会社における月収は17万円~31万円(基本給および定額的に支払われる手当)となっています。

一方、医療機関の例として、国立障害者リハビリテーションセンター研究所・義肢装具技術研究部の「義肢装具士の公募について」の「処遇等」を参照すると、給与は国家公務員としての人事院給与勧告に従い、「一般職の職員の給与に関する法律」における医療職(二)俸給表をもとに、学歴や経験などを勘案して決定する、とあります。

ハローワーク 義肢装具士 求人情報
国立障害者リハビリテーションセンター研究所・義肢装具技術研究部 「義肢装具士の公募について」
一般職の職員の給与に関する法律
その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

義肢装具士の勤務体系と休日

勤務時間は8時30分~17時15分、週38時間45分勤務が標準で、休日は土・日および祝祭日です。

民間企業の就業規則も基本的には同様ですが、病院に出入りする営業職の場合、患者や医師とのやりとりに長時間を要するうえに、土日に行われる病院主催の学会や勉強会に出席する機会も多く、一般的に残業や休日出勤は多いといえるでしょう。また製造がメインの場合も、義肢や装具の種類によって製作時間は変わってくるため、勤務体系は変則的です。

国立障害者リハビリテーションセンター研究所の義肢装具技術研究部の公募要件

義肢装具士の活躍している有名な企業

国立障害者リハビリテーションセンター

埼玉県所沢市並木4丁目1番地にある国立障害者リハビリテーションセンターは、障害者の生活と社会参加を支援するためのリハビリテーションや技術開発、人材育成などを行う国の組織です。

当センターは日本を代表する医療機関のひとつとして、一般の施設では対応が困難な重度の障害や、新しい障害にも対応しており、病院と自立支援局を中心に6つの部門が連携して、障害者の先進的総合的なリハビリテーションを実施しています。

また付属研究所の義肢装具技術研究部では、失われた手足の機能や外観を補う「義肢」と、身体機能の障害を軽減するコルセットなどの「装具」を製作・修理するための臨床サービスと研究開発を通じて、よりよい義肢装具の普及をめざしています。

国立障害者リハビリテーションセンター ホームページ

公益財団法人 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター

東京都荒川区南千住4丁目3−3にある「公益財団法人 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター」は、民間唯一の総合的なリハビリテーション施設であり、義肢装具の製作から装着訓練まで一貫した医療サービスを提供した障害者の日常生活への復帰を支援しています。

公益財団法人 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター ホームページ

川村義肢株式会社

大阪府大東市御領 1ー12ー1に本社を置く川村義肢株式会社は、義肢装具をはじめ、車いすや補聴器、人工ボディなど、さまざまな機能の補助器具を製造しています。

義肢装具士は2015年11月現在、145人が在籍しており、長年の知識と経験をもとに、採寸から製造、納品までを自社で行い、利用者にフィットする義肢装具を提供しています。

川村義肢株式会社 ホームページ

義肢装具士への就職・転職を志している場合、就職・転職専門のエージェントに相談するのがおすすめです。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 
マイナビエージェント 転職活動の始め方

義肢装具士についてのまとめ

  • 義肢装具士は、手足を失った人の動作能力を補助するための義肢装具を制作する、国家資格を持った専門職。
  • 義肢装具士になるには、受験資格が得られる養成所か大学を修了した後、国家試験に合格しなければならない。
  • 義肢装具士の多くは民間の製造会社に就職しており、一般的に残業は多く、休日は少ない傾向がある。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda