転職する際に気になるのが、面接時での服装です。これまでの仕事で着用していたスーツでよいのか、リクルートスーツのようなものがよいのか迷うでしょう。ここでは、転職の面接での服装について解説します。

転職時にリクルートスーツは着ない

就活の時に学生が着るのが「リクルートスーツ」です。

ベーシックな黒が多く地味で学生にも無理なく買える値段のものです。特にリクルートスーツに決まりはありませんが、地味な色の無難なスーツがほとんどでしょう。採用する企業に対してもリクルートスーツは無難な印象を与えることから、ほとんどの新卒生が着用するのが習慣化しています。

転職で期待されるのは、社会人としての経験です。リクルートスーツは未経験者のシンボルのようなものであるため、転職する人が着るスーツとしては不適切です。社会人に相応しいビジネススーツを選ぶのがベストです。

転職面接の服装3つのポイント

自分の好みのスーツでを毎日の仕事着としている人は多いでしょう。転職の面接にも同じスーツで行くのも悪くありませんが、面接を意識することも大切です。転職の面接の服装として注意したいポイントは以下の通りです。

清潔感を意識する
健康的で清潔感のある服装は、誰にでも好印象を与えます。仕事のキャリアがあっても不潔な感じでは、一緒に仕事をしたいとは思いません。
だらしない着こなしはしない
仕事では場合によってラフなイメージをつくることも大切ですが、あくまでも場合によります。面接ではラフなイメージはかえってマイナスになることが少なくありません。崩した着こなしでなくキチンと着るようにしましょう。
派手な服装は避ける
服装は個性の表現でもありますが、ほとんどの仕事で求められるのは良識的な服装です。自分の趣味をアピールするのではなく、企業に受け入れられる服装を考えるのが重要です。

転職面接に相応しい男性の服装

面接の服装で大切なことは、「相手に抵抗感を与えない」ことです。自分の服装をきちんとチェックすることが大切です。

スーツ
転職の場合でも、面接では黒や紺色、グレーなどの濃い色のスーツがオススメです。

無地か目立たない柄のものを選びましょう。普段スーツを着ていない人はサイズもチェックして下さい。小さかったりダブダブのスーツは見た目も良くありません。シワや汚れにも注意が必要です。キレイにクリーニングしておきましょう。

ボタンも正しく締めることが大切です。2つボタンなら上だけを、3つボタンなら真ん中だけを留めます。

パーフェクトスーツファクトリー クラシコモデル スーツ(ネイビー)
パーフェクトスーツファクトリー クラシコモデル スーツ(ブラック)

ワイシャツ
淡い色のワイシャツでもOKですが、清潔感を与えるには白がベストです。また、襟の高いものはネクタイとのバランスが悪くなりがちなので避けた方が無難です。袖口の汚れもチェックしましょう。袖口のボタンはきちんと留めます。アンダーシャツは白の無地がベストです。

パーフェクトスーツファクトリー クラシコモデル セミワイドカラー(ホワイト)
パーフェクトスーツファクトリー スリムアイシャツ セミワイドカラー

ネクタイ
ストライプや小さなドット、無地などの一般的なものが良いでしょう。コーディネイトしやすい色がオススメです。
パーフェクトスーツファクトリー アーバンモデル シルクウールタイ

パーフェクトスーツファクトリー ナロータイ

その他
派手なベルトやカジュアルな靴は避けましょう。あくまでも一般的で無難なものを選びましょう。靴下も同様です。腕時計はビジネスシーンでは大切なものなので、シンプルなデザインのものを選んで着用しましょう。書類などを入れるカバンは必要です。Aサイズが入るビジネスカバンがベストです。

パーフェクトスーツファクトリー パンチドキャップトウシューズ
パーフェクトスーツファクトリー ベルト

転職面接に相応しい女性の服装

女性の場合も、健康的で清潔感なイメージ大切です。その点を心がけて服装をチェックしましょう。

スーツ
黒かグレーの濃い目の色がオススメですが、リクルートスーツにならないように注意しましょう。ベージュ系は柔らかいイメージを与えるので好まれる場合もありますが、顔の色が映えなくなります。一般的には濃い色のスーツが良いでしょう。ボタンは、2つなら上を、3つなら真ん中を留めます。インナーはカジュアルでない白のものがベストです。
ボトム
極端なスリットのスカートは避けましょう。パンツの場合は、ヒールの付け根より数ミリ下が美しく見えます。スカートでもパンツでもどちらでも良いですが、パンツの方がキャリアウーマンのイメージが強くなります。業種に合わせて選ぶようにしましょう。靴はシンプルなパンプスでヒールが太めで高くないものがオススメです。

その他
女性でもビジネスには、腕時計は必需品です。シンプルなものがベストです。カバンも書類が入るビジネスバッグを用意しましょう。アクセサリーは結婚指輪以外はつけない方が無難です。

パーフェクトスーツファクトリー トートバッグ ブラック

夏と冬の面接で注意する服装

今や多くの会社で採用している「クールビズ」ですが、夏の面接でクールビズの服装は好ましくありません。

「クールビズでも可」といわれない限りは、ネクタイもジャケットも必要です。中に半そでのワイシャツを着ると手首が出るので見栄えがよくありません。

冬の場合は、コートにも注意しましょう。カジュアルのデザインのコートやダウンジャケットなどは避けて、スーツに合うフォーマルなコートを選ぶのがよいでしょう。

業界に合わせた服装

服装も業界によって好まれるファッションの傾向があるため、面接でも業界を意識して服装を選ぶことも大切です。

金融業界

もっとも硬いイメージがあるのが金融業界です。真面目な印象が重要であるため黒のスーツにキチンとシワのない白いワイシャツがベストです。

パーフェクトスーツファクトリー スーツ ブラック
パーフェクトスーツファクトリー シャツ ホワイト

IT系・ネットアドベンチャー業界

金融などのお堅い業界の真逆と言えるのがIT系やネットアドベンチャー業界です。基本的には実力重視であるため服装にこだわりはありません。

地味なスーツで行くとかえってマイナスのイメージを与えてしまう場合があるため、自分らしい服装を選ぶのがオススメです。ただし、極端な服装は担当者に抵抗感を与える場合があるため、会社の雰囲気を調べて判断することが大切です。

美容・アパレル業界

ファッションセンスが問われるのが、美容やアパレルの世界です。一般的なビジネススーツでは印象は弱いでしょう。

しかし、どこの業界でも清潔感は大切です。細めのパンツにシャツとジャケット程度で、自分らしくコーディネイトしたものがオススメです。

パーフェクトスーツファクトリー ストレッチジャケット ネービー
パーフェクトスーツファクトリー ストレートパンツ ネービー

転職の際の服装についてのまとめ

転職は人生において大切なターニングポイントです。自分のスキルアップをはかるためにもより良い会社に転職することも大切です。そのためにも面接では好印象を与える服装が重要になります。

転職の面接での大切なポイントは、「清潔感を意識する」「だらしない着こなしはしない
」「派手な服装は避ける」の3つです。但し、リクルートスーツは社会人の転職の面接には相応しくありません。ビジネススーツが基本です。

スーツは黒や紺、グレーなどの濃い目のものがオススメですが、業界によっては好む傾向が異なりますので、業界を意識した服装も大切です。面接先の趣向を考慮して選ぶようにしましょう。

 

敬語の使い方やメールのルール、細かいビジネスマナーに疲弊しているというあなた、

本当は人間関係に疲弊しているのではないでしょうか??

転職理由の大半は、人間関係や職場環境による悩みからだそうです。

余計な心労を溜め込み、体調を崩してしまう前に、思い切って転職してみるのも良いかも知れません。

気になるあなたは、まず下記の記事も合わせて読んでみてください。

転職するもしないも万人に告ぐ!エージェントを利用しない転職は不利!?