転職を考えているときに重要になってくるのが「退職理由」です。基本的に退職する1か月前には上司に説明するものですが、誰でも嫌なことといえます。

上司にとっても退職することを告げられるのは気分のよいものではありません。

そこで、退職理由にうそではなく「建前」として挙げることの必要性や、転職先の面接での退職理由の上手な伝え方をここで紹介していきます。

退職理由は嘘ではなく「建前」も必要

人間関係で残り期間の仕事がやりづらくなる

辞める会社だから何も関係なく嫌になったと伝えるべきか、といえばそうではありません。会社を辞めたい理由として挙げられるのは人間関係や待遇が主な要因です。

人間関係の不満をそのまま伝えて辞めてしまうのは、社会人の常識としてふさわしくなく、すぐに辞めるわけではないので、退社までの残った期間で仕事がやりづらくなってしまいます。

今まで育てくれた上司や先輩たち、一緒に働いてきた同僚たちを置いて辞めるのですから、直接的な理由を述べるよりも、建前として退職理由を用意したほうが円満に退社しやすくなります。

会社から改善案や条件交渉など引き留め

本音で退職理由を説明した場合、会社側から引き止め策として改善案や条件交渉を掲示されることもあります。このような場合、会社を辞めにくくなってしまいます。

例えば、上司のAや同僚のBとは仕事がやりづらく、ストレスの原因になって仕事に支障をきたすと伝えた場合、会社が人事異動でAやBを自身から遠ざける処置をとると、退職理由が無くなってしまいます。

すでに退職の意思が強く、次の仕事もほぼ決まっているのなら、断りづらくなってしまうのは避けたいところです。

円満・円滑に退社するためにも、人間関係や待遇面を退職理由にあげるのは辞めたほうが無難です。

建前の退職理由

建前の退職理由として、家庭の事情が一番ベターといえるでしょう。

建前の退職理由としては以下のものがあげられます。

・親の介護が必要になった
・実家の事業を引き継がなくてはならなくなった
・夫の転勤によって引っ越しをしなくてはならなくなった
・結婚をするので家庭に入る必要がある

建前としてこれらの理由をあげても不審に思われず、残った在籍期間で仕事がしづらくなることはありません。「それは仕方ないね」と思ってもらえるような理由を述べるようにしましょう。

実際の退職理由

実際の退職理由として多いのが、人間関係です。上司はもちろん、同僚との関係に悩む人も少なくありません。会社に行きたくなくなるのが、人間関係の悪化といえます。

拘束時間の長い職場も退職理由としてあげられます。必要以上に仕事が多くて帰ることが出来ず、職場の上司がいつまでも残っていて帰りづらいとった雰囲気の職場もあります。

また、人事考課に不満を覚え、キャリアアップができないという人もいます。同じ会社・職場にいても自分のためにならず、思い切って転職したいと考えるので、退職理由として挙げられます。

退職を決め、転職活動をする際は転職エージェントを活用してみてください。転職活動を円滑に進めるためのアドバイスなど様々な手助けをしてくれます。転職エージェントについてはこちらの記事を参考にしてみてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

転職の面接における退職理由

転職の面接で必ず聞かれるのが、前(現)職の退職理由です。どれだけネガティブな理由があったとしても、ポジティブに変えていくほうがプラスイメージを持たれやすくなります。

転職したい企業が知りたいこと

企業側が面接で退職理由を聞くのは、採用しても同じ理由ですぐに辞めてしまうのではないか、人間関係で周囲とトラブルメーカーになりかねない人材か、という点を知りたいからです。

人間関係で辞めてしまった人は、前(現)職の雰囲気を悪く思ってしまい、つい自分を正当化しがちです。

企業側の面接官からすると、率直な気持ちが知りたくてこのような質問をし、求職者自身がトラブルの原因になっているかを見極めています。

面接での退職理由の伝え方

前(現)職の悪口は言わない

面接では前(現)職の悪口は言わないようにします。本当に人間関係が嫌になったとしても、表向きは言葉を選んでおきます。

面接で退職理由を伝える際の例文は以下の通りとなります。

例文
前職では部門別の営業実績が6か月連続トップに輝きました。
しかし、個人の評価にとらわれすぎて、どうしても個人プレーに走ってしまいがちになりました。そこで、周囲とのコミュニケーションを図りながらチームで実績を作っていくことに考えを変え、部門別のチーム成績が12か月連続で成績トップとなり、これは過去最高の成績となりました。私はこのチームプレーを大事にしながら、これまで培ってきた経験を交え、御社の〇〇業務で貢献したいと考えました。

改善する努力を示して、結果を数字で表現する

上記の例では、人間関係に嫌気がさしているニュアンスを最初に含み、個人プレーに走っていたと示しています。そこからコミュニケーションを図ってチームプレーに姿勢を改善していき、12か月連続というチーム成績を挙げています。

このように、人間関係という表現を和らげ、自分がそれを改善するために何をして、結果的にどうなったかをわかりやすく数字で示すようにしましょう。

最後にこの経験を応募先で貢献したい旨を伝えれば問題ありません。

面接官は嘘を見抜くこともある

面接官は面接のプロです。これまで数えきれないほど求職者の面接をしています。表情から嘘を見抜くこともありますので、マイナスイメージにつながる本当のことを正直に述べないように注意しましょう。

あくまで退職理由は建前で説明し、自分が行った改善努力や結果をプラスの表現になるようにポジティブにしていきましょう。

単純に前(現)職の昇給や昇格の人事考課が年功序列でスキルアップができない場合、これは正直にあげても問題ありません。きちんとした人事考課がある制度を募集要項で謳っている会社は多くあります。

「スキルアップを図りながら御社の事業に貢献したい」というまとめ方で大丈夫でしょう。

建前の退職理由に関するおさらい

建前の退職理由に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 退職理由は正直に述べないように気をつけながら、建前を用意しておくようにする
  • 退職日まで会社に在籍する期間が働きにくくなり、人間関係の悪化を招いてしまいますので、人間関係や職場の待遇に不満があっても、家庭の事情などを説明しておくようにする
  • 転職の面接では退職理由を必ず聞かれますので、前(現)職の悪口は言わない
  • マイナスイメージをプラスに変えられるように、改善・努力してきて結果を残していることを説明する

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda