転職を考えているときに重要になってくるのが「退職理由」です。基本的に退職する1か月前には上司に説明するものですが、誰でも嫌なことといえます。

上司にとっても退職することを告げられるのは気分のよいものではありません。

そこで、退職理由にうそではなく「建前」として挙げることの必要性や、転職先の面接での退職理由の上手な伝え方をここで紹介していきます。

退職理由は嘘ではなく「建前」も必要

人間関係で残り期間の仕事がやりづらくなる

辞める会社だから何も関係なく嫌になったと伝えるべきか、といえばそうではありません。会社を辞めたい理由として挙げられるのは人間関係や待遇が主な要因です。

人間関係の不満をそのまま伝えて辞めてしまうのは、社会人の常識としてふさわしくなく、すぐに辞めるわけではないので、退社までの残った期間で仕事がやりづらくなってしまいます。

今まで育てくれた上司や先輩たち、一緒に働いてきた同僚たちを置いて辞めるのですから、直接的な理由を述べるよりも、建前として退職理由を用意したほうが円満に退社しやすくなります。

会社から改善案や条件交渉など引き留め

本音で退職理由を説明した場合、会社側から引き止め策として改善案や条件交渉を掲示されることもあります。このような場合、会社を辞めにくくなってしまいます。

例えば、上司のAや同僚のBとは仕事がやりづらく、ストレスの原因になって仕事に支障をきたすと伝えた場合、会社が人事異動でAやBを自身から遠ざける処置をとると、退職理由が無くなってしまいます。

すでに退職の意思が強く、次の仕事もほぼ決まっているのなら、断りづらくなってしまうのは避けたいところです。

円満・円滑に退社するためにも、人間関係や待遇面を退職理由にあげるのは辞めたほうが無難です。

建前の退職理由

建前の退職理由として、家庭の事情が一番ベターといえるでしょう。

建前の退職理由としては以下のものがあげられます。

・親の介護が必要になった
・実家の事業を引き継がなくてはならなくなった
・夫の転勤によって引っ越しをしなくてはならなくなった
・結婚をするので家庭に入る必要がある

建前としてこれらの理由をあげても不審に思われず、残った在籍期間で仕事がしづらくなることはありません。「それは仕方ないね」と思ってもらえるような理由を述べるようにしましょう。

実際の退職理由

実際の退職理由として多いのが、人間関係です。上司はもちろん、同僚との関係に悩む人も少なくありません。会社に行きたくなくなるのが、人間関係の悪化といえます。

拘束時間の長い職場も退職理由としてあげられます。必要以上に仕事が多くて帰ることが出来ず、職場の上司がいつまでも残っていて帰りづらいとった雰囲気の職場もあります。

また、人事考課に不満を覚え、キャリアアップができないという人もいます。同じ会社・職場にいても自分のためにならず、思い切って転職したいと考えるので、退職理由として挙げられます。

退職を決め、転職活動をする際は転職エージェントを活用してみてください。転職活動を円滑に進めるためのアドバイスなど様々な手助けをしてくれます。転職エージェントについてはこちらの記事を参考にしてみてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

転職の面接における退職理由

転職の面接で必ず聞かれるのが、前(現)職の退職理由です。どれだけネガティブな理由があったとしても、ポジティブに変えていくほうがプラスイメージを持たれやすくなります。

転職したい企業が知りたいこと

企業側が面接で退職理由を聞くのは、採用しても同じ理由ですぐに辞めてしまうのではないか、人間関係で周囲とトラブルメーカーになりかねない人材か、という点を知りたいからです。

人間関係で辞めてしまった人は、前(現)職の雰囲気を悪く思ってしまい、つい自分を正当化しがちです。

企業側の面接官からすると、率直な気持ちが知りたくてこのような質問をし、求職者自身がトラブルの原因になっているかを見極めています。