犯人の起訴を決定する検事という職業があります。検事はどのような仕事をしているのか、どのようにしたら検事になれるのか、検事の給与、勤務体系などが疑問点としてあげられるでしょう。

この記事では、気になる検事の仕事内容・役割、検事になる方法、検事の給与、勤務体系などについて解説します。

アプリ・アプリ感覚!気軽に転職、スカウト待ちが可能な転職サイト

>>キャリアトレック

>>MIIDAS

オファー待ち可能!転職者の8割が利用!

>>リクナビNEXT

就活生の情報収集

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活

検事の仕事内容・役割

検事の仕事は事件の捜査をし起訴するか決定する事

検事は、警察から送り届けられた事件などについて捜査を行い、起訴するかどうか決定します。

検事は、起訴できる場合であっても、被疑者の性格、年齢、境遇、犯罪の軽重、情状などを考慮し、場合によって起訴しないこと(起訴猶予)もあるでしょう。

起訴処分には、公判請求と略式命令請求があります。公判請求は法廷で裁判を開く場合で、略式命令請求は書類審査のみで刑をいい渡す場合があり、また重大な犯罪の中には、裁判員裁判の対象となるものもあります。

次に被告人が犯罪を行ったことを証明する(証拠調べ)ため、裁判の立ち会いや証人尋問などを行います。その後、求刑や論告を行い、また場合によって上級の裁判所に不服申立て(上訴)を行います。

また、裁判員裁判では、裁判に慣れていない裁判員が審理の内容をよく理解できるようにすることにも取り組んでいます。

検事と検察官の違い

検事は、検察官の中の役職のことをさし、検察官は、検事総長、次長検事、検事長、検事、副検事などの役職があります。

検事の主な役割は書類作成や精査

検事の仕事は、書類作成や精査などの事務所内での業務が殆どであり、実際に法廷で犯人と対峙する場面はあまり多くはありませんが、日本の刑事事件において起訴を決定できるのは検事だけが可能です。

実際の業務はそんなに派手なものではありません。しかし一般の人が抱く正義を守る仕事というイメージは紛れもない事実です。検事は犯罪に向き合い、多くの人権を守っていることになります。

検事になるには司法試験に合格する

司法試験に合格する必要がある

検事になるためには、まず司法試験に合格する必要があります。司法試験は最難関の国家資格となり、合格するためには相当な努力が必要です。

司法試験受験には2つのコースがある

司法試験を目指すには、法科大学院に入学してから司法試験を受験する方法と、司法試験予備試験に合格してから司法試験を受験する2つの方法があります。

司法試験受験の2つのコース
「法科大学院」⇒「司法試験」
「司法試験予備試験」⇒「司法試験」

大学生やお金に余裕のない方は、予備試験を受験してから司法試験を目指す方が多く、お金に余裕があれば、法科大学院から司法試験を狙うことになるでしょう。

法科大学院は2年から3年かかるので時間はかかりますが、卒業すれば予備試験が免除されます。

一方、予備試験を受験する方法は2つの試験に合格する必要があり、大変ではありますが最短で合格することが可能です。

最後に法務省の採用試験を受ける

司法試験に合格した後は、約1年間の司法修習に参加します。

司法修習を修了し、その後法務省が行う採用試験を受けて検察官として採用されれば、検事になることができるでしょう。

検事の給与は法律で決まっている

検事の身分は、国家公務員であるため、給与も法律によって決められています。

「検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案」が平成29年11月17日に国会に提出され、平成29年12月15日に施行されました。

月額報酬の最高額は、検事総長の1,466,000円で、スタート時の副検事17号では213,200円です。

検事の給与は以下の通りです。

【検察官の報酬月額】
検事総長  :1,466,000円
次長検事  :1,199,000円
東京高等検察庁検事長:1,302,000円
その他の検事長:1,199,000円
検事1号  :1,175,000円
検事2号  :1,035,000円
検事3号  :965,000円
検事4号  :818,000円
検事5号  :706,000円
検事6号  :634,000円
検事7号  :574,000円
検事8号  :516,000円
検事9号  :421,100円
検事10号 :387,400円
検事11号 :364,500円
検事12号 :341,200円
検事13号 :319,200円
検事14号 :304,100円
検事15号 :286,800円
検事16号 :276,500円
検事17号 :254,100円
検事18号 :245,200円
検事19号 :238,500円
検事20号 :232,400円
副検事1号 :574,000円
副検事2号 :516,000円
副検事3号 :438,500円
副検事4号 :421,100円
副検事5号 :387,400円
副検事6号 :364,500円
副検事7号 :341,200円
副検事8号 :319,200円
副検事9号 :304,100円
副検事10号:286,800円
副検事11号:276,500円
副検事12号:254,100円
副検事13号:245,200円
副検事14号:238,500円
副検事15号:232,400円
副検事16号:221,000円
副検事17号:213,200円

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
DODA平均年収ランキング

検事の勤務体系と休日

検事は国家公務員であるため、基本的には平日は朝9時始業で夕方17に終業です。

土日祝日も基本的に休日です。しかし、実際には、9時17時で帰宅出来ることは殆どありません。

期限が決められている仕事が多いため、通常20時から21時となり23時を過ぎることも珍しくありません。

検察庁の組織には4種類ある

検事は、全国の検察庁の組織で勤務しており、検察庁には裁判所に対応して最高検察庁、高等検察庁、地方検察庁、区検察庁の4種類があります。

最高検察庁

最高裁判所に対応する検察庁であり、東京に1か所設置されています。高等裁判所から上告された事件などを取り扱っています。

最高検察庁 ホームページ

高等検察庁

全国に8カ所、東京、大阪、名古屋、広島、福岡、仙台、札幌、高松にあります。高等裁判所に対応しており、高等裁判所の支部に対応した高等検察庁の支部も6カ所あります。

東京高等検察庁 ホームページ

地方検察庁

地方検察庁は、全国に50カ所、地方検察庁の支部が203カ所あります。地方裁判所や家庭裁判所に対応する検察庁の組織です。

東京地方検察庁 ホームページ

区検察庁

区検察庁は、全国438か所にあり、簡易裁判所に対応する検察庁の組織です。

東京地方検察庁・東京区検察庁 ホームページ

 

検事についてのまとめ

  • 検事の仕事は、刑事事件において起訴するかどうか決定すること
  • 検事になるには、司法試験に合格する必要がある
  • 司法試験は、法科大学院に通う方法と予備試験から挑戦する2つの方法がある
  • 検事の給与は、国家公務員なので法律によって規定されている
転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。 まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

MIIDAS

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はMIIDASがおすすめです。

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

MIIDAS

管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。特に年収750万円以上でさらに上を目指したい方は手厚いサービスをうけることができるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。 簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA