新入社員として入社しても、会社に馴染めない、仕事が合わないといって短期間で辞めてしまうことがあります。

特に、入社して半年経過した時が一番退職率が高くなるでしょう。ここでは、短期間で会社を辞めてしまうと起きるデメリットについてを解説します。

アプリ・アプリ感覚!気軽に転職、スカウト待ちが可能な転職サイト

>>キャリアトレック

>>MIIDAS

オファー待ち可能!転職者の8割が利用!

>>リクナビNEXT

就活生の情報収集

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活

新入社員は3か月毎に転職したくなる

新入社員として会社に入り、一番最初に辞めたくなる時期が3か月目です。

一般的な企業では、3か月が試用期間となっており、3か月の働きぶりを見て本採用を決めます。新入社員の場合は、遅刻やビジネスマナーなど最低限の問題がクリアされていれば、試用期間で落とされることはないでしょう。

ただ、3か月を目安に本格的な仕事をするようになると、これまでの研修とは仕事の環境が大きく変わるため退職を検討するきっかけになります。

新入社員が転職したくなる次のタイミングが半年といわれています。3か月が経過してからOJTが続いており、半年後から一人で仕事をするようになってくるでしょう。

もちろん、上司からのフォローはありますが、一人でメールを出したり、お客様に電話したりと、自分で考えて実施する仕事が出てきます。

実際には、新人へ責任がのしかかることはありませんが、まじめに仕事に取り組んでいる人に限って責任感が強く、ちょっとしたミスをすることで自分の無力さが嫌になってくるでしょう。

新入社員にとって3の倍数に会社を辞める人が多くなるといわれています。会社がクォーター単位(3か月)で活動をしているのも組織変更が起きやすく退職のきっかけが作りやすいと考えることができます。

半年で会社を辞めると転職が不利になる

半年で会社を辞めた場合、転職活動はかなり不利になります。採用担当者にとって、少しでも長く働いている人の方が評価が高くなるでしょう。

仕事が続かない人と見られて不利になる

半年で仕事を辞めるということは、面接官には性格上同じ仕事を続けることができない人なんだ、と見られてしまいます。

もし採用したとしても、すぐに辞められては会社にとってデメリットしか残りません。

会社に馴染めない人として見られ不利になる

新入社員が半年で仕事を辞めると、きっと会社に馴染めていなかったんだと見られてしまいます。

半年で退職をした場合は、前に働いていた環境が悪いというよりも、本人に問題があったのではないかと考えられるでしょう。

忍耐力が無い人と見られて不利になる

仕事をする上で、忍耐力はとても大切です。難しい仕事にぶち当たっても、お客様に怒られても、乗り越えなければならないときがあるでしょう。

半年で辞めた人に粘り強さがあるとは思われないでしょう。

半年退社の理由のよい述べ方

半年で退社をした場合、応募した面接官には少なからず悪い印象を与えてしまいます。退職理由を面接で質問されても焦らないように、事前に頭の中を整理しておきましょう。

長時間拘束・みなし残業の場合は素直に伝える

退職理由が長時間労働やみなし残業であった場合は、素直にそのことを伝えるようにします。

万が一、転職しようと思っている相手の会社も同様の環境であった場合、面接時点で気付くことができるでしょう。

早く就職したいという焦りがあるかもしれませんが、同じ状況の会社に入ってもまた退職を考えてしまうだけです。

職場の雰囲気が合わなかった場合も伝える

前の職場での雰囲気が合わなくて退職をした場合、どのように合わなかったのかを説明するようにしましょう。

このとき注意しなければならないのは、自分が合わせることができなかった、というスタンスでいることです。

つまり、前の会社が悪いから自分には合わなかった、と面接官に話してはいけません。面接官は、前の会社の悪口をストレートにいう人によい印象は持ちません。

仕事内容が合わなかった場合はいい換える

自分がやりたいと思っていた仕事とは違ったときには、自分が入社前にしっかり調査や質問が出来ていなかった、という理由にしましょう。

そして、面接官にはこの会社で自分がやりたい事をはっきりと伝えるようにします。半年での退職が早めの決断をしてよかったと考えることで、気持ちもポジティブになります。

半年で転職すべき人としないほうがよい人

新入社員として入社して半年間で転職をすべき人は、しっかりとした意思を持っている人です。自分が転職してやりたい事はこれだ!という思いを持っている人は、妥協をすることなく自分の道を切り開いていくことができるでしょう。

逆に、転職しない方がよい人もいます。例えば、退職理由が曖昧である人です。何となく雰囲気が嫌であったり、仕事は好きだけど一人の上司と合わなかったりといった理由は転職をしても発生しやすいものです。

理由が曖昧だと転職時にネガティブな感情が前に出てしまい、失敗するケースが多いです。また、しばらく休もうと思っている人も転職すべきではないでしょう。入社して半年で少しの時間を休んでしまうと、次に働くのが嫌になります。

第二新卒を検討するのもよい

昨今、人材不足の転職市場において第二新卒のニーズが高まっています。

第二新卒とは、新卒採用とほぼ同等の条件で採用活動をすることです。入社して半年くらいであれば、高い条件を望む人もおらず、企業側からすれば新卒で取ることができなかった人材を採用できるメリットがあります。

新入社員として半年で退社する決意をした人は、まず第二新卒から検討をしてみるのがよいでしょう。転職エージェントを利用したり、第二新卒専用の転職メディアへの登録をおすすめします。

転職を志している場合、一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

半年で転職をしたくなる人についてのまとめ

新入社員として入社して、半年で転職を決意したからといってネガティブになる必要はありません。転職をする際、若くして元気がない応募者は面接を突破することはできません。気持ちを新たにリセットして、前向きに転職活動に挑むようにしましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。 まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

MIIDAS

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はMIIDASがおすすめです。

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

MIIDAS

管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。特に年収750万円以上でさらに上を目指したい方は手厚いサービスをうけることができるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。 簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。 まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

MIIDAS

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はMIIDASがおすすめです。

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

MIIDAS

管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。特に年収750万円以上でさらに上を目指したい方は手厚いサービスをうけることができるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。 簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA