ファッション業界に限らず、どの業界の職種も専門用語が多く、よくわからない職種も多いでしょう。ファッション業界を目指していても、やりたいことがどの職種で実現できるのかわからないことも少なくありません。

クリエイティブなファッション関係の仕事をしたいと思うなら、デザイナーだけでなくパタンナーもおすすめです。

ここでは、パタンナーの仕事内容、パンターになる方法、年収や勤務体系などをご紹介します。パタンナーの仕事について詳しく学ぶことで夢を夢でで終わらせずに、明日からパタンナーに向けての第一歩を踏み出せます。

パタンナーの仕事は型紙を作る事

パタンナーとは、デザイナーが作成したデザインをもとに、パターンと呼ばれる型紙を作る専門の職種のことをいいます。

デザイン画から、最終的に出来上がる立体の洋服などを作れるように型紙に落とし込むことは簡単ではありません。

デザイナーとの共同作業になることも多く、デザインの意図をくんだ完成品になる型紙が必要です。

生地の質感や特徴、カットの仕方、縫製についてなど広い知識がなければ、デザインされたものを完成品に近づけることができないでしょう。

特に、デザイン画から最初に起こされる型紙をファーストパターンといい、デザインから洋服などを完成させるために重要な初めの作業とされています。この作業は、キャリアのあるパタンナーが任されることが多いです。

日本ではデザイナーのアシスタント的な立ちばで働くことも多い職種ですが、他の国ではデザイナーと同じ立場に位置づけられていることもあります。

一般的に、パタンナーはアパレルメーカーやファッション関連のデザイン会社などで働いている人がほとんどです。縫製工場を中国や東南アジアの各国にもつメーカーも多く、場合によっては海外の現地工場で活躍しているパタンナーも少なくありません。

パタンナーになるための方法

パタンナーは技術職のひとつになるため、実務経験を問われることが多いでしょう。未経験からの求人は少ないですが、パタンナーのアシスタントであれば求人を見つけられる傾向があります。

修行のつもりで働くことが、パタンナーとしてのスタートになります。

パタンナーに資格はいらない

パタンナーになるために、必ず必要な学歴や資格はありません。

しかし、最近ではデザインからCADが使われていることが多いため、CAD利用技術者試験を受けておくと有利になるでしょう。

2級は、特に受験資格はありません。上位の1級トレースは、パタンナーになるのにかなり有利な資格になるでしょう。

また、パターンメーキング技術検定という検定もあります。

実技試験も含まれているので、客観的な目安になりやすい資格で、持っていると就職に有利になるでしょう。1~3級まであり、2、3級はかなり実務に近い資格です。

パタンナー仕事を探している場合、転職・就活エージェントを利用することで自分に合ったパタンナーの職場を見つけることができます。

パタンナーの年収は会社員に近い

パタンナーでも、一会社員として働くことがほとんどであるため、一般的な会社員に準じた年収になるでしょう。働く会社の企業規模で、年収が変わります。

パタンナーでもフリーランスとして働く人もおり、そういう場合には業務委託の数により、年収が変化します。頑張り次第では、一般的な会社員よりも多めの年収を得ることも可能でしょう。

パタンナーは技術職であるため、経験を重視されます。技術があれば、会社によっては在宅や業務委託など、様々な就業パターンがある可能性があります。

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。

dodaへ

パタンナーの勤務体系は人による

会社員のパタンナーであれば、会社の規定に沿うことになります。

深夜勤務や出張などはあまりない傾向にありますが、プロジェクトなどが動き出した場合には、締め切りに追われて、長い勤務になることもあるでしょう。

休日に出勤しなければ、間に合わなくなってしまうこともあるかも知れません。

フリーランスのパタンナーになれば、さらに厳しい締め切りに追われることもあるでしょう。しかし、自分でスケジュールを管理できるのは、フリーランスの魅力のひとつでもあります。

パタンナーは、パタンナーになった後も技術や知識のアップデートが必要な職種でもあるため、日頃の情報収集が欠かせない職業です。

パタンナーの活躍する有名な企業とおすすめの転職サイトの解説

株式会社ワールド

神戸に本社を持つ大手アパレルメーカーは、婦人・紳士・子供服等の企画販売を主業務に数多くのブランドを展開し、国内のみならず海外にもショップ展開もしています。ホームページで、パタンナーなどの採用情報をチェックできます。

株式会社ワールド ホームページ

株式会社アダストリア

国内以外で17のブランドを展開し、生産拠点は主に海外に持っています。

学生向けインターンシップや新卒・中途採用の情報を企業ウェブサイトで公開しています。グローバルに活躍したい人には、海外赴任のチャンスもあります。

株式会社アダストリア ホームページ

転職サイト クリーデンス

数少ないアパレル・ファッション業界に特化した転職支援サービスを行う人材紹介会社です。

業界出身のキャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれるのが、グリーデンスの魅力で、転職サイトで大手のパソナキャリアのグループ会社なのも安心です。

パタンナーへの転職にも、よいアドバイスをくれて、成功に結び付けてくれるでしょう。

クリーデンス ホームページ

パタンナーについてのまとめ

パタンナーとは、デザイナーが作成したデザインをもとに、そこからパターンと呼ばれる型紙を作る専門の職種のことを言います。型紙は、2Dのデザイン画を最終的な3Dの完成品にするために、重要なものです。生地、カットの仕方、縫製についてなど広い知識がなければ、デザインされたものをイメージ通りの完成品にすることはできません。一般的に、パタンナーはアパレルメーカーやファッション関連のデザイン会社などで働いている人がほとんどですが、海外勤務のこともあるでしょう。
パタンナーは技術職のひとつで、実務経験を問われることが多いでしょう。未経験からの求人なら、パタンナーのアシスタント=修行として経験をつんでいくことになります。特に必要な資格や学歴はありませんが、CAD利用技術者試験やパターンメーキング技術検定があると有利になるでしょう。
パタンナーの年収は、働いている会社の規定に準じます。一般的な会社員の水準でしょう。フリーランスのパタンナーや業務委託、在宅など様々な就業形態があり、自分の頑張り次第の年収になります。
基本的には、勤務は深夜勤務や出張なども少ない傾向にあります。ただし、締め切りがある場合には、長時間勤務や休日出勤になることもあるでしょう。フリーランスになれば、自分自身でスケジュールを管理できます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda