バス旅行を楽しく盛り上げてくれるバスガイドという職業があります。

修学旅行で素敵なバスガイドに出会って憧れるようになったという人もいます。バスガイドはどんな仕事をしているのか、バスガイドになるにはどうしたらよいのか、バスガイドの収入はどれくらいかなどが疑問である人も多いでしょう。

この記事では、気になるバスガイドの仕事内容や種類、バスガイドになる方法、バスガイドの給与・年収・勤務体系などについて解説いたします。憧れのバスガイドの実態はどのようなものか知ることができます。

バスガイドの仕事内容

ここではバスガイドの実際の仕事を解説します。

観光案内が主なバスガイドの仕事

バスガイドの代表的な仕事にバス旅行での観光案内があります。

観光地や歴史、名産品などの情報を、車窓に見える景色に合わせてご案内していくことになります。

お客様の中には、バスガイドのお話を楽しみにツアーに参加している人が大勢います。ときには、お客様から質問やリクエストがあることもあるでしょう。

各種車内サービスも大切な仕事

バスガイドの仕事はお客様の快適で安全なご旅行のお世話をすることです。

乗降誘導やツアー時間の調整・管理、お客様の体調管理などにも気を配っています。

運転手のサポートも大事な仕事

バスガイドの仕事に運転手をサポートする運転誘導の仕事があります。

狭い道や駐車場で運転誘導を行う場合があります。その他、車内点検もバスガイドの仕事です。

バスガイドの仕事の種類

バスガイドが添乗するツアーにはいくつかの種類があります。

観光ツアー

観光ツアーは、各種旅行会社がその内容を企画したものですが、観光ツアーにバスガイドが添乗して、観光地などの案内もします。

修学旅行・社員旅行など

旅行会社の観光ツアーだけでなく、学校の遠足、修学旅行、社員旅行などの貸切バスの中でバスガイドがガイド役を務めることがあります。

その他のバスツアー

その他、冠婚葬祭でバスガイドにお願いするケースがあり、ご参列者の皆さまの乗降誘導などを行います。

お客さまの案内・誘導に慣れているバスガイドが、このような場所でも活躍しています。

また、最近は外国人の旅行者も増えているため、外国人向けツアーに関しては、バスガイドではなく通訳案内士がガイドを行っています。

バスガイドになるための方法

バスガイドになるために、特別な資格や特定の大学に進学している等の条件はありません。

バスガイドの多くは、観光バス会社に勤めています。このような会社に就職する必要があるでしょう、高校卒業以上などの条件で求人を出していところも多くあります。

観光地を案内するため、観光系の専門学校を出ている方が有利に思うかもしれませんが、観光地に関する知識は入社後からでも覚えられます。

やる気と熱意が伝われば、採用される可能があるでしょう。

また、観光系の専門学校でも、学校から就職先を紹介してもらえることがあります。

入社後は、各社にて研修を行いますが、国内の添乗業務が可能となる「国内旅程管理主任者」の取得を義務付けている会社もあります。

国内旅程管理主任者の資格は、ツアーコンダクターの資格であり、取得すれば将来ツアーコンダクターとしても働けます。

バスガイドが多いことで有名な「はとバス」では、入社する全員寮に入って研修がスタートします。

研修には、車上研修と机上研修からなり、発声練習、お辞儀のしかた、敬語や早口言葉などのトレーニングをする事になります。

車上研修は、実際にバスに乗って実際にガイドをしてみることになります。そのあとに最終テストがあり、合格することで研修は終了になります。

バスガイドの給与・年収

バスガイドの平均給与25万円程度で、平均年収は250万円から300万円程度です。

また初任給は10万円台からのスタートで年々上がっていきます。他の業界と比較して、あまり高いとはいえませんが、勤務内容によって手当がつくこともあるでしょう。

時間外の場合の手当や宿泊出張の場合の手当などがつくため、上記の数字よりも少し上乗せになると考えてよいです。

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。

dodaへ

バスガイドの勤務体系は不規則

バスガイドの勤務は、あまり規則的とはいえません。

ツアーに合わせてのシフト制になっているところが多いです。8時または9時頃からツアー出発が多いため、バスガイドの業務はその前に始まります。

日によっては、朝5時や6時頃に出勤し、バス内の掃除や点検を行った後に、お客様をお迎えします。

日帰りツアーの場合でも帰りは夜になります。2日以上のツアーの場合には、当然現地のホテルに泊まることになるでしょう。

休日については通常、土日祝日に多くツアーが組まれますので、当然土日祝日が休日となることはあまり多くありません。

夏休みやお盆、正月、ゴールデンウイークなども繁忙期となるため、長期休暇などはずらして取得する必要があります。

バスガイドの活躍する有名な企業

はとバス

東京バス観光の代名詞といえば「株式会社 はとバス」です。

昭和23年に創業し、戦後の観光ニーズを長年にわたって支えてきました。「はとバス」には、シンボルマークとして車体に鳩が使われています。

鳩は平和のシンボルであり、伝書鳩か飛び立ってから無事に目的地に着いてから必ずスタート地点に戻ってくるということから、鳩が使われています。現在「はとバス」は、黄色の車体で大変有名です。

しかし、以前はとバスの車体は黄色ではありませんでした。昭和54年にイメージカラーをレモンイエローに統一したことで、現在まて引きつがれています。

はとバス ホームページ

バスガイドについてのまとめ

  • バスガイドの仕事には、観光案内、各種車内サービス、運転手サポートがある
  • バスガイドが添乗する業務として、観光ツアー、修学旅行、社員旅行、冠婚葬祭などがある
  • バスガイドになるには、観光バス会社に就職する
  • バスガイドの給与・年収は、高くはないが、手当がつく
  • バスガイドの勤務体系は、シフト制などにより不規則
  • バスガイドの仕事は大変なことも多いですが、新しい人との出会いがある素晴らしい職業です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda