初めて就職した時や転職した時の手取りでは、年収がいくらでどんな生活をしたら貯金ができるのか、将来のために考える人も多いでしょう。意識しないで生活していると、一向に貯蓄ができないこともあります。

ここでは、手取り20万円の年収や平均的な生活モデル、節約方法についてご紹介します。結婚のため、子供のためやマイホームのために、手取り20万円でも地道に貯蓄ができます。

手取り20万の年収は280万円

手取りが20万円だと、額面金額は23万円から24万円の間になり、年収が額面で280万円ほどになると考えられます。

ボーナスがある場合、年収が300万円を超えるでしょう。

手取り20万円は、地方では一人暮らしなら十分な金額ですが、都市圏ではちょっと苦しい場合もあるかも知れません。妻だけでも家族を養うとなると、切り詰めなければ貯蓄はできないでしょう。

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。

doda 平均年収ランキング

手取り20万の平均的な生活

手取り20万円の一人暮らしのライフスタイルは、以下の通りです。

手取り20万円のライフスタイル
家賃:6万円
食費:4万円
通信費:8,000円
光熱費:1万円
保険料:5,000円
雑費:5,000円
趣味娯楽費:1万円
交際費:2万円
衣類:1万円
貯蓄:3万円

一般的には、家賃は収入の30%、貯蓄は20%といわれています。手取り20万円だと、貯蓄に回るのは20%を切ってしまうこともあるでしょう。

また、予定外の出費があったときには、貯蓄にお金を回せないこともあるかもしれません。ボーナスがある場合は、貯蓄に回すことができるでしょう。

ボーナスがない、またはボーナスの使い道がすでに決まっている場合は、節約をして出費をうまく管理しなければ貯蓄が難しいです。なるべく自炊にすれば、食費は3万円ほどに抑えることも可能でしょう。また、交際費をもう少し抑えることもできるかもしれません。

しかし、生活で我慢ばかりしていると、節約自体がいやになってしまい、続かないこともあります。手取り20万円の節約では、まずは固定費を抑えるほうが先決でしょう。

自分の給料に不満がある場合、転職エージェントも利用することで、より給料のよい職場を見つけることができます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方