ジャーナリストという職業に憧れを持っている人も少なくないでしょう。一言でジャーナリストといっても、広い意味があります。

この記事では、ジャーナリストの仕事内容、ジャーナリストになるには、年収や勤務体系についてご紹介します。どんなジャーナリストになりたいか考えて、自身のキャリアプランを具体的に考えられます。

ジャーナリストの仕事内容や種類

ジャーナリストとは、新聞や雑誌、テレビをはじめ、あらゆるメディア用に素材を提供する人のことをいいます。

国際的なジャーナリスト
取材をもとにしたレポートをしたり、主観もいれた記事を書いたりすることが多く、フリーランスでジャーナリストと活動している人がほとんどです。
日本のジャーナリスト
新聞社や雑誌社に所属して活躍するジャーナリストも多く存在します。政治、経済、社会、スポーツなど、それぞれ専門を持っているのが一般的ですが、所属機関の方針に沿った記事を書くのが前提になります。

自分の主観を大切にした記事を発信するには、フリーランスジャーナリストを目指すのがおすすめです。

ジャーナリストは現場に足を運び、その現状を伝える場合もあります。当事者へのインタビューも情報収集の大切な手段になります。生地や素材提供のための深い知識はもちろんですが、インタビューでの感覚や話を引き出す能力も必要でしょう。そういう意味では、経験も大切です。
経験を積むことにより、人脈も広がり、それが取材活動に活きてくるのです。

また、ジャーナリストは社会に自分の記事を発信することで、正しい知識や現状を社会に広める役割を持っています。そのため、正確性が求められます。

フリーランスで活動するジャーナリストの場合には、自身の考え方や表現法が社会に影響を与えることもあり、やりがいのある仕事でもあります。

ジャーナリストになるには報道関係へ就職

日本でジャーナリストになるための近道は、新聞社や出版社、広告会社なども含めた報道機関に就職するのがいいでしょう。

フリーランスジャーナリストは主観的な記事を執筆できますが、記者クラブに所属できなかったり、最初は人脈を広げにくかったりする傾向があります。

ジャーナリストになるために必要な学歴や資格はない

特に必要な資格がありません。しかし、報道機関に就職することを考えると、ジャーナリストとして書きたいものに関連する大学を卒業しておくと有利になります。

もしくは、執筆活動の実績を積んでいく方法もあります。フリーランスが多い戦場ジャーナリストの中には、ダブルワークで活動しつつ、経験を積んでいく人も多くいます。

また、最近では、海外で学ぶ人も多くいます。
海外の大学では、ジャーナリズムを専攻できる大学が多く存在します。国際的に活躍することを目指すなら、語学の勉強もかねて海外留学するのもひとつの方法です。ただし、海外のジャーナリズム学科は高いレベルが求められるので、簡単に卒業できない可能性があります。

国内の大学や大学院には、新聞学を学べるところもあるのでチェックしてみましょう。

ジャーナリストの年収

ジャーナリストとして活動する年収は、正確にはデータがありません。
企業に所属する記者と考えるなら、厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査では、以下のようになっています。

1,000人以上の企業…平均年齢は40.0歳、平均年収は約800万円
1,000人以下の企業…平均年齢は37.9歳、年収は約600円

フリーランスのジャーナリストは、原稿料などだけでなく、評価されるようになれば講演出演料や書籍出版料なども収入源になります。

参考:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

ジャーナリストの勤務体系と休日

ジャーナリストの勤務時間は、企業の勤務時間が基本になります。

しかし、取材やインタビューが多いので、時間外に働くことも多くなります。フリーランスジャーナリストは、スケジュールの管理も大切な仕事の一部です。

また、企業のジャーナリストもフリーランスの人も、締め切りに間に合うように仕上げなければいけません。抱えている依頼数によっては休みなく仕事をしなければならないこともあります。

ジャーナリストの有名な企業

最初は報道機関所属のジャーナリストになるなら、新聞社やテレビ局もいいでしょう。

株式会社日本経済新聞

新聞を中心に雑誌、書籍、電子メディア、データベースサービス、速報、電波、映像、経済・文化事業なども抱える企業です。記者として経験を積むのはジャーナリストへの第一歩になります。

海外にも拠点を持つので、国際的なジャーナリストを目指すこともできます。

株式会社日本経済新聞 ホームページ

株式会社中日新聞社

地方紙の大手のひとつといえば、名古屋に拠点を置く中日新聞社です。支局・通信部を国内171か所、海外16か所もっています。

東海地方の記事を中心に、政治関連も多い地方紙です。

株式会社中日新聞社 ホームページ

株式会社フジ・メディア・ホールディングス

テレビ業界の最大手、フジテレビです。公共的なテレビは、社会的責任もある報道機関です。放送事業だけでなく出版事業も展開しており、幅広くジャーナリストとしての可能性があります。

ジャーナリストには、特に必要な資格や学歴はありませんが、報道機関を目指すなら関連した大学を卒業するのが近道です。フリーランスジャーナリストを目指すなら、地道な活動で経験を積んでいきましょう。

株式会社フジ・メディア・ホールディングス ホームページ

転職活動には転職エージェントの利用がおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

ジャーナリストについてのまとめ

  • ジャーナリストとは、新聞や雑誌、テレビをはじめ、あらゆるメディア用に素材を提供する人のことをいいます。
  • メインは記事を書くことが仕事になりますが、それに付随した取材活動やインタビューも大切な仕事です。
  • 日本では、報道機関に所属するジャーナリストが一般的ですが、フリーランスジャーナリストも活動しています。
  • 社会に正しい知識や現状を広めるのが、ジャーナリストの役割になります。
  • ジャーナリストの年収は、所属する企業によって差があります。
  • フリーランスジャーナリストなら、原稿料に加え、講演料や書籍出版料が収入になるので、自分の頑張り次第です。
  • ジャーナリストの勤務時間は、企業の勤務時間が基本になりますが、取材やインタビューが多いので、時間外に働くことも多くなります。
  • フリーランスジャーナリストは、スケジュールの管理も仕事のひとつになります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda