多くの人が利用する天気予報、テレビやインターネットなどで毎日欠かさずチェックするという人も少なくありません。そんな私たちの生活に必要不可欠な天気予報を支えているのが「気象予報士」という職業です。

この記事では、あまり知られていない気象予報士の仕事内容や社会における役割、気になる年収や就職先などを詳しく解説します。

気象予報士の仕事内容は天気の予測

気象予報士は、簡単にいうと天気や気温、降水確率などを予測して伝える専門家です。気象に関するさまざまなデータやその地域の地形、特性をもとに予測しています。

毎日、気象庁や衛星から送られてくる大量のデータを取りまとめ、そこから気象を推測して予想を立てるのがメインの仕事です。また、お天気キャスターとしてテレビなどに出演している場合は、さらに原稿の作成とリハーサルを行ないます。

気象予報士は多くの人にとって重要な役割

気象予報士は、多くの人たちの縁の下の力持ちとして重要な役割を担っています。

気象予報士が必要とされるジャンルは、以下のとおり多岐わたっています。

漁業や農業などで生計を立てている人
天気や風速、潮の満ち引きなどで、その日の仕事に影響がでます。
合宿や旅行のコーディネーター
向こう1週間の天気予報を見て内容や段取りの変更を行なうことで、満足度の高いツアーやイベントを催行することができます。
物流部門
気温によって売れ行きに影響する商品の仕入れが変動します。
レジャー部門
入場者予測などに影響します。

このように、気象予報士は間接的に私たちの生活を支える役割をしているのです。

気象予報士の種類は3種類

気象予報士は就職先によって大きく3種類に分類されます。

気象庁に勤める公務員
公務員として働くためには、公務員試験合格か気象大学校入学が必須条件ですが、いずれも年齢制限が伴う狭き門となります。
民間会社で働く気象予報士
民間会社といっても大部分が気象庁から許可を得た気象会社で、漁業や農業、建設業などの取引業種に気象情報を提供する仕事です。
放送業界
テレビやラジオなどの放送局に就職してメディアに登場する分、知名度が最も高い業種です。世間では「お天気キャスター」などと呼ばれています。しかし「放送業界に就職=お天気キャスター」というわけではなく、実際には他のキャスターが天気を伝えるということも少なくありません。そういった場合は、他のキャスターが読み上げる原稿を作成するのも気象予報士の重要な仕事です。

気象予報士になるには資格を取得する

気象予報士になるためには、年に2回行なわれる国家試験に合格し、資格を取得することが必須条件となります。

気象予報士の国家試験を受ける際、特に条件というものはなく、年齢制限も設けられていません。そのため、2017年には11歳の小学生が気象予報士の資格を最年少で取得しています。

しかし、気象予報士資格の合格率は約5%と非常に低く、本格的な試験勉強が必要となります。

また、他の国家資格のように指定校などはありませんが、気象に関する専門知識を学ぶために、大学や専門学校に入学する人がほとんどです。大学では「地球惑星科」や「地球環境科」を選ぶのが一般的です。専門学校であれば「気象予報士コース」といった専門科が設置されているところもあります。

気象予報士試験に合格したとしても、気象庁長官の登録を受けなければ「気象予報士」と名乗ることはできないため注意が必要です。

資格について関連する内容をまとめたこちらの記事も参考になります。
転職を目指す人必見、資格が必要な職種や今注目の資格とは
転職・就職に役立つ、履歴書の資格欄の書き方

気象予報士の年収

気象予報士の年収の目安は、以下のとおりです。

20代…約288万円
30代…約420万円
40代…約480万円

参考:給料BANK「気象予報士の給料・年収や手取り額を解説!」

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

気象予報士の勤務体系は24時間体制

気象予報士の勤務体系は就職先によって異なりますが、基本的には24時間体制です。

天候は365日24時間変わり続けており、それを素早く分析して伝えることが仕事のため、勤務も不規則になりがちです。

週末も変わらず天気予報が必要とされるため、一般企業のように決まって土日・祝日が休みなどということはありません。また、春は桜前線予報、秋は台風情報など時期や急な天候の変化によって仕事が忙しくなることも少なくなることもあります。そういった面では、常に気が抜けない職業といえます。

気象予報士が就職する有名な企業

日本気象協会

一般財団法人日本気象協会(JWA)は、気象業務を行なう一般財団法人です。1993年に気象業務法が改正されるまでは、テレビやラジオで天気予報を提供する業務を独占的に受託していました。

現在も多くの有名気象予報士が所属している団体で、「Yahoo! JAPAN」「goo」「ライブドア」など大手に天気予報情報を提供しています。

一般財団法人日本気象協会(JWA)ホームページ

ウェザーマップ

株式会社ウェザーマップは、1992年に気象予報士の森田正光氏によって設立された気象予報会社です。

気象業務法により、気象庁長官から許可を得て、全国各地のピンポイント予報やメディアでの天気予報解説を行なっています。また関連会社の株式会社クリアでは、気象予報士や気象キャスターの育成を行なうなど、教育にも力を入れている会社です。

株式会社ウェザーマップ ホームページ

ウェザーニューズ

1986年に設立された、業界最大手の気象情報会社です。アジアをはじめ欧米など世界15ヶ国・地域に業務展開している民間会社で、インターネットやテレビ・携帯電話などを通じて世界中に広く気象情報を提供しています。一般気象情報の他にも、パイロットに向けた「航空気象コンテンツサービス」や運行海運業者に向けた「海運気象コンテンツサービス」、大手コンビニチェーンに向けた「流通気象コンテンツサービス」など、そのサービスは多岐にわたります。

ウェザーニュース ホームページ

転職活動には転職エージェントの利用がおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

気象予報士についてのまとめ

  • 気象予報士は、膨大なデータから天気を予測し、さまざまな角度から私たちの生活を支える役割を担っています。
  • 就職先によって、公務員、民間企業の会社員、放送局のお天気キャスターと大きく3つに分類されますが、どの職場でも基本的には24時間体制の忙しい職業です。
  • そんな気象予報士になるためには、合格率約5%の難関国家試験を突破する必要があります。
  • 受験条件はありませんが、気象予報士を目指す場合は、大学や専門学校で気象に関する知識を身に付ける人がほとんどです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda