テレビや雑誌などのマスコミでよく目にする「フードコーディネーター」という肩書は、料理が好きな人にとっては、気になる職業でしょう。

マスコミに登場しているフードコーディネーターはほんの一握りの人で、仕事の内容は多岐にわたります。

ここでは、フードコーディネーターの仕事内容となるための方法、年収や勤務体系についてご紹介します。ここで詳しく知ることで、フードコーディネーターになるための具体的な筋道を決めることができるでしょう。

フードコーディネーターの仕事内容と役割

フードコーディネーターの仕事内容は、シンプルにいえば「食」に関すること全般といえるほど様々な仕事があります。

料理番組・雑誌の料理コーナーへの出演や企画をしたりする仕事もあれば、企業向けにメニューを考えたり開発する仕事、飲食店の店舗プロデュースをすることもあるでしょう。

また、テーブルコーディネートをしたり、食べ物の撮影のアシスタント的な立場でサポートしたりする仕事も、フードコーディネーターの仕事です。

世の中に食の楽しさや正しい知識を広める役割を担っていれば、フードコーディネーターといえるでしょう。

企業で働くフードコーディネーターもいますが、多くの人はフリーランスとして働いている人が多く、それぞれが専門分野や強みを持っています。

フードコーディネーターになるための方法

フードコーディネーターにははっきりとした定義がないため、資格などがなくても食に関わる仕事をしていれば、基本的にはフードコーディネーターと名乗ることはできるでしょう。

活躍するフードコーディネーターは、民間資格であるフードコーディネーターを持っている人もいれば、調理士の免許を持っていたり、食育アドバイザーや野菜ソムリエなど関連した資格を持っていたりする人が多いです。

フードコーディネーターになるために必要な学歴と資格

学歴や資格が必ず必要なフードコーディネーターではありませんが、専門学校やスクールに通って食についての知識を深めるのもよいでしょう。

仕事をしながら通学できる夜間クラスがある学校・スクールもたくさんあり、通信教育で知識を深めることも可能です。また、フードコーディネーターのアシスタントからキャリアをスタートさせる人も少なくありません。

料理教室の講師や教室運営しているコーディネーターに相談してみる事もひとつの方法でしょう。

しかし、誰でもなれるフードコーディネーターですが、ポイントになるのは「何を強みにするか」ということです。

どんなフードコーディネーターになりたいかや、キャリアプランを自身で考えて、強みを活かせるような学校やキャリアを選択していくことが大切です。

セルフプロデュースをするつもりで、可能性やリスクを考えながら進んでいきましょう。

また、ご自身のセルフプロデュースが心配の場合、就活・転職エージェントを利用することで自分に適した職場をより早く見つけることができます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda