お花が好きな人にとって、好きなお花と関われるフラワーコーディネーターは魅力的な職業です。しかし、フラワーコーディネーターのことがよくわからないのでは、転職や就職の準備にも進めません。

この記事では、フラワーコーディネーターの仕事内容、フラワーコーディネーターになるには、年収と勤務体系などを解説します。明日からでも、実現に向けて活動できるようになります。

フラワーコーディネーターの仕事内容や役割

フラワーコーディネートのスペシャリストは、花で空間イメージを演出したり、花束で気持ちを伝えるためのお手伝いをしたりする仕事です。

花屋さんなどで花束を作る

顧客とのコミュニケーションから、色合いや大きさ、花言葉までも気にかけて種類を選び、予算の範囲に収めるところが腕の見せどころです。

花をコーディネートするセンスだけでなく、花に関する知識や予算管理などにも慣れていることが大切です。また、顧客からイメージや希望を引き出す高いコミュニケーション能力も必要でしょう。

ウェディングやパーティーの会場で活躍する

ウェディングやパーティーの会場、またホテルのエントランスに花を飾ったりする大きな仕事もあります。季節や温度だけでなく、湿度にも気を配りながら、飾っていくのが基本です。

花を使う場面は、顧客の大切な人生のひと時でもあるので、責任も重大なことが多い緊張する仕事でしょう。

フラワーコーディネートの種類は様々

フラワーコーディネーターは、お花屋や園芸ショップで活躍する人が大半です。

ウェディング会社やホテルで活躍するフラワーコーディネーターは、直接雇用されていることもありますが、フリーランスの人もいます。

以下のような場所でもフラワーコーディネーターの活躍の場があります。

・空間デザイン会社
・エクステリア会社
ショーウィンドウのディスプレイ

また、自宅でウェディングブーケなどをつくり、家庭と両立しているフラワーコーディネーターもいます。

フラワーコーディネーターになるための資格はない

フラワーコーディネーターは、学歴や資格を必要とする職業ではありません。花屋で経験を積んだり、有名なフラワーコーディネーターのアシスタントとしてキャリアをスタートさせたりする人もいます。

しかし、フラワーコーディネーターとして活躍する人の中には、アレンジメントやいけばなの資格を持っている人が少なくありません。センスだけでなく花についての知識をつけるには、いい方法です。

その他にも、民間団体の認定資格であるフラワー装飾技能検定やフラワーデコレーター、フラワーデザイナーなどがあります。いけばなには、草月流と池坊があります。

また、花について学ぶために専門学校に行くのもひとつの方法です。
フラワーデザイン科や園芸デザイン科、フラワーコーディネート科などがあります。

資格について関連する内容をまとめたこちらの記事も参考になります。
転職を目指す人必見、資格が必要な職種や今注目の資格とは
転職・就職に役立つ、履歴書の資格欄の書き方

フラワーコーディネーターの年収

フラワーコーディネーターの年収について、正式な調査はありません。正社員として入社する人もいますが、契約社員やパート、アルバイト、業務委託など様々な形態があるので、収入にも大きなばらつきがあります。

フラワーコーディネーターの需要が増える時期は、ウェディングシーズンやイベントシーズンなどある程度決まっています。そのため、そのシーズンだけフラワーコーディネーターを委託する方が安くつく場合もあります。

定期的に仕事が入ってくる見込みがある安定収入を目指して独立開業をした場合、顧客を掴んでいること、または仕事の依頼が来るような人脈を持っておくことが、成功するポイントです。

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

フラワーコーディネーターの勤務体系はさまざまある

フラワーコーディネーターは花を飾る場所や顧客の時間に合わせて、スケジュールを組むことになります。おもに、活躍する場所やシーンが忙しいのは、土日や祝祭日になります。

また、仕入れから自分でする場合には、早朝からの仕事になることも珍しくありません。
イベントシーズンなどの繁忙期には、残業も多くなることでしょう。

フラワーコーディネーターの有名な企業と資格認定団体

日比谷花壇

1872年に庭園業で創業した日比谷花壇は、帝国ホテルの出店をきっかけにどんどん事業拡大し、2017年10月現在で1,488名の従業員がいる会社になりました。

全国に店舗があり、正社員・契約社員・アルバイトなど様々な形態でフラワーコーディネーターを募集しています。

日比谷花壇 ホームページ

株式会社ユーアイ

グランドハイアット東京、ハイアットリージェンシー京都、六本木ヒルズクラブなどのフローラルデザインを手掛ける会社です。

ブライダルはもちろん、バンケットでのイベント、ホテル館内、レストラン等のアレンジメントをしています。このような会社で、アシスタントから経験を積むのもいいでしょう。

株式会社ユーアイ ホームページ

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会

日本フラワーデザイナー協会(略称NFD)の資格が、日本では一番認知されているフラワーコーディネーターとしての資格です。3級、2級、1級、そしてフラワーデザイナーとステップアップできる資格です。

求人で必要条件にしているところは少ないですが、持っていると有利な資格になります。

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会 ホームページ

転職活動には転職エージェントの利用がおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

フラワーコーディネーターについてのまとめ

  • フラワーコーディネーターは、花で空間イメージを演出したり、花束で気持ちを伝えるためのお手伝いをする仕事です。
  • 花屋さんなどで花束を作るフラワーコーディネーターは、顧客とのコミュニケーションから、色合いや大きさ、花言葉までも気にかけて種類を選び、予算の範囲に収めるところも腕の見せどころです。
  • フラワーコーディネーターは、お花屋や園芸ショップで活躍する人が大半です。
  • ウェディング会社やホテルで活躍するフラワーコーディネーターは、直接雇用されていることもありますが、フリーランスの人もいます。
  • フラワーコーディネーターは、学歴や資格を必要とする職業ではありませんが、民間認定団体の資格を持っていると有利です。
  • フラワーコーディネーターの雇用形態は様々なので、年収にも大きなばらつきがあります。ある程度安定した収入を目指すなら、独立開業するのもいいでしょう。
  • フラワーコーディネーターは、仕事の場所やシーンに合わせて仕事をするので、休日や休暇は関係なく働くことになります。
  • 仕入れからなら、早朝からの勤務になることも珍しくありません。イベントシーズンなどの繁忙期には、残業も考えられます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda