スクールカウンセラーという職業がありますが、日本ではあまりなじみのない職業であるため、どんな仕事なのかわからないという人も少なくありません。

ここでは、スクールカウンセラーの仕事内容について、スクールカウンセラーになる方法、年収や勤務体系などをご紹介します。この記事を通してスクールカウンセラーになるためのキャリアプランをたてられます。

スクールカウンセラーの仕事は子供の心のケア

スクールカウンセラーは教育機関において心理相談(カウンセリング)を通し、不登校や、校内や生活全般の問題行動などのカウンセリングやコンサルティングを行っています。

日本でスクールカウンセラーの職業が広く知られるようになったのは、災害や事故、事件や自殺などの日常とちがうことが起きたとき、被災者や被害者になった生徒、周囲の生徒で心を痛めた生徒のケアのために大きな役割を果たしていることからでしょう。

実際のスクールカウンセラーの仕事には、対処だけでなく、コンサルティングをすることによる、いじめや自殺の予防などもあります。時には、教員や保護者に協力を求めることもあるでしょう。

どの年齢の段階の生徒でも、成長をサポートし、ときには友達のようにカウンセリングを行います。

文部科学省が実施しているスクールカウンセラー事業では、スクールカウンセラーは他の教員や保護者と利害関係がない第三者であること、また心理学の専門家であることをスクールカウンセラーに求めています。

スクールカウンセラーとして活躍する人には、精神科医、臨床心理士だけでなく、保健師、精神保健福祉士、大学教員などがいます。

スクールカウンセラーになる際は資格を持っているとよい

「スクールカウンセラー」になるには、必ず持っていなければいけない資格はなく、スクールカウンセラーという資格もありません。

しかし、仕事内容や役割が子供の成長に関わる重要性、また文部科学省の任用規定から臨床心理士の資格を持ってる人がほとんどなのが実情です。

スクールカウンセラーの求人はそう多くないことを合わせて考えると、臨床心理士の資格を取得するのが一番の近道でしょう。

「学校によっては、スクールカウンセラーに準ずる者」の採用があることがあります。それぞれの学校や自治体により募集要項は異なりますが、大学もしくは大学院卒に加えて、相談業務の実務経験を問われることが多いでしょう。

学歴のかわりに「学校心理士」でも可とされることもあります。

スクールカウンセラーになるために必要な学歴・資格

ここでは臨床心理士と学校心理士についてご紹介します。

臨床心理士になるために必要な資格

臨床心理士は、内閣府が許可した公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格です。

指定されている大学院・専門職大学院で2年ほど学び、受験資格を得てから合格しなければなりません。

同協会の発表では、合格率はここ5年で60%前後に推移しています。

学校心理士になるために必要な資格

学校心理士は、一般社団法人学校心理士認定運営機構が認定する資格です。

大学院で学校心理学関係の単位修得、修士課程・専門職学位課程修了+実務経験を1年以上、4年制大学卒業+学校心理学に関する専門的実務経験を5年以上などの様々なケースがありますが、大学院または大学卒業が必要になります。

スクールカウンセラーとしての職場を探す場合、就活・転職エージェントを利用することでもより早く自分に合った職場を見つけることができます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda