指輪やネックレスなど宝飾品のデザインをするジュエリーデザイナーという職業があります。

この記事では、ジュエリーデザイナーの仕事内容・種類、ジュエリーデザイナーのなり方、ジュエリーデザイナーの年収・勤務などについて解説します。宝石やアクセサリー好きな方にとっての憧れの職業であるジュエリーデザイナーについて解説します。

ジュエリーデザイナーの仕事内容

ジュエリーデザイナーの仕事は、主にデザイン画の作成やジュエリーの製作です。ジュエリーデザイナーの仕事は、自分の考えたデザインが実際のジュエリーとして店頭に並び多くの人が身につける、やりがいのある仕事です。

デザイン画の作成

ジュエリーデザイナーの主な仕事に、ジュエリーデザイン画の作成があります。ジュエリーデザイン画とは、ジュエリーを製作するときの設計図になるものです。

まず初めにラフスケッチを描き、トレーシングペーパーや三角定規などを使ってセンターストーンや地金などの部分を正確に描いていきます。

ジュエリーデザイン画は、見る角度によって色々な描き方を用います。立体図や上面図、正面図、側面図などがあり、よく描かれるデザイン画には「立体図」があります。

「立体図」は、「レンダリング」や「完成予想図」とも呼ばれており、リングを斜め上から立体的に表現した図のことをさしたものです。

「上面図」は、リングを上部から見たデザインになり、平面図とも呼ばれます。「正面図」はリングを正面から見たデザイン、「側面図」はリングを側面から見たデザインになります。

ジュエリーの製作

ジュエリーのデザインだけを行うジュエリーデザイナーもいますが、ジュエリーの製作までを行うジュエリーデザイナーもいます。

ジュエリーの製作では、作成したデザイン画に従ってジュエリーを製作します。彫金や鋳造等の金属加工の技術を用いて貴金属を加工し、宝石研磨、石留め、仕上げを行っていきます。

ジュエリーデザイナーのその他の仕事

ジュエリーデザイナーの他の仕事には、ジュエリーの商品開発やジュエリー製作のスケジュール管理、商品管理などの仕事をジュエリーデザイナーが行うこともあります。

直接デザインに関係が無くても、色々な業務に携わることで、デザインのヒントとなることもあるでしょう。

ジュエリーデザイナーの種類

ジュエリーデザイナーには、主に会社に所属している「企業内デザイナー」と「フリーランス」のジュエリーデザイナーがいます。

企業内デザイナー

企業内デザイナーの場合、会社が要望するコストに従ってデザイン画を作成します。

デザインにコストが関係する理由は、ジュエリーに使われる宝石や貴金属は非常に高価であるためです。

企業内デザイナーは、顧客の好みを調査するとともにデザインの方向性を検討し、ジュエリーのデザインを作成することになるでしょう。

フリーデザイナー

フリーデザイナーは、ジュエリーメーカーや宝飾店などからの依頼を受けて、ジュエリーデザインを作成します。

フリーデザイナーは、優れたデザインセンスがあることを証明するため、展示会やコンテストなどでデザイナーの力をアピールする力も必要でしょう。

また、自分に合った職場が見つからない場合には、就活・転職エージェントを利用することで自分に合った職場をより早く見つけることができます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda