体育会系でスポーツに打ち込んでいる人には、スポーツトレーナーになりたい人も多いでしょう。スポーツトレーナーは、好きなスポーツを裏から支えられるやりがいのある仕事です。

今ではスポーツジムも増えて、事務でもスポーツトレーナーとして活躍の場があります。

ここでは、スポーツトレーナーの仕事内容、スポーツトレーナーになる方法、年収や勤務体系などをご紹介します。ここで詳しく学ぶことで、夢を夢で終わらせないように、就職・転職活動に踏み出せます。

スポーツトレーナーの仕事内容

一般的には、スポーツトレーナーといえば、サッカーや野球などプロスポーツで、選手が最高のパフォーマンスをできるように、最高のコンディションに作り上げていくサポートをする仕事のことをさします。

日常のトレーニングの指導はもちろん、ケガや故障の予防のための生活管理をすることもあるでしょう。ケガや故障をしてしまった場合には、応急措置、リハビリも仕事になります。

担当分野、または専門分野によって、スポーツトレーナーでも様々な専門性を発揮するトレーナーもいます。スポーツトレーナーを大きく分けると、「メディカルトレーナー」、「アスレティックトレーナー」、「フィジカルトレーナー」になるでしょう。

スポーツトレーナーは、プロスポーツ界で裏方として活躍するだけでなく、スポーツジムやリハビリ施設で働くトレーナーいます。

スポーツトレーナーとして働く人の多くは、プロスポーツチームに所属するチームスポーツトレーナーが大半です、また、大手のスポーツジムやリハビリ施設などで、会社員としてスポーツトレーナーをしている人もいます。

キャリアを積んだスポーツトレーナーの中には、フリーランスで働く人もおり、プロスポーツ選手個人と契約を結んだり、必要とされるときだけジムなどで働いたりする人もいます。

スポーツトレーナーになるための方法

スポーツトレーナーになるのには、特別な資格は必要ありません。しかし、スポーツトレーナーの需要はそう高くはないので、それなりのスキルや資格を客観的に示せるほうが有利になります。

スポーツトレーナーになるために必要な学歴・資格

資格などは必要がありませんが、医学的な体の構造や機能、トレーニング理論などの深い知識が必要です。スポーツトレーナーは人気がある職業になりつつあるため、トレーナーを目指す体育系・医療系の専門学校や体育系の大学で学ぶのが一般的です。

スポーツトレーナーになるのにあると有利な資格としては、日本体育協会や「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)の「アスレティックトレーナー」の資格などがあげられるでしょう。

また、医者に代わって「代替治療」ができる資格からスポーツトレーナーを目指す方法もあります。

柔道整復師や鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師、理学療法士などの国家資格を取得すれば、スポーツトレーナーとしても活躍できるでしょう。国家資格は、専門学校などに通学して資格取得を目指すのが一般的です。

また、スポーツトレーナーの分野は、アメリカなど海外のほうが進んでいるため、最近ではスポーツトレーナーを目指して海外留学する人もいます。海外で取得した資格や海外でのキャリアを活かして、スポーツトレーナーとして活動するのもよいでしょう。

また、自分に合った職場が見つからない場合には、就職・転職エージェントを利用することで自分に合った職場をより早く見つけることができます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda