シェイカーを使いこなし格好よくお酒を提供するイメージのあるバーテンダーですが、どんな仕事内容なのかわからない方も少なくありません。

この記事ではバーテンダーの仕事内容となるための方法について解説します。

バーテンダーの仕事内容・役割・種類

お酒をつくる事がバーテンダーの仕事

バーテンダーの仕事は基本的にはお酒をつくってお客へ提供することです。しかしただお酒をつくるといっても中途半端な知識では営業することができません。

お酒には色々な種類があり、また同じ系統のお酒でも物によって全く味が違ってきます。様々に種類があるお酒を、お客さんが求める最もおいしい飲み方で提供するのがバーテンダーの仕事です。

カクテルには何千もの種類があり、日々の勉強を怠ることはできません。また営業中はレシピ通りのお酒をつくるだけでなくお客さんの要望によってオリジナルカクテルをつくる必要もあるでしょう。

ただお酒が好きという気持ちだけでなく膨大な経験がモノを言う職業です。

料理をつくる事もバーテンダーには必要

バーテンダーはお酒のおつまみをお客さんへ提供することも欠かせません。

バーに来店するお客さんは舌の肥えた人が多いため、お酒の味はもちろん料理の味がおいしいこともバーを経営する上で必須条件です。

また最近ではバーといってもコンセプトを持って営業する店も多いため。お酒だけでなく料理の勉強もしなければなりません。

お客さんと会話をするのもバーテンダーの大事な仕事

ドラマや映画などで見るバーテンダーは大抵無口で必要最低限の会話しかしないイメージがあります。しかし実際にはそういったバーは少なく、お客さんと会話をすることが日常となるでしょう。

足を運んでくれるお客さんも「バーテンダーと話がしたい」と思っている人も多いため、リピーター獲得のためにもお客さんとのコミュニケーションは欠かせないものです。

しかし、人によっては「一人になりたい」「ゆっくりお酒を楽しみたい」とあまり話をしたくない人もいます。

話したくない人にわざわざ話しかけてしまっては逆効果となるため、お客さんの雰囲気から人柄や性格を敏感に察知して一人一人に合わせた接客が求められます。

バーテンダーになるための方法

バーテンダーになるために必要な学歴・資格

バーテンダーになるために必要な学歴はありませんが、バーは飲食店であるため開業のために保健所から食品衛生法に基づいた営業許可と食品衛生責任者の資格が必要となります。

食品衛生責任者というのは調理師免許や栄養士、製菓衛生師などの資格を持っている人のことをさしますが、開業のための資格は保健所で行われている講習会を受講するだけでも取得可能です。

はじめは他の店で働いて下積みを行う

バーテンダーを目指す人には、独立開業をして自分の店を持つことを夢見ている人が多いです。

しかし独立開業を行うにもバーのノウハウが無ければ成功させるのは難しいため、はじめは他の店で働いて下積みを行うことがほとんどでしょう。

お酒の種類やつくり方、調理に関する知識はもちろんのこと経営する上での経理や税金に関する知識など、学ぶべきことは沢山あります。

自分の職場の給料が不当なほど低い人もいます。給料について不満を抱えながらお年玉をあげるばあい、気持ちよく渡せないことも少なくないでしょう。転職エージェントを利用することで、より早く自分に合った職場を見つけることができます。

下済みとして働く職場が見つからない場合、転職・就職エージェントを利用することで、より早く希望の職場を見つけることができます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda