ソーシャルワーカー社会人生活を送るなかで、人々が抱える問題や不安に寄り添いながら解決したり、アドバイスをしたりする仕事に従事するのがソーシャルワーカーです。

「人を助ける仕事をしたい」「困っている人の力になりたい」と考えている人のなかには、ソーシャルワーカーという仕事に興味を持つ人もいる人もすく。

この記事では主に以下の3点について説明していきます。

・ソーシャルワーカーはどのような仕事をするのか
・ソーシャルワーカーになるにはどうすればよいのか
・ソーシャルワーカーの年収や勤務体系

ソーシャルワーカーの基本情報

ソーシャルワーカーは、生活に困っている人のことを助ける仕事をしています。

例えば、病気やけがで金銭的・精神的に悩んでいる人は、個人では問題をスムーズに解決することが難しい場合があるでしょう。

生活が上手くいかずに困っている人に対して問題を解決する方法を示したり、今後の生活についてアドバイスしたりと、不安を解消するためのサポートをするのがソーシャルワーカーの仕事です。

また、悩みを持つ人は医療の現場だけとは限りません。

学校において子供が持つ家庭環境や学校生活の悩みに寄り添ったり、地域社会で生活保護に関わる問題に従事したりと、ソーシャルワーカーはさまざまな分野で、一人ひとりにあった問題解決・アドバイスを行っています。

ソーシャルワーカーはとても幅広い分野で活躍していますが、医療の現場で問題解決にあたっている人を医療ソーシャルワーカー、学校の現場で支援している人をスクールソーシャルワーカーと、細かく名前を付けて区別されることもあります。

また、以下の記事では「人の役に立つ仕事がしたい」と思っている方に向けてた情報を解説しています。気になる方はこの記事と合わせて是非ご覧ください。

保健師とは 仕事内容や資格の取り方、年収や勤務時間などを解説
セラピストとは 仕事内容や年収 勤務体系などを詳しく解説
臨床心理士の仕事内容となるための方法 平均年収と勤務体系の解説
人のためになる仕事とは何か 人のためになる仕事と探し方を解説

ソーシャルワーカーになるための資格はない

人々の悩みに寄り添いながら解決に向けたアドバイスを行うこと自体は特に資格は必要とされていません、誰でもやろうと思えばソーシャルワーカーの仕事をすることはできます。

ただし、国家資格である「社会福祉士」を名乗るためには試験に合格し、資格を取得することが必要です。

社会福祉士の資格は、ソーシャルワーカーの仕事をする上での必要な知識を兼ね備えているという一種の証です。相談する人にとっては安心にもつながるでしょう。

また、会社でソーシャルワーカーとして働く際には資格の有無が問われる場合もあります。

ソーシャルワーカーになるために必要な学歴・資格

前述のように、ソーシャルワーカーとして働くことは誰にでもできますが、ソーシャルワーカーを目指す場合は、社会福祉士の資格取得を目指すのが一般的でしょう。

ただし、社会福祉士の試験を受けるためには条件があります。受験資格を満たすためのルートは複数存在しますが、ここでは代表的なものについて紹介します。

社会福祉士の試験を受けるための代表的な条件
・4年制の福祉系大学で指定科目を履修し卒業する
・福祉系短大で指定科目を履修し卒業後、3年制短大の場合は1年、2年制短大の場合は2年の実務経験を積む。
・一般の4年制大学を卒業後、一般養成施設で1年以上学ぶ。
・一般の短大を卒業後、3年制短大の場合は1年、2年制短大の場合は2年の実務経験を積んでから、一般養成施設で1年以上学ぶ。
・特に大学を卒業することなく実務経験を4年積み、一般養成施設で1年以上学ぶ。

ソーシャルワーカーの年収は平均340万円前後

ソーシャルワーカーの年収は、公務員として働いたり、民間の会社で働いたりと働く場所によって大きく変わってくるため、一概にはいえません。

しかし厚生労働省発表の平成28年賃金構造基本統計調査では、医療・福祉業に携わる人の年収は、男性で343.4千円、女性は254.4千円と紹介されています。

また、年代別の平均年収は以下の通りです。

男性ソーシャルワーカーの年代別の平均年収
20代男性は211.6千円~249.4千円
30代男性は283.2千円~314.4千円
40代男性は371.7千円~418.5千円
50代男性は470.7千円~479.3千円
女性ソーシャルワーカーの年代別の平均年収
20代女性は208.5千円~233.4千円
30代女性は247.9千円~262.4千円
40代女性は271.3千円~272.2千円
50代女性は274.4千円~274.6千円

参考:厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

ソーシャルワーカーの勤務体系と休日

ソーシャルワーカーの勤務体系や休日などは、職場によって大きく変わりますが、基本的には一般的な会社勤めの人と同様に、朝から夕方までが勤務時間となることが多いでしょう。

夜遅くまでソーシャルワーカーとしての仕事を提供しているような職場では、必然的にサービスに合わせた勤務時間となったり、複数人でシフトを組んだりして対応することとなります。

休日についても同じことがいえ、土日休みに固定される場合もあるでしょうし、不定期で週に2日となることもあり得ます。

ソーシャルワーカーが活躍している有名な団体

公益社団法人日本医療社会福祉協会

日本医療社会福祉協会は、医療ソーシャルワーカーや医療社会事業の普及・発展を支援する人々によって組織された団体で、会員数は2014年9月時点で5,044名を誇る公益社団法人です。

日本医療社会福祉協会ホームページ

特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会

日本ソーシャルワーカー協会は、これからの社会福祉をより良くしていくことを目的とした特定非営利活動法人(NPO法人)です。社会福祉に関心があれば誰でも参加することができ、主な活動内容にはセミナーや養成講座、研究会などがあります。

日本ソーシャルワーカー協会

一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟(JASWE)

日本ソーシャルワーク教育学校連盟は、全国のソーシャルワーク教育学校で組織されている一般社団法人です。2017年4月に「日本社会福祉士養成校協会」「日本精神保健福祉士養成校協会」「日本社会福祉教育学校連盟」の三団体が合併し、この名前となりました。

目的は福祉の増進に貢献することで、ソーシャルワーク教育の内容充実やソーシャルワーク・社会福祉に関する研究と知識の普及などに取り組んでいます。

日本ソーシャルワーク教育学校連盟 ホームページ

ソーシャルワーカーになりたいけれど、もしくは一度ソーシャルワーカーとして働いたけれども、よい職場が見つからない場合、転職エージェントを利用することでより早く自分に合った職場を見つけることができます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

ソーシャルワーカーについてのまとめ

  • ソーシャルワーカーは、社会生活を送るうえで問題を抱えている人のサポート・アドバイスを行う仕事をする人のことで、医療の現場・教育の現場など様々な分野で活躍しています。
  • ソーシャルワーカーとして働くことは誰にでもできるのですが、社会福祉士を名乗って仕事をするには国家資格である社会福祉士試験に合格し資格を取得する必要があります。
  • どのような職場でソーシャルワーカーとして働くかによって年収は変わってきますが、医療・福祉業に携わる人の年収は、男性で350万円前後、女性で250万円前後とされています。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda