昔は圧倒的に男性が多かった鍼灸師(しんきゅうし)ですが、最近では女性で鍼灸師を仕事にしたいと思う人が増えています。

女性には明確なライフサイクルがあり、その時期に応じたケアが必要で、その点については男性より同じ女性の方がよく分かる、ということで、女性で鍼灸師を目指す人が多くなっています。

今回の記事では鍼灸師について以下のような点を解説いたします。

・鍼灸師の仕事
・鍼灸師になるためには
・鍼灸師の勤務体系

鍼灸師の基本情報

鍼灸師の仕事内容

鍼灸師とは、はり師、きゅう師の両方の資格を持っている人のことをさし、どちらも国家資格です。

鍼灸師は身体に鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて刺激を与え、疾病の治療や健康増進の手助けをします。

鍼灸師の役割

鍼灸師は東洋医学の考えに基づいて、鍼や灸を使い、人々の身体を健康へと導くのが仕事です。

東洋医学の大きな特徴は薬や外科的な処置は使わず、人間が元々備えている「自然治癒力」を高め、症状を緩和していく考え方です。

鍼灸治療では薬は使わないため、副作用の心配がなく、子どもから高齢者まで、幅広い年代の人が安心して治療を受けることができるでしょう。

鍼灸師の役割は、人々が病気になる前にそのリスクを減らし、健康な身体を維持する「予防医学」を推進することです。

鍼灸師の種類「はり師」と「きゅう師」の違い

鍼灸師とは「はり師」と「きゅう師」の両方の国家資格を取得している人のことです。はり師ときゅう師、どちらもできる人が多いですが、はり師ときゅう師の仕事内容には、はっきりとした違いがあります。

はり師ときゅう師の違いは以下の通りです。

はり師
患者の症状に合わせて、適切なツボに金属の鍼(はり)を刺して、刺激を与えます。刺激を与えることで血流のバランスなどを整え、時には鍼に電流を流すこともあります。
きゅう師
はり師と同様、ツボに刺激を与える方法を使いますが、鍼ではなく、もぐさを燃焼させることによって、温熱刺激を与えます。

鍼灸師になるためには国家試験を取得しなければならない

鍼灸師として仕事をするには「はり師」や「きゅう師」の国家資格を取得する必要があります。国家資格を取得するために受験資格を獲得しなければならないでしょう。

養成施設である鍼灸大学や専門学校で3年以上専門課程を修了することで受験資格が得られます

鍼灸大学は4年制、専門学校は3年制で、「はり師」と「きゅう師」の両方の勉強が同時に学べます。ほとんどの学生は全ての課程を修了後、「はり師」と「きゅう師」の両方の資格の受験をします。

資格を取得したら、鍼灸師として名乗ることができ、鍼灸院などを中心に現場で訓練を積んでいきます。

最近の鍼灸師にはスポーツ選手を支えるスポーツトレーナーとして、鍼灸療とトレーニングを組み合わせた事業など、医療福祉系以外にスポーツ健康系の会社で働いている人も多いでしょう。

資格を手にしても自分に合った職場を探すことは簡単ではありません、転職エージェントを利用することでより早く自分に合った職場を見つけることができます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

鍼灸師の年収は30代で平均350万

鍼灸師として勤務している30代の人の平均年収は350万ほどです。

月収は18万〜25万円ほどであまり高い収入があるとはいえません。しかし、経験を積んで昇格し、自分で開業して収入を高める方法はあります。固定給の正社員勤務が多いですが、中には歩合制というところもあります。

自分で開業しなくても、鍼灸院の院長になる方法があります。チェーン展開している鍼灸院の院長であれば、責任も重くなりますが、ある程度の固定給と役職手当がつくため、月給で50万円以上も可能だといわれています。

参考:Career Garden 鍼灸師の仕事

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

鍼灸師の勤務体系には二種類ある

町にある鍼灸院に勤めるか、独立開業して自分のお店を持っているかによって勤務体系は異なります。

鍼灸院に勤めている場合、日中のフルタイムでの勤務がほとんどです。8時半ごろ出社し、店舗の掃除やシーツ、道具の準備を行い、開店に備えます。

9時ごろから診療が始まるところが多く、お昼までは診療が続きます。午後も14時くらいから診療をしたり、夕方に訪問診療したりと慌ただしく時間が過ぎていきます。

訪問診療から帰ったら18時、19時ごろであるため、1日のカルテを書き、道具を片付けて、1日の勤務が終了します。間の休みは2時間程度ありますが、朝が早く、夜が遅いため拘束時間は長いでしょう。

休日は店舗によっても異なりますが、サービス業なので土日も空いているところが多いです。

鍼灸師が活躍していることで有名な企業

株式会社MJG(メディカルジャパングループ)

東京都立川に本拠を構える整骨院グループで、関東を中心に50店舗以上を展開している大手企業です。

整骨院だけでなく、鍼灸院も展開しており、鍼灸師を募集しています。

治療技術とともに鍼灸師に必要な人間力、コミュニケーション力なども実践を通して鍛えることができ、将来的には鍼灸院の院長として活躍できる人材の育成にも力を入れています。

株式会社MJG ホームページ

あいらぼ整骨院

あいらぼ整骨院の特徴はスポーツクラブに併設された接骨院で、整骨院、鍼灸整骨院、鍼灸院、リラクゼーションサロン、マッサージなど手広く事業を展開している会社です。

運動に興味がある人や、長く運動を続けたい人にとって身体は資本です。スポーツクラブに行った後、接骨院や鍼灸院を利用できるサービスを行っています。

従業員は若手が多く、それぞれ専門職で活躍しているでしょう。雇用形態は正社員、パート、アルバイトなどがありますが、義本的には業務委託という形を取っています。土日も開店しているため、休みはシフト制です。

あいらぼ整骨院 ホームページ

治療院Qinowa(キノワ)

女性のための治療院として活動している会社です。完全個室でオイルマッサージと鍼灸治療を融合した新しいスタイルでお客様の心身の健康促進を手助けしています。

美容にも鍼灸にも興味のある人は就職先としてぴったりです。正社員で採用され、月給は最低24万円程度が保証されています。完全個室での施述であるため、自分の技術をしっかりと発揮できる環境が備わっています。

研修制度もあり、仲間たちと切磋琢磨しながら信頼される鍼灸師へと成長できます。

治療院Qinowa(キノワ)ホームページ

鍼灸師についてのまとめ

  • 鍼灸師は「はり師」と「きゅう師」の両方の資格を持った人のことを指す
  • 鍼灸師は東洋医学の考えに基づいて、薬ではなく自然治癒力を高めるものとして施術される
  • 鍼灸師になるには、妖精期間(鍼灸大学や専門学校)で3年以上の鍼灸課程を修了し、国家試験に合格しなければならない
  • 鍼灸師として働く先は鍼灸院や整骨院、スポーツセンター、美容機関などがある
  • 鍼灸院や整骨院などは土日も開店しているところが多いため、多くはシフト制の勤務である

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda