海外の文書を翻訳する翻訳家という職業があります。翻訳家の仕事とはどのようなものか、翻訳家になるにはどうしたらいいのか、翻訳家の収入はどのくらいかなどが疑問点としてあげられます。この記事では、翻訳家の仕事内容、翻訳家になる方法、翻訳家の収入などについて解説していきます。

翻訳家の仕事内容と種類

翻訳家には、実務翻訳、出版翻訳、映像翻訳の3つの分野があります。それぞれに英日翻訳、日英翻訳、またその他の言語の翻訳もあります。

実務翻訳 ビジネスの場面での翻訳業務

実務翻訳は、ビジネスの分野で必要とされる文書を翻訳する仕事です。産業翻訳と呼ばれることもあります。

企業のホームページ、各種マニュアル、契約書、マーケティング文書、ニュースサイト、医療文書、アプリなどさまざまな文書等が対象になります。

それぞれの分野の専門知識が必要であり、主に金融経済分野、IT・技術分野、法務・契約書分野、メディカル分野などがあります。

実務翻訳では、基本的な翻訳の知識に加えてリサーチ力が必要になります。ネットや書籍などで該当する分野の知識を身につけておくことも必要なことです。

出版翻訳 書籍での翻訳業務

出版翻訳では、海外の書籍を日本語に翻訳して出版します。主にノンフィクション、フィクション、児童文芸などの分野があります。さらに細かく分けるとミステリー、ロマンス、ビジネス書、自己啓発書、絵本、ヤングアダルトなどの分野があります。

出版翻訳家として仕事を受注するには、コンテストや持ち込みなどでの売り込みが必要になります。翻訳家が受注した場合には、原書を一定期間預かり在宅で翻訳を行うのです。共訳や監修とするケースもありますが、翻訳の作業自体は基本的に一人で行います。

出版翻訳では、作品のテーマをきちんと把握して原作にあった日本語で表現する必要があります。英語自体の解釈力に加えて、日本語での表現力も必要とされます。実力をつけるために時間がかかる分野になりますが、自分の翻訳した本が書店に並ぶことは、なにものにも代え難い喜びを得られるのです。

映像翻訳 映画などの翻訳業務

映画の吹き替えや字幕を作成するのが、映像翻訳の仕事です。海外の映画は、主に日本語版制作会社で字幕や吹き替えを付けますので、翻訳者はこの会社から仕事を受けることになります。

翻訳家は、英文の台本と映画の動画を見ながら、字幕や吹き替えを付けていきます。

字幕の翻訳で独特なことは、映画では視聴者がパット見で分かるように、文字数を短くする必要があるということです。

字幕に表示する日本語が長すぎると視聴者が直ぐに内容を理解できないので、文字数を短くするなど映像翻訳独特のテクニックがあるのです。

日英翻訳、その他言語の翻訳

これまで英語を日本語に翻訳する英日翻訳をメインに説明してきましたが、日英翻訳の仕事もあります。

日本語から英語に翻訳する仕事ですが結構ニーズがあります。英語ネイティブの人だけではく、英語が得意な日本人で日英翻訳をしている人もいるのです。英日翻訳に比べて、単価が少し高くなりますので、日英翻訳が可能な方はこの技術を磨いてもいいかもしれません。

また、翻訳は英語だけではありません。従来からのフランス語やイタリア語、ドイツ語、スペイン語などに加え、最近はアジア言語のニーズが高まっています。中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語などアジア言語翻訳の仕事も増えているのです。

翻訳家になるには

翻訳家になるために、特別な学歴や資格は必要ありませんが、基礎となる一定レベルの外国語の語学力が必要です。

翻訳家になりたいと思う人は、海外在住経験のある人や留学経験のある人や日常外語語を使用している人が多いのです。

それから英文科を卒業したとか外国語系の大学出身である人もいます。翻訳家には、主に実務翻訳家、出版翻訳家、映像翻訳家に分かれています。

それぞれなり方は少しずつ違いますが、実務翻訳と出版翻訳など2つの分野の仕事をしている人もいます。

翻訳スクールを利用

翻訳家を目指す人には、翻訳専門のスクールを利用する人もいます。翻訳の仕事をするには、英語力だけでなく、翻訳独特の表現に関するテクニックもありますので、このようなスクールで一定期間勉強することが安定して仕事を獲得する近道です。

実務翻訳家になる方法

実務翻訳の仕事は、翻訳会社から仕事を受注することになりますので、翻訳会社に登録されることが必要です。

翻訳会社でと登録されるためには、「トライアル」を受けて合格することが必要です。実務翻訳には、様々な分野がありますので、自分の得意とする分野のトライアルに応募して仕事を獲得する必要があります。

出版翻訳家になる方法

出版翻訳は、人気が高い分野なので、実際に仕事が回ってくるまでは、時間がかかることがあります。

仕事を得る方法としては、翻訳のコンテストに応募して上位入賞する、企画を作成して出版社に持ち込みをする、有名な翻訳の師匠について下訳をすることで勉強して共著や監修を受ける形でデビューするなど様々な方法があります。

掘り出し物の原書を見つけ、リーディングを書き、企画サイトに応募するなどの方法もあるのです。出版数が比較的多いノンフィクションやロマンスなどは、狙いめの分野といえます。

映像翻訳家になる方法

映像翻訳家になるには、制作会社に就職し、翻訳チェッカーや制作業務に係わりながら経験を積んだり、日本語版制作会社のトライアルに合格などの方法があります。

映像翻訳は、あまり求人数が多くありませんので、翻訳スクールなどで映像翻訳特有のルールを学びや人脈を作っておくことも有効です。

その他の方法

その他の方法としては、翻訳雑誌や各種翻訳関係組織が主催する翻訳コンテストに応募して、上位入賞するケースや「JTF ほんやく検定」を受け、上位の級(1級、2級、3級)に合格する方法もあります。また、サン・フレア アカデミーが実施する「翻訳実務検定(TQE)」に合格する方法もあります。

翻訳家の収入

翻訳家の平均年収

一般的な翻訳家はフリーランスです。一部翻訳会社などに所属し、翻訳の仕事や翻訳チェッカーや翻訳コーディネーターの仕事をする人もいますが、多くの方はフリーランスになります。

では、平均年収はどのくらいでしょうか。通訳者・翻訳家の平均年収は次のとおりです。

 通訳者・翻訳家の平均年収:441万円 

平均年収はこのようですが、翻訳家はフリーランスですので頑張った分だけ収入が増える職業です。

あまり時間が取れない方は、収入が少なくなってしまうかもしれませんが、頑張れば年収1000万近くになることもあります。

また印税方式で出版翻訳の仕事を受けることが出来て、翻訳した本がベストセラー本になれば、大きな収入を得られるのです。

出典:転職会議 年収まとめ「通訳・翻訳」

その他の業種の年収について要りたい方は、こちらが参考になります。

dodaへ

翻訳単価など

実務翻訳の場合、翻訳単価は、文字数で算出されます。原文計算で、英語1ワードあたり7~15円程度です。

訳文計算の場合、日本語の仕上がり原稿1枚(約400字)あたり1,000~3,500円程度になります。出版翻訳の場合は、印税方式または買取方式となります。印税方式の場合は、書籍定価の4~8%を部数でかけた金額、買取方式の場合は、数十万円以上です。

勤務体系と休日 翻訳家の勤務体系はフリーランス

翻訳家はフリーランスですので、勤務時間や休日は基本的に自由です。しかし翻訳家の多くは、一日の仕事時間を決めておいて、なるべく規則正しく仕事をするように心がけているようです。

翻訳家のタイプによって朝方の人や夜型の人など、さまざまです。

主な職場

基本的に翻訳家はフリーランスであり、幾つかの翻訳会社に登録しているケースがほとんどです。
一部の翻訳家は、翻訳会社に就職し、社内翻訳家または翻訳チェッカー、翻訳コーディネーターとして働いている人もいます。

翻訳家のまとめ

ここまで翻訳家について説明を行ってきました。

・翻訳家の仕事は、主に実務翻訳、出版翻訳、映像翻訳の3つ
・翻訳家になる主な方法は、スクールなどで勉強した後、トライアルを受ける
・翻訳家の収入は、フリーランスなので頑張り次第で高い人もいる
・翻訳家の勤務は、基本フリーランスなので自由

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda