臨床心理士臨床心理士は未だ国家資格ではありませんが、それでも人気のある資格であり、職業でもあります。

人の心を癒す仕事をして、人の役に立ちたいと思う人たちが臨床心理士を目指すケースは少なくありません。実際には外から見えている癒すことだけが仕事だけというわけではないようです。

今回は臨床心理士について解説いたします。

・臨床心理士の仕事
・臨床心理士になるためには
・臨床心理士の勤務体系

臨床心理士の仕事

臨床心理士の仕事内容

日本臨床心理士資格認定協会によると、臨床心理士は心の問題に取り組む心理専門職の証となる資格です。

臨床心理士は臨床心理学に基づく知識や技術を用いて、相手のこころの問題に取り組み、アプローチして解決するのが仕事です。

臨床心理士は医師や教師とは異なりますが、臨床心理士に求められる専門行為があります。

様々な種類の心理テスト等と用いての心理査定技法や面接査定をできること、面接援助技法を用いて、的確な対応、処置方法を導き出し、実施することなどです。

臨床心理士の役割

臨床心理士の一番の役割は「心の問題を抱えた人たちに対して、臨床心理学的な技法を用いて、問題解決のためにアプローチ、サポートすること」です。

臨床心理士は心理検査や面接を行い、クライアントが抱える心の悩みを引き出し、心理カウンセリングや様々な療法を用いて一人一人にあった支援を行います。

昔に比べ、心に病を抱える人も増えてきているため、臨床心理士に求められる役割も拡大しており、様々な場面で活躍できる可能性を秘めているでしょう。

例えば、医療現場において、医師ではできない患者に寄り添うコーディネーター、天災による被災地の人々のメンタルケア、学校で起こる様々な問題に対して、生徒の話を聞き解決するスクールカウンセラーなどです。

社会が複雑化し、人々の繋がりが希薄になってきた世の中で、心に問題を抱える人は以前に比べてかなり増えました。このようなことから、今後、臨床心理士に求められる役割は広がっていくと考えられます。

臨床心理士の種類

臨床心理士と混同されやすい職業がいくつかあります。
●心療内科医、精神科医との違い

心療内科医も精神科医も心の病を判断し、医師として病気を治すという観点で薬を使うことができます。

一方、臨床心理士は薬を処方することはできません。クライアント自身の力で精神状態を回復できるように援助、支援します。

悩みや相談に解決策を提示するのではなく、クライアントと臨床心理士が何度もカウンセリングを行うことで、クライアント自身が自分の行動や癖を見つけ出し、自ら改善する方向へと導きます。

●心理カウンセラーとの違い

大きな違いは資格を持っているかどうかです。臨床心理士は大学院を出て、国家資格並みの難関を突破した人だけに与えられる資格です。

一方心理カウンセラーはスクール養成所に通ったり、本を読んだり、と誰もが心理カウンセラーを名乗ることができます。

臨床心理士の資格を持っていても、臨床心理士を名乗らない人もいます。

働く場所によって、「スクールカウンセラー」や「相談員」の名前の方が適しているためです。臨床心理士を名乗っていなくても資格を持っていて、しっかりとした実績のある人は信頼されます。

また以下では人の役に立つ仕事に関連する情報を解説しています。

人のためになる仕事とは何か 人のためになる仕事と探し方を解説
セラピストとは 仕事内容や年収 勤務体系などを詳しく解説

臨床心理士になるには資格が必要

現在、臨床心理士は国家資格ではありませんが、難関の資格です。臨床心理士の資格を持っていることが条件で就職できる先も多いです。

臨床心理士の資格を取得するためには、受験して合格する必要があります。受験資格は4年生大学を卒業後、指定の大学院を修了していなければなりません。

指定の大学院にも2種類あり、第1種指定大学院の場合、その課程を修了すれば臨床心理士試験を受験できますが、第2種指定大学院の場合は、課程を修了しても実務経験が1年以上必要です。

または医師免許を持っていれば、心理臨床経験2年以上で受験することができます。

臨床心理士の平均年収は378万円

カウンセラーや臨床心理士の年収の平均は378万円です。年代別に見て見ると20代は295〜440万円、30代は300万円、40代は356万円です。

年齢が上がって経験を積めば年収が上がるのが一般的ですが、臨床心理士に関しては異なります。

臨床心理士の仕事はクライアントの精神的自立を支援するという大切なものですが、給与や報酬は少ないのが現状です。せっかく臨床心理士の資格を取得しても、なかなか収入に結びつかないのが難しいところです。

実際、決まった場所に就職している場合はそれでも毎月給与が発生しますが、病院やクリニックなどで非常勤の場合、出勤したときのみの報酬になるため、年収が少なくなる傾向もあるでしょう。

現在の臨床心理士の多くは非常勤の勤務が多く、心理士として1本で生計を立てるのは困難だといわれています。

参考:転職会議

その他の業種の年収について要りたい方は、こちらが参考になります。

dodaへ

臨床心理士の勤務体系は2通りある

年収のところでも記述したとおり、臨床心理士として、どこかの団体に所属、就職するか、フリーランスとして非常勤でいくつかの場所に勤務するか、この2つが一般的な仕事のスタイルです。

一般企業でカウンセラー的な役割で常勤している人は、通常の一般企業の勤務時間と同じなので、1日7〜8時間で土日が休みです。

一方、病院やクリニック勤務の場合は土日も関係ないので、シフト制の勤務だったり、非常勤で週に2〜3回だったりとまちまちでしょう。

スクールカウンセラーの場合も常勤ではないため、いくつかの学校を掛け持ちして勤務しているケースもあります。

臨床心理士が活躍している有名な企業

臨床心理士が活躍できる分野は主に3つです。医療や保健領域、福祉領域、教育領域です。それぞれについての就職先をみていきます。

東京都立中部総合精神保健福祉センター

都民の精神的健康の保持増進や精神障がい者の自立、社会参加の促進のために援助する期間です。

都内には多摩市と台東区にも同じような施設があります。世田谷区になる中部総合精神保健センターでは主に東京都内23区西部を管轄しています。

東京都立中部総合精神保健福祉センター ホームページ

東京都児童相談センター・児童相談所

児童相談所とは児童福祉法に基づいて設置された子どもの成長を手助けし、子どもに関わる問題を解決していく場所です。

児童相談センターは児童相談所を取りまとめる中央児童相談所としての役割を持っています。ソーシャルワーカーや児童心理司、医師、そして臨床心理士などの専門スタッフが中心となり相談やサービスを行います。

東京都児童相談センター・児童相談所 ホームページ

東京都教育相談センター

都民からの相談を受け、学校への支援を行なっている期間です。相談ごとで多いのがいじめ問題です。また、非行の少年少女の生活態度を改めるためにリスタート相談会なども行なっています。学校へはスクールカウンセラーやアドバイザーの派遣をおこなっています。臨床心理士は教育相談センターでも働けますし、学校等への赴任も可能です。

東京都教育相談センター ホームページ

臨床心理士についてのまとめ

  • 臨床心理士は臨床心理学に基づく知識や技術を用いて、相手のこころの問題に取り組み、アプローチして解決するのが仕事
  • 臨床心理士の一番の役割は「心の問題を抱えた人たちに対して、臨床心理学的な技法を用いて、問題解決のためにアプローチ、サポートすること」
  • 臨床心理士は心療内科医、精神科医や心理カウンセラーと間違えられることがよくあるが、仕事としてできる範囲が異なる
  • 臨床心理士になるには指定の大学院を修了することが条件(医師免許を持っている場合は除く)
  • 臨床心理士の正社員雇用は少ないため、年収は比較的低め

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda