「石の上にも3年」という言葉があるのはわかっていても、入社2年目は転職をしたくなる時期だといわれています。

仕事のことも社会のこともわかってきた時期で、1年目よりも転職したい理由がはっきりしてくることでしょう。ここでは、入社2年目の転職のメリット、デメリットや採用企業側が考えるメリット、デメリット、転職前に試せることや働きながらの転職活動についてご紹介します。

転職活動の意志固めの参考にして、まずは気分をスッキリさせて前に進めます。

転職したくなる入社2年目

仕事にも慣れ、会社のことがわかってくる時期が、入社して2年目だと言われています。だから、転職したくなってしまうのです。

入社2年目で転職した人の数がわかる正式な調査はありませんが、以下の3年以内に離職率が参考になるでしょう。

厚生労働省が行った「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」では、新規大卒就職者の就職後3年以内離職率は、32.2%と発表されています。

前年比では、0.3ポイントのアップがみられる結果でした。3,4人に1人が、入社3年以内の辞めているということは、2年目で転職する人も少なくはないといえるでしょう。

入社2年目で転職するメリット

新卒で入社したなら、第二新卒扱いでの転職が可能です。第二新卒は、一般的には新卒で入社して3年未満の求職者のことをさします。

第二新卒歓迎と謳う求人もありますし、第二新卒に特化した転職サイトや転職エージェントもあります。
ある程度の社会人経験はあるので、新卒とは区別されています。

デメリットは?

入社2年目の転職では、中途採用の求人に興味があるものを見つけても、経験不足と判断される可能性が高くなります。

また、最初から会社そのものを理解したり、業務も最初から覚えなければいけなかったりと、やり直し感が強いでしょう。

採用側が考えるメリット

では、採用する企業から見て、第二新卒のどこが魅力的なのでしょうか?

第二新卒は、まだ社会人経験としてはそうながくないので、新しい環境に馴染みやすいとさえています。

また、社会人としてのマナーなどの基礎はできているので、新入社員教育もそれほど手間も時間もかからないと、採用側は考えています。

デメリットは?

しかし、採用する企業は、第二新卒でも40代の人でも、定着してくれるかどうかを気にします。

第二新卒では退職理由によっては、一度転職を経験して退職に抵抗がなくたっているので、また辞める可能性もあると考えられてしまうこともあるでしょう。

社内異動で解決することもある

入社2年目は転職を考える時期ではあるものの、あせって、または気軽に転職するのは良い策とはいえません。

今の仕事が成長できるないような環境でない、仕事がつまらないと考えるなら、転職の前に仕事内容や環境を変えてみる努力をするのもいいでしょう。

社内異動を希望してみるのもひとつの方法です。
または、新しいスキルを身につけるため、将来の転職のために、通信教育や学校に通うのもいいでしょう。

入社2年目なら働きながら転職活動

安い給料や昇給がないことに悩んでいる、社風が合わないなどの場合には、働きながら転職活動をしてみるのもいいでしょう。

自分自身の市場価値を知るいい機会になります。
完全に仕事をやめて転職活動すると、それなりの資金も必要になるので、社会人2年目には厳しいでしょう。

働きながら転職活動するには、以下の2つがポイントになります。

情報収集と自己分析

第二新卒の転職活動は、新卒での就職活動とは違います。

ある程度の社会人経験を期待しています。ですから、転職先の業界研究、企業研究は念入りにしましょう。また、新卒で入社した企業とはミスマッチで転職することになったはずなので、研究しながら、自分がしたい仕事内容なのか、スキルをみにつけられるか、慎重に判断するべきです。

社会人としてのスキルを含む、自己分析も大切です。キャリアパスを面接ではっきり語れるようにしておかなければ、また転職するかもと思われてしまいます。
転職では、新卒の就職活動のように、期限はありません。ゆっくりと時間をかけて考えることができます。転職活動をする=転職するとは限らないので、焦らずに活動しましょう。

転職エージェントを使う

初めての転職で、職務履歴書などの書類作成から不安があるでしょう。また、仕事をしながらの転職活動では、モチベーションを保つのが困難な場合もあります。
そんな時には、転職エージェントを活用するのもひとつの方法です。

まずはキャリアアドバイザーとの面談で、転職の意志固めをすることもできます。また、内定から入社までのサポートをしてくれる転職エージェントもあるので、初めての転職でも有効に活用できるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

ブラック企業なら早めの判断を

働いてみたら、実はブラック企業だったということもあるでしょう。本当に体や心の健康にリスクがあると感じる時には、思い切って転職することも必要です。

仕事で体や心を壊しても、だれも責任をとってくれません。加えて、健康を損ねてからでは、転職活動も難しくなります。

あなたの勤める会社は大丈夫!?マナラボが教えるブラック企業診断

2年目の転職まとめ

入社2年目は、転職したくなる時期と言われてます。実際に、3,4人に1人の大卒新卒就職者が3年以内に離職しています。
入社2年目の転職のメリットは、第二新卒扱いになること、ある程度の社会人経験が評価されることです。デメリットは、また、社会人としては経験不足と評価されることが多い傾向です。また、新しい会社で一から

採用企業側のメリットは、新しい環境に馴染みやすいことと社会人としての基礎はできていることです。デメリットは、前職の退職理由によっては、転職癖を疑われることがあるでしょう。

転職したい理由によっては、社内の異動で解決することもあります。いきなり転職を試すのではなく、異動の打診をするのもいいでしょう。自分の市場価値を知るため、また転職活動には資金もひつようなため、働きながら転職活動をすることをおすすめします。その際には、情報収集と自己分析が必須、転職エージェントを使うのもひとつの方法でしょう。
ブラック企業で心身の健康を損なうおそれがあるなら、早めに退職を決意することも重要です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda