文化財や神社仏閣の建築や補修を行う「宮大工」という職業があります。宮大工は一体どんな仕事をしているのか、宮大工になるにはどうしたらいいか、宮大工の収入や勤務などが疑問になる点です。
この記事では、宮大工の仕事の内容や種類、宮大工になる方法、宮大工の収入や勤務体系・休日などについて解説していきます。日本の伝統を守り抜く、誇り高き職人である宮大工の実態について理解しましょう。

宮大工とは

宮大工とは、神社仏閣の建築を専門にする大工のことです。神社仏閣の建築では、一般の住宅建築とは違う「木組み」という技術が必要であり、専門的な技能が求められます。

「木組み」とは、釘を使わずに切り込みなどを施し、木材をはめ合わせていく伝統的な技術です。宮大工の技術は専門性が高く、一人前になるために10年以上の修業が必要と言われています。また、宮大工の中には、文化財保存技術者という大変高い評価を得ている人もいます。

宮大工という名前は、神社仏閣が「お宮さん」と呼ばれることから、このように名づけられたのです。

また、宮大工はかつて「渡り大工」とも言われていました。宮大工の中には職人として、全国各地の寺院や神社を渡り歩く人もいることからこのようにも言われました。

宮大工の仕事内容、種類

次に実際の宮大工の仕事の内容や種類について説明します。

神社や寺院の建築・修復

日本の神社仏閣の中には古くなった建物が多く存在します。宮大工は、これらの修繕や修復を手掛けています。

宮大工が手がけた建築は、日本の気候に合わせて作られていますが、長い年月が経つうちに修繕が必要になります。

特に有名な寺院、城、重要文化財などに指定されている建物の修復は、ごく一部の優秀な宮大工のみが可能な作業であり、このような実力を身につけるには相当な修行が必要になります。

木組み工法

宮大工は、木材のみをを使用して建物を建築する木組みと呼ばれる工法を活用します。

木組み工法では、金属などを使用せずに、木材同士をパズルのようにはめ込むことで木材を固定します。

この工法では、温度や湿度による木の変形、かかる力の強さや方向の変化などを考慮し、木材を選択したり加工する場所を変更したりする高度な技術が要求されるのです。

木工彫刻

宮大工は、建物の建築だけではなく、建物内の装飾まで行います。

神社や寺院の内部では、手の込んだ彫刻が多くあり、これらを宮大工が手がけています。

ノミなどを用いて特殊な装飾を施したりします。宮大工は、このように芸術的な側面もある仕事なのです。

宮大工になるには

宮大工になる方法についてご説明します。

工務店に就職

宮大工になるために、宮大工を募集している工務店に就職する方法があります。

求人はあまり多くありませんので、一般の工務店に就職してから基本的な大工の技術を修得し、社寺建築を手がける工務店に転職する人もいます。

どのように技術を修得していくかというと、現場の掃除や刃物研ぎなどの修業から始まり、「カンナがけ」、ノミで材木のかみ合わせを作る「きざみ」、材木を組む場所の目印をつける「番づけ」、材木に切る部分を書き込む「墨つけ」などを覚えていきます。

その後、実際の建物と同じ寸法で描く「原寸図」や設計図を見て理解する技術を身につければ、宮大工の技術を身につけたといえます。

その後独立したり、棟梁になる人もいます。

その他の方法

その他の方法として、宮大工の師匠や親方のもとに弟子入りする方法がありますが、現在ではあまり多くないようです。

これ以外の方法としては、一般の工務店で大工の技術を修得し、その後宮大工がいる工務店に入り修行を行う方法です。

一般建築物の知識や技術がある方が、将来仕事に幅が出ますので、このような方法をとる人もいます。

宮大工の収入

高い技術をもった宮大工ですが、収入についてはそれほど高いとはいえません。

初任給で17万円くらいから始まり、20代の平均給与が21万円、30代で26万円、40代で33万円になります。宮大工全体での平均給与は31万円になります。

出典:給料BANK「宮大工の給料、手取り、初任給」

その他の職種に関してはこちらが参考になります。

dodaへ

勤務体系と休日

宮大工の勤務は通常の職人と同じように、朝8時から始まって日が落ちる17時には終了します。

体を使う仕事であるため、10時と15時に30分程度の休憩があり、12時にも1時間程度のお昼休憩があります。

通常日曜日は休日ですが土曜日は休日ではなく、週休2日ではありません。

宮大工などの職人の仕事では、雨の日は作業ができませんので、休日となります。また、年末年始やお盆などは、サラリーマンなどと比較して、一般的に多くの休みがとれます。

主な仕事先

寺社建築を取り扱う工務店

多くの宮大工は、寺社建築を取り扱う工務店や設計事務所などに就職しています。

全国では多くの宮大工を抱えている会社がありますので、このような会社で宮大工が活躍しています。

寺院建築を得意とする会社、社寺彫刻を得意とする会社、歴史的建造物の補修を得意とする会社など、会社によっていろいろ特徴があるので、自分の得意とする分野で更に技術を磨くことも可能です。

金剛組

数ある宮大工を抱えている会社の中で、ひときわ長い歴史のある「金剛組」という会社があります。

金剛組は創業578年であり、約1500年も続く世界最古の会社になります。

神社仏閣の建築、文化財建造物や城郭の復元・補修を主な事業にしており、100以上の宮大工を抱えています。2005年に高松建設が支援し、その傘下の企業になりましたが、それまでは金剛一族がずっと経営を行ってきました。

株式会社金剛組

宮大工のまとめ

ここまで宮大工について色々説明を行ってきました。
・宮大工とは、神社仏閣の建築を専門にする大工のこと
・宮大工の仕事は、木組みや木工彫刻など、神社や寺院の建築・修復を行う
・宮大工になるには、宮大工を募集している工務店に就職する方法がある
・宮大工の年収は、あまり高い方ではない。
・宮大工の勤務は通常の職人と同じように8時開始18時終了。休日は日曜とお盆と年末年始。
一人前の宮大工になるには大変なことも多いですが、宮大工は日本の伝統を文化財を守っている誇り高き職人なのです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda