さまざまな疑問から、なかなかふるさと納税をするに至らない、という方も多いと思います。
そんな疑問や不安を解決するために、この記事では、ふるさと納税の詳しい仕組みを、群馬県の4つの自治体の返礼品とあわせて詳しく解説します。

ふるさと納税とは何か?

「ふるさと納税」とは、一言でいうと、市町村への「寄付」のことです。
自分の故郷だけでなく、自分の好きな自治体を選んで寄付することができ、また、選ぶ自治体によってはその寄付金の使い道をこちらで指定できるというのがふるさと納税の特徴です。

もちろんただの寄付ということではなく、寄付した方にも以下のような大きなメリットがあります。

個人が納めている所得税・個人住民税が安くなる
収入や家族構成などによって上限はありますが、ふるさと納税をすると、寄付した金額のうち2,000円を超える部分については所得税・個人住民税から全額が還付・控除されるという仕組みです。
その地域の特産品を「返礼品」として受け取ることができる
この返礼品は大好評で、この返礼品を目当てに寄付する人も増えています。もちろん特産品を受け取っても、税金の還付・控除はそのまま受けられます。

以下の記事でもふるさと納税返礼品について解説しています。更に詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。
わかりやすい!ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説
ふるさと納税の仕組み、自治体の選び方から確定申告までの解説
ふるさと納税の確定申告についてと確定申告を簡単にする制度の解説

群馬県安中市ってどんなとこ?

安中市安中市は、群馬県の南西部に位置する、人口約6万人の市です。

江戸時代には宿場町として栄えた土地で、町には武家長屋などの歴史的建造物が残されています。

安中城や大泉寺などと合わせて、ボランティアガイドと共に歴史を巡る観光コースも用意されています。

また、多くの観光客が訪れるスポットが「碓氷峠鉄道文化むら」です。
音や映像を駆使した鉄道体験や機関車の運転、SLへの乗車など、実際に鉄道に触れて楽しむことができるスポットです。

国内最大の煉瓦づくりアーチ橋「めがね橋」も外せません。
長い間鉄道を支えてきた、長さ91mにもなる巨大なアーチ橋は、平成5年に国の重要文化財に指定され、今では高さ31mに位置する遊歩道として親しまれています。

安中市の特産品は、地元「磯辺温泉」の温泉水と小麦粉、砂糖のみで作るおせんべい「磯辺せんべい」などがあります。また、関東一の規模を誇る秋間梅林の梅干し、碓氷峠名物「力餅」など、どこか懐かしいものばかりです。

群馬県安中市の返礼品

安中市のふるさと納税返礼品は、利根川の支流、霧積川の豊かな水で栽培されたコシヒカリと、安中市の養蚕農家が大切に育てた繭で作られた浴衣がメインです。

実際に訪れてみたいという方には、磯辺温泉宿泊券もおすすめですよ。

群馬県榛東村ってどんなとこ?

榛東村

群馬県のほぼ中央、榛東山の東麓に位置する榛東村。人口は約14,000人と群馬県の村の中で最も多く、前橋、高崎などのベッドタウンとしても注目されています。

人気の観光スポット「地球屋」では、ギネス世界記録に認定された世界一のつるし飾りを見ることができます。
細工小物13,556個が飾られた長さ約7.5m、重量280kgのつるし飾りは圧巻です。

和雑貨や創作衣類の販売に加え、隣接する「地球屋パン工房」では、自家培養天然酵母を使用して作られたパンをその場で食べることもできますよ。

榛東村には、北関東随一を誇る榛東ぶどう郷もあります。「しんとうワイナリー」で、地元で育ったぶどうだけを使用して作られたフルーティーなオリジナルワインをお試しください。

他にも「こけし工房」や「しんとう温泉」など見所たっぷりです。

榛東村の特産品は、ぶどうやしいたけ、ワインなどの食べ物や飲料の他に、天然木の温もりを感じる「卯三郎こけし」やガラス工房「ハルナグラス」など工芸品も豊富です。

群馬県榛東村の返礼品

榛東村のふるさと納税返礼品は、群馬県産上州牛や上州黒豚が人気を集めています。
また、地球屋が販売するバターやヨーグルト、チーズなどの乳製品も、他ではなかなか手に入らないレア商品です。

もちろん、群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」グッズもあります。

群馬県下仁田町ってどんなとこ?

下仁田町
人口約7,000人が暮らす下仁田町は、群馬県甘楽郡にあります。

自然が豊かで、長野県と隣接する町の北部から西部にある「妙義荒船佐久高原国定公園」は人気のスポットです。

また、物見山の東斜面には日本最古の洋式牧場「神津牧場」が広がっています。
標高1,000mに位置する神津牧場は夏でも過ごしやすく、動物たちとの触れあいやバター作り体験を楽しむことができます。

観光スポットとして人気の「中之嶽神社」では、高さ20mにもなる日本最大のだいこく様を見ることができます。
打ち出の小槌の代わりに剣を持つだいこく様は、病や厄、悪霊を祓い福を招くといわれていますので、興味のある方はぜひ足を運んでください。

下仁田観光を満喫した後は、ゆっくりと「荒船の湯」で疲れを癒すことができます。

下仁田町の特産品と言えば、全国的にも有名な「下仁田ねぎ」です。
一般的な白ネギと比べて白根が深く太い下仁田ねぎは、熱を通すことで、独特の甘味ととろりとした食感が出るのが特徴です。

生産高日本一のこんにゃくは、町内で手作り体験も可能です。

群馬県下仁田町の返礼品

下仁田町でメインとなるふるさと納税返礼品は、特産品の下仁田ねぎやこんにゃくが入った詰合せセットです。

上州牛とセットになったすき焼きセットなら、届いてすぐにすき焼きを食べることができます。

神津牧場で育ったジャージー牛のミルクから作られるバターやチーズ、キャラメルなどの加工品も大人気です。

群馬県玉村町ってどんなとこ?

玉村町
群馬県南部に位置する玉村町は、かつて日光例幣使街道の宿場として栄えた町です。

町の中央を滝川が、北部を利根川が、南部を烏川が流れる水の豊かな土地で、約36,500人が暮らしています。

玉村町を代表する観光スポットは「玉村八幡宮」で、国の重要文化財に指定されている風格ある本殿は一見の価値があります。
決して広くはありませんが落ち着いた雰囲気で、町の人々の心の拠り所となっています。

また、たまむら花火大会も有名です。県内で一番早く花火大会が開催されることから「群馬の夏は玉村の花火から」ともいわれています。

その他にも、かつて日光例幣使街道を進む上で誰もが通ることを義務付けられた「関所」や、4世紀頃に作られたと言われる「軍配山古墳」など、のんびりと史跡巡りをしてみるのもおすすめです。

玉村町文化センター2階にある「玉村町歴史資料館」も人気のスポットです。

群馬県玉村町の返礼品

玉村町のふるさと納税返礼品はとってもシンプルで、地元玉村町の「月田ファーム」で生産された豚肉です。ステーキやしゃぶしゃぶ肉としてそのまま楽しむだけでなく、特製ベーコンをブロックで受け取ることも可能です。

群馬県ふるさと納税のまとめ

群馬県安中市・榛東村・下仁田町・玉村町のふるさと納税や返礼品について紹介しました。
返礼品には、特産物のネギやこんにゃくの詰め合わせ、豚肉や宿泊券、ゆるキャラ「ぐんまちゃん」グッズまで、幅広く、その土地ならではの魅力的なアクティビティばかりです。

安中市・榛東村・下仁田町・玉村町に興味を持たれた方は、ぜひふるさと納税をしてみてください。

また、ふるさと納税についてより詳しく知ることができる専用サイト「さとふる」もおすすめです。
それぞれの自治体の特徴はもちろん、人気の返礼品をランキング形式でみることもできます。