理学療法士、作業療法士、介護福祉士など医療、介護に関わる仕事はたくさんあり、年々業務に携わる人も増えています。高齢社会である日本には必ず必要な仕事であり、今後も注目される業界でしょう。

今回は理学療法士の仕事について以下の点を解説いたします。

・理学療法士の仕事、役割
・理学療法士になるには
・理学療法士の勤務体系
・理学療法士の就職先

理学療法士の仕事内容

理学療法士とはPT(Physical Therapist)とも呼ばれ、怪我が病気などで身体に障がいのある人や障がいの発生が予想される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、悪化予防を目的に運動療法を行います。運動だけではなく、物理療法と呼ばれる温熱、電気等の物理的手段を用いた治療も行います。

理学療法士の役割は、身体に障がいのある人が自立した日常生活が送れるように支援することです。そのために、医学的知識を身につける必要があり、治療や支援のプログラムを考え、実施するリハビリテーションの専門家として、活躍が期待されています。

理学療法士は国家資格で、免許を持っている人しか「理学療法士」と名乗ることはできません。主に病院やクリニックが勤務先となります。中にはプロスポーツのチームに所属し、専属トレーナー兼理学療法士として働いている人もいます。

理学療法士になるには

前述したように理学療法士として仕事をするためには国家試験に合格する必要があります。理学療法士の国家試験を受験するためには、養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけることが必要です。養成校として、4年制大学や3年制の短期大学、3年制以上の専門学校などがあります。

資格を取得したら、現場で実践経験を積んで理学療法士として活躍できます。より専門的な知識を身につけたい人は研究職を目指す大学院も用意されています。また、すでに作業療法士の資格を持っている人は養成校で2年以上学べば、理学療法士の受験資格を得ることができます。

理学療法士国家試験

厚生労働省が「理学療法及び作業療法士法」の規定により、理学療法士の国家試験は行われます。年に一回で試験内容は筆記試験と口述試験、実技試験です。筆記試験は全国の主要都市で実施され、口述と実技試験は東京のみで実施されます。

筆記試験には一般問題として、解剖学、生理学、運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、理学療法などの分野が出題され、実地問題として運動学やリハビリテーション医学、人間発達学などが出題されます。

法庫 理学療法士及び作業療法士法

理学療法士の年収

厚生労働省が発表している資料「介護人材確保対策について」によると、平成25年時点において、理学療法士の給与は30.7歳で277,300円が平均となっています。常勤と非常勤の時給を比べると(時給に換算すると)常勤の人は1,250円、非常勤の人は1,720円と非常勤の人の方が高くなっています。

しかし、非常勤の場合、不定期勤務で実労働時間は常勤者に比べると短いため、全体の平均給与額は必ずしも非常勤の人が高いとは限りません。

厚生労働省 福祉・介護人材確保対策について

その他の職種に関してはこちらが参考になります。

dodaへ

理学療法士の勤務体系

理学療法士の勤務時間は原則として日勤です。医療介護系は朝が早く、理学療法士もだいたい8時ごろから勤務がスタートし、18時ごろに仕事が終わるスタイルが一般的です。1日の労働時間は8時間が平均です。場所によっては早番、遅番と分けて働くケースもありますが、多くは日勤での仕事がほとんどです。

病院での勤務といっても業務は患者さんのリハビリテーションであるため、看護師や介護職のような不規則なシフトはほとんどないと考えて良いでしょう。

リハビリ職には理学療法士のほか、言語聴覚士、作業療法士など様々な職種がありますが、理学療法士はほかの職種に比べると残業は比較的少ない方です。

患者さんのリハビリテーションが主な仕事ですが、その後の事務作業も行うため、勤務時間内に終わらなければ、多少残業することもあります。大きな病院ほど、患者数に対しての理学療法士の数が少ないため、残業が多くなる傾向があります。

休日は施設によって様々です。職場が土日固定休みのところなら理学療法士も土日固定で休みとなりますが、病院の場合は平日休みになることも多いです。シフト制で週2日休みというところが多いですが、平日固定の休みがあるところもあります。

有名な企業

理学療法士の就職先は大きく分けて3つに分類されます。1つ目は医療法人、2つ目は社会福祉法人、3つ目は営利団体(一般企業)です。

独立行政法人 国立病院機構本部 関東信越グループ

国立病院機構は平成16年に発足した法人です。全国の143の病院を一法人として運営しています。

それぞれの病院に勤務する医師、介護職、看護師、リハビリテーション職などを採用し、グループ病院に派遣しています。理学療法士もそのうちの一つです。派遣先としてはグループ内の国立病院であることが多く、大きな病院でしっかりと安定して働くことができます。

独立行政法人 国立病院機構関東信越グループ

社会福祉法人 横浜市福祉サービス協会

http://www.hama-wel.or.jp/
社会福祉法人は全国に数多く存在します。その中で例えば、横浜市の福祉サービス協会であれば、介護職、生活相談員、理学療法士、作業療法士などを募集しています。団体の事業内容は一般的な福祉サービスで、ホームヘルバーや訪問介護、ショートステイ、デイサービスなどです。

事業所は横浜市内全体を網羅しており、横浜市福祉サービス協会に就職すると、横浜市のどこかの地域に派遣されて働くことになります。研修やスクールも行なっており、資格さえ持っていれば、勉強し、現場の力も養うことができます。

社会福祉法人 横浜市福祉サービス協会

株式会社ニチイケアパレス

大手ニチイグループの会社で、介護サービスに特化しています。居宅介護支援、訪問介護、デイサービス、有料老人ホーム、家事代行、配食サービスなど様々な事業を展開しています。

その中で理学療法士や作業療法士はお客様の機能訓練計画書の作成や個別・集団リハビリ、生活リハビリの方法の提案や指導などを行なっていきます。研修制度も充実しており、現場で力をつけていくことも可能です。正社員、非常勤パートなど雇用形態も様々です。

株式会社 ニチイ

理学療法士のまとめ

・理学療法士はPT(Physical Therapist)とも呼ばれ、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、悪化予防を目的に運動療法を行う
・医学的知識も必要で、理学療法士として働くには国家試験に合格しなければならない
・理学療法士の受験資格は3年以上養成校で学ぶこと
・理学療法士の試験は年に1回で筆記、口述、実技試験がある
・理学療法士は基本的に日勤が多いが、残業は勤務先によってまちまち
・理学療法士として働くには医療法人、社会福祉法人、一般企業の3種類があり、それぞれ業務内容が少しずつ異なる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda