刑務官は刑務所や少年刑務所、鑑別所などの刑事施設で勤務します。心理学や社会学、法学を学んだ人たちが受刑者の社会復帰を支援するため、刑務官を目指すケースがあります。

今回は刑務官という仕事について以下の点を解説いたします。

・刑務官の仕事内容
・刑務官になるには
・刑務官の勤務体系
・刑務官の就職先

刑務官の仕事内容

刑務官は刑務所や少年刑務所、拘置所、鑑別所など法務省管轄の刑事施設に勤務して、施設の運営や受刑者の社会復帰を支援する仕事です。法務省に所属する国家公務員となります。

受刑者は刑務作業として、様々な労働に携わっています。受刑者に規則正しい生活と責任感、役割意識を身につけさせるために行われているものです。

労働意欲を高め、社会復帰のハードルを下げるのが目的です。刑務官は受刑者を工場や作業場所へ引率し、現場監督を行います。受刑者同士がもめごとを起こすこともあり、現場の仲裁に関わることもあります。

刑務官の役割として、受刑者の社会復帰を手助けする、というものがあります。時には、受刑者に対する生活指導やカウンセリングも行います。飲酒や薬物からの更生に向けてカウンセリングの手助けを行ったり、専門の技官と協力して矯正教育を行うこともあります。

刑務官になるには

刑務官として働くためには、刑務官採用試験に合格するのが正規ルートでしょう。

18歳〜29歳までの男女が対象で、筆記試験と実技試験が行われます。第一次試験は筆記試験で、高校卒業程度の教養や作文が行われます。第二次試験では面接や体力試験、運動技能測定などが行われます。

公安的な職業であるため、過去に犯罪歴等がある場合は不合格となるケースが多いです。

刑務官になるための他の方法として、国家公務員試験総合職に合格する、というルートがあります。

ごく少数ではありますが、法務職員から刑務官を拝命する形で刑務官になる場合があります。ただし、幹部候補生となるため、配属先では教官や管理職と同等の待遇が与えられ、現場に出ることはほとんどありません。

刑務官という聞くと男性のイメージが強いかもしれませんが、女性の刑務官もいます。国家公務員なので、男女差も少なく、業績不振による解雇などもないことから人気の職業の一つでもあります。

採用試験内容は男性と同じですが、採用枠自体が男性の半数以下ととても少ないため、倍率は高くなりがちです。また、体力検査の最低基準や身体的な大きさの基準も女性に適応する形で設定されています。

刑務官の年収

刑務官は国家公務員であるため、給与の管轄は人事院となります。平成29年8月に人事院から発表された「国家公務員給与の実態」によると、刑務官の平均年齢は41.2歳で平均給与月額は371,729円です。

年収は月給の12ヶ月分にボーナスを加えたものなので、450万円前後と推測されます。

夜勤手当や休日出勤手当など公務員のしっかりとした福利厚生があるため、実際にはもう少し年収は高くなるかもしれません。

刑務官の仕事はきついことが多いため、他の公務員に比べると少し割高といえるでしょう。

参考元:国家公務員の給与の実態

その他の職種に関してはこちらが参考になります。

dodaへ

刑務官の勤務体系

公務員なので、きちんと区切られた時間で働いているのだろうと思われる人もいるかもしれませんが、刑務官は受刑者の監督という責任の重い仕事をしているため、24時間交代制の勤務です。最近では収容人数が増えているため、不規則な勤務時間や超過労働も懸念点の一つです。

日中8時間労働の場合の1日

朝は7時に出勤するのが一般的です。出勤したら、携行品を身につけ、朝礼に出ます。受刑者や施設運営に関して、前日の担当者から伝達事項を引き継ぎます。

午前中は、受刑者の朝点呼、作業場への引率、監督などが主な仕事です。午後は受刑者への入浴、運動などを監督し、面会がある場合は立ち会います。

1日全ての業務が終わると、1日の報告事項をまとめる事務作業があります。実際に一連の作業を行うのに約8時間、休憩は2時間あります。しかし、この2時間は30分ごとの交代でとるため、私用、食事、報告も全て休み時間にすることを考えると、かなり忙しい職場といえるでしょう。

日勤は7時〜17時で2時間休憩が取れますが、夜勤の場合は最長で24時間(そのうち仮眠が4時間)働くことになります。夜勤明けは基本的には非番で休みなる勤務ローテーションが組まれています。激務かどうかは配属先の収容人数と刑務官の数によって異なり、場所によっては超過労働をせざるを得ない状態のところもあります。

有名な就職先

府中刑務所

東京都府中市にある府中刑務所では、刑務作業として、小物製品から収納家具等まで受注しています。作業人数も多く、刑務官として勤務した場合、監督する受刑者の数も他に比べると多いのが特徴です。刑務作業も多岐にわたり、印刷作業ではカラー印刷や封筒、冊子の印刷を行なっています。

また革工作業として婦人用バッグ等の生産も行い、高い評価を得ています。自動車整備や洋裁も手がけ、関東有数の規模を持つ刑務所です。

府中刑務所

法務省矯正局

刑務所とは別に設けられている法務省管轄の矯正局も刑務官の就職先の一つです。矯正局は矯正施設の保安警備、教育、医療、鑑別、衛生など被収容者に対する処遇が適正に行われているかどうかを判断し、指導、監督する業務を担っています。

刑務所とは別に独立した組織として矯正研修所なども設けられており、矯正職員に対する様々な研修も実施されています。

法務省矯正局

刑務官のまとめ

・刑務官の仕事は刑務所や少年刑務所、拘置所、鑑別所などの法務省管轄の刑事施設で、施設の運営や受刑者の監督、社会復帰支援をすることである
・刑務官になる方法として、刑務官採用試験に合格するのが一番早く最善の道である
・刑務官は国家公務員であるため、給与は人事院によって決まる
・刑務官の年収は他の公務員に比べると比較的高い
・1日10時間くらいは勤務先にいて、休憩は2時間ほどあるが、30分刻みで交代休憩なので、かなりきつい仕事である
・夜勤も含めた交代制の仕事になるので、休日もシフト制である

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda