保健師とは、病気を予防するためにどのような生活をすればよいのかサポートする職業です。病気になれば、お世話になるのは医師や看護師になります。

保健師は患者さんになる前、つまり「病気の予備軍」の方に対してどのような処置をすればいいのかをアドバイスする職種です。ここでは、保健師の仕事内容や平均年収、勤務体系などを解説します。

保健師の仕事内容・役割・種類

病気を予防する

保健師は、病気になる前に予防するためのアドバイスをする職種です。

健康診断の結果を受けて、適切な治療方法や再検査の案内も大きな病気を防ぐことになります。病気を予防するためには、食生活や生活習慣を知らなければなりません。

今の状況をよく理解して、適切なアドバイスをするのは決して簡単なことではなく、コミュニケーション能力も重要なスキルの1つとなります。

相手にするのは赤ん坊から高齢者まで

保健師の担当する方は、赤ん坊から高齢者まで幅広くなっています。

相手の年齢や性別によってアドバイスする内容が変わります。相手の環境をよく理解して対応することが求められています。

職場によって役割が違うのも保健師としての特徴です。例えば、赤ん坊の場合は自宅に訪問をして成長を確認するとともに、産後間もない母親の健康状態もチェックします。

初めての出産を終えた母親はストレスを貯めやすく、悩みもたくさんあるものです。1つ1つ解決してあげることで、安心して育児に取り組めるようにしてあげます。

保健師は、高齢者の自宅を訪問することもあります。高齢者の健康をチェックするだけでなく、同居している家族へのアドバイスを行います。
場合によっては、介護施設の紹介をするのも保健師の仕事になります。

思いやりの気持ちとコミュニケーション能力

保健師になる人は、人と接すること、会話をすることが好きでなければなりません。高いコミュニケ―ション能力が必要な職業です。

適切なアドバイスをすることも大切ですが、アドバイスをするためにはまずヒアリング能力が必要です。

まだ病気になっていない人は、全てを話してくれるとは限りません。会話の中から、悩んでいることや不規則になってしまっている生活習慣を聞き出さなければなりません。
場合によっては、精神障害がある方と会話をすることもあります。老若男女、状況の違う方々と付き合っています。医療の知識だけでなく、人間力が重要な職業なのです。

異変に気付くことが重要

検診が終わった後は、多数あるデータから異変に気付かなければなりません。健診データを見比べて、健康状態が気になる方をピックアップ、適切なアドバイスができるための準備をします。

健康に関わる事なので、気になるデータがあればすぐにでも訪問をしたり連絡を取ったりして自分の目で確認をします。

そのため、データを読み取る力というのがとても大切になります。医療系の数値データは、知識と照らし合わせながらチェックをしなければなりません。

自分が持っているスキルからアラートを発見するのはとても地道な作業の中で感覚を研ぎ澄まさなければなりません。時間に追われることもありますが、大きな病気になる前にアドバイスできることは、その人の人生をサポートすることにもなり、非常にやりがいのある職業といえます。

予防医学の成長

現在、日本では予防医学の研究が進められています。健康的な生活を送ることは誰もが望んでいることです。

病気の早期発見は、健康的な社会を作り出します。保健師は将来的に、更なる需要が高まる職業といえます。

保健師になるためには

保健師になるために必要な学歴・資格

まず、保健師になるためには看護師でなければなりません。看護師の資格が無い状態で保健師になることはできませんので、保健師になるまでにはそれなりに時間がかかります。

看護師の専門学校や大学の看護学科を卒業し、国家試験に合格して初めて看護師の資格を手に入れることになります。

看護師の資格を持っている人の誰もが保健師になれるわけではありません。文部科学大臣の指定した学校や養成所で学んだ後に、保健師国家資格の受験資格を得ることができるようになります。ただし、看護師の資格を既に持っている時点で医療に関する基本的な知識を持っていることになりますので、保健師の国家試験の合格率は高めになっています。

大学に入学する前から保健師になりたいと思っている人は、看護師と保健師、両方の受験資格が取得できる大学を選ぶといいでしょう。

保健師の年収

保健師の年収は、看護師と比較すると低めに設定されています。

ただし、夜勤などがないため、子供を産んだ後に職場復帰する場合に適しています。

・20代 約300万円
・30代 約391万円
・40代 約497万円
・50代 約550万円
・60代 約379万円

その他の職種に関してはこちらが参考になります。

dodaへ

勤務体系と休日

保健師は働く環境によって勤務体系が変わります。病院で勤務する場合は、夜勤がある場合があります。

シフト制の場合は土日に働くことも可能性としてあります。ただ、大抵の病院では土日が休みになることがほとんどです。保健所で働く場合は、一般的な会社員と同じ勤務時間になります。

訪問を主にしている場合には、勤務時間を超えて対応することもあります。緊急時には、家に帰ってから呼び出されることも0ではありません。

臨機応変に対応できるようにしておく必要があります。一方、健康診断を行っているセンターで働く場合は、残業もほぼなく、土日も休みになります。

保健師が勤務する場所

病院
病院で働く保健師は、病院によって働く環境が大きく違います。勤務時間も担当範囲も変わりますので、病院の特徴を知ることから始めるようにします。

自治体
自治体での保健師はとても人気のある職種になります。求人数が多くなく、現在は狭き門となっています。

介護施設
保健師の仕事の幅が広がっていくのは介護施設です。お年寄りの良き相談相手になり、健康の管理だけでなく、リハビリのアドバイスも行います。

まとめ

・保健師になるためには、看護師の資格が必要です。
・人とコミュニケーションを取ることが好きな人に向いています。
・働く職場によって、勤務体系や休日が替わります。

保健師は、将来的に社会から求められている職業です。高齢化社会が進むに連れ、保健師として活躍するフィールドは今後も増えていくでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda