動物好きな人が憧れる職業は、「獣医師」でしょう。獣医師になるのは、ハードルが高そうなイメージですが、実際にはどうなのでしょうか分からない方も少なくありません。

ここでは、獣医師の仕事内容やどうしたら獣医師になれるか、年収や勤務形態について解説します。大卒社会人でも、いちから受験しなくても、獣医学系大学に進んで獣医になる方法もあります。この記事を読むことで、憧れを現実にする一歩を踏み出すことができるでしょう。

獣医師の仕事内容・役割・種類

獣医師とは、ヒト以外の動物の医師のことで、農林水産省管轄の国家資格です。

獣医師法によると、獣医師の使命は、動物の診療や保健衛生指導をすることから、動物の保健衛生、畜産業の発展、公衆衛生の向上に寄与することが明記されています。獣医師は、資格を保有しているだけでは、臨床には携われません。農林水産省に所定の届出が義務付けられています。

獣医として働くには、臨床獣医師、国家公務員としての獣医師、地方公務員としての獣医師、民間企業の獣医師などのパターンがあります。臨床獣医師とは、小動物臨床獣医師ともいわれる動物病院の獣医師のことです。犬、猫、エキゾチックアニマルなど家庭のペットを対象に診療します。

産業動物臨床獣医師は、牛や豚・鶏などの産業動物を診療する獣医師のことをさします。農村地域等で自ら診療施設を開いたり、農業共済組合などに勤務し、組合員の畜産農家に往診にいったりすることが多いでしょう。

その他の臨床獣医師には、JRA(日本中央競馬会)や競走馬の育成牧場で働く、馬専門の臨床獣医師、製薬会社などで実験動物の管理を行う獣医師、動物園や水族館などで展示動物を診療する臨床獣医師があります。

国家公務員としての獣医師なら、厚生労働省および農林水産省のいずれかで働くことになります。それぞれの本省、または空港や港にある「検疫所」や「動物検疫所」などで活躍し、獣医師として、診療ではなく、検査や研究に従事することが多いでしょう。

地方公務員としての獣医師は、行政獣医師とも呼ばれています。家畜保健衛生所などで農林水産行政に、または保健所、食肉衛生検査所などで公衆衛生行政に携わる2つに分けられます。具体的な職場は、食肉衛生検査場や保健所だけでなく、畜産・林業・水産試験場なども含みます。

獣医師になるために必要な資格

医師や歯科医などと同様で、獣医師は国家資格であり、獣医学部や獣医学科などを持つ、いわゆる獣医系大学に入学し、6年間学ぶ必要があります。

獣医師になるためには獣医系の大学を出なければならない

獣医師になるためには、獣医系大学を卒業しなければいけません。6年間の通学で、大学院卒相当です。国公立と私立をあわせても16校しかない獣医系大学であるため、どこも難関の大学です。

しかし、研究に力を入れる大学、臨床に強い大学など、それぞれに特徴があります。自分が目指す獣医師像を考えて、どの大学にいくのかを選ぶのが重要です。

大卒の社会人が、一度諦めた獣医師を目指し、獣医学系大学入学を狙うなら、学士編入の制度を利用するのがおすすめです。2年次編入、まれに3年次編入が可能な大学を探してみましょう。いちから受験して1年次から初めよりも、獣医師として早く活躍できる可能性が広がります。

獣医系大学の課程を修了し、年に一度だけ行われる獣医師国家試験に合格すれば、獣医師の免許を取得できます。

農林水産省が発表した、ここ数年の獣医師国家試験の結果(大学別)からわかるように、獣医師国家試験は80%以上の新卒受験者が合格しています。大学の6年間のカリキュラムを真面目に修得すれば、だいたいは合格するといってもよいでしょう。

農林水産省HP:獣医師国家試験の結果(大学別)

獣医師の平均年収は400~600万円前後

農林水産省が発表する獣医師法第22条の届出状況によると、獣医師全体の約3/4は、公務員として働いていることがわかります。

国家公務員の獣医師は、総合職(院卒者)相当の行政官としてのキャリアです。平成28年国家公務員給与等実態調査の結果では、平均年齢42歳で平均給与月額が44.2千円、単純計算で年収は530万円ほど、ここに賞与などが加算されます。

他の公務員もぞれぞれの都道府県や市町村のホームページで、給与水準が公開されています。

臨床獣医師、いわゆる動物病院の獣医師については、正式な調査結果がありませんでした。各社転職サイトなどを参考にすると、病院の規模や地域で年収に差があるでしょう。

新卒の獣医師は300万円程度、経験ある転職者でも年収400~600万円の求人案件が中心です。ペットの診療は、自由診療で値段は自由に決められることと、最近は動物病院が増えていることもあり、一般のサラリーマンと大差ない事がわかります。

参考:農林水産省 獣医師の届出状況の概要

その他の職種の年収について知りたい方はこちらが参考になります。

dodaへ

獣医師の勤務環境は残業が多発し休めないこともある

公務員にしても一般の臨床獣医師にしても、獣医師は生き物を相手にする医者であるため、夜勤も含む、シフト勤務をしている人が多いでしょう。要請があれば、土日祝日も休めないこともあります。また、動物病院などは診療時間が長いところも多く、残業が日常的に発生する職場も少なくないでしょう。

獣医師を目指す人に有名な企業

本間獣医科医院(株式会社ジー・アンド・エイチ)
1984年に静岡で創業した企業動物病院は、日本最大級のネットワークを持つ動物病院です。12の都県と海外にも病院を持ち、その数は50件ほどです。参考:本間獣医科医院
アテナ動物病院・イオン動物病院(イオンペット株式会社)
イオンモールなどの大型商業施設を中心に病院を展開するのが、イオンペット株式会社です。イオングループのひとつで、最も資本力が強い企業動物病院と言えるでしょう。こちらも50件ほどの病院を展開します。参考:アテナ動物病院・イオン動物病院(イオンペット株式会社)
コジマ動物病院(株式会社コジマ)
全国に40店舗ほどのペットショップを経営する株式会社コジマが展開する、企業動物病院がコジマ動物病院です。首都圏と大阪、兵庫、愛媛で13病院を経営しています。参考:コジマ動物病院(株式会社コジマ)
また、獣医になりたいけれど中々転職・就職に繋がらないという方は、転職エージェントにまずは相談してみる事で、より早く自分に合った職場を見つける事が出来るでしょう。

獣医師についてのまとめ

  • 獣医師とは、ヒト以外の動物の医師のことで、農林水産省管轄の国家資格になります。動物の診療をメインにしている獣医は臨床獣医師、検査などがメインになる国家公務員としての獣医師、地方公務員としての獣医師、管理・研究などがメインになる民間企業の獣医師などのパターンがあります。
  • 獣医師になるのは、獣医学部や獣医学科などを持つ、いわゆる獣医系大学に入学して、6年間学ぶ必要があります。大卒の社会人なら、学士編入の制度を利用するのがおすすめです。
  • 医師全体の約3/4は、公務員として働いています。国家公務員の獣医師は、平均年齢42歳で平均給与月額が44.2千円 、単純計算で年収は530万円ほど、ここに賞与などが加算されます。
  • 動物病院の獣医師は、新卒の獣医師は300万円程度、経験ある転職者でも年収400~600万円程度がよく見受けられます。公務員にしても一般の臨床獣医師にしても、獣医師は生き物を相手にする医者であるため、夜勤も含むシフト勤務で土日祝日に関係なく働くことが多いでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda