ペットが好きな方や動物に関わる仕事がしたい方の間で人気のある職業のひとつに、「トリマー」があります。トリマーは、基本的には“犬の美容師”であるため、人間の美容師のように資格が必要なのか分からない人も少なくありません。

ここでは、トリマーの仕事内容やどうしたらトリマーになれるか、トリマーの年収や勤務体系を解説します。本気でトリマーになるための一歩を踏み出せます。

トリマーの仕事内容は人間の美容師以上に幅広い

トリマーは、簡単にいえば、ペットの美容師で犬をメインにトリミングをするのが主な仕事です。トリミングサロン(犬や猫の毛をカットする美容室)やペットショップだけでなく、動物病院で働くトリマーもいます。最近では、ウザギ、フェレットなどの他の小動物のトリミングをすることもあるでしょう。犬の美容師さんですが、仕事内容は人間の美容師さんとほぼ同じか、それ以上とも言えます。

犬の全身をシャンプーして、カットするだけでなく、耳掃除や爪のカット、肛門しぼりなど全身をケアします。中には、犬でもカラーリングやエクステンションをすることもあるでしょう。また、リラックスを目的にした、動物マッサージをするサロンも増えています。

トリマーのもうひとつの大切な仕事は、ペットの健康をチェックすることです。動物のオーナーさんが見落としがちな肌の変化やノミ・ダニなどがついていないか、トリミングを通してチェックします。小さな変化でも、皮膚炎などの病気につながってしまうでしょう。

トリミングは動物に対してすることですが、優秀なトリマーに欠かせないのは、オーナーさんとのコミュニケーションです。オーダーをしっかり把握して、希望通りに仕上げるのはもちろん、その後指名してもらえるように営業をする事も仕事です。トリマーにはコミュニケーション能力も求められるでしょう。

トリマーになるためには何かしら資格がないと難しい

動物の美容師であるトリマーは、人間の美容師は国家資格が必要なのと違い、必ずしも資格が必要なわけではありません。

しかし実情としては、トリマーの求人では、何かしらのトリマーの資格をもっていることを前提に、募集されているものがほとんどです。資格を持っていない場合は、アシスタントや見習いとしてトリマーよりも低賃金での募集に応募する事になるでしょう。もしくは、トリマーとしての仕事探しは、困難になる可能性が高いです。

 

トリマーになるために必要な資格には2種類ある

トリマーの資格には、2種類あります。ひとつめは、民間団体認定の資格で、様々な団体から発行されているものです。主な団体には、JKC(ジャパンケンネルクラブ)やJDA(全日本愛犬技術者指導協会)などがあるでしょう。もうひとつは、専門学校などが卒業と同時に与える独自の資格もあります。

トリマーの資格の中でおすすめなのは、認知度、信頼性が高いJKC公認トリマーです。

技術と経験によって、C級、B級、A級、教士、師範とレベルアップしていきます。資格試験は、学科と実技の試験で構成され、年1回実施されます。働きながら夜間の専門学校に通って、資格を取得することも可能でしょう。

専門学校にいくメリットは、同業者の繋がりができたり、情報交換もできたりすることです。トリマーは専門性が高いため、他の業種と比べて業界は狭いでしょう。専門学校での人脈が、のちのち役に立つこともあります。

資格習得と資格のアピールの仕方についての記事は以下の通りです。

40代から資格習得をする際の勉強法と、おすすめの資格を解説
転職・就職に役立つ、履歴書の資格欄の書き方
転職を目指す人必見、資格が必要な職種や今注目の資格とは

トリマーの年収は200万円前後

トリマーとして働き始めたころの年収は、200万円前後とされています。

専門学校にいって資格を取得した後だとしたら、20歳前後と考えられるでしょう。厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査の結果と照らし合わせると、生活関連サービス業・娯楽業の20~24歳の年収は198万円という結果であるため、200万円が目安です。トリマーの年収は、個人経営のサロンか規模の大きなチェーン店かなどにより差があります。

トリマーとして高い収入を得るには、経験を積み、独立してペットサロンを開業するのがおすすめです。最近では、車でお客さまの家へ出張してトリミングをする業態のトリマーも人気でしょう。しかしトリマーの開業には特に免許は必要ありません。出張トリミングはコストを抑えて開業が可能でしょう。

参考:平成28年賃金構造基本統計調査の結果

参考:リクルートのスタディーアプリ

その他の職種の年収について知りたい方はこちらが参考になります。

dodaへ

トリマーの勤務体系は交代制の勤務がほとんど

トリマーは、就職先となるペットショップやペットサロン、動物病院などの開店時間内での交代制で勤務がほとんどでしょう。

ペットブームで犬のオーナーも増えたため、働くオーナーのために遅い時間まで営業しているサロンもあり、場合によっては、22:00くらいまで勤務になることもあります。トリマーには、早朝や深夜勤務、泊まりこみの勤務、宿泊出張などはない傾向です。

サービス業であるため、土日祝日を含めたシフト制勤務のことが多いでしょう。

トリマーを目指す人に有名な企業や施設

イオンペット株式会社
千葉県に本社を置く、大手ペットショップチェーンです。ペット用品販売181店舗、トリミング・ホテル184店舗、病院53店舗、海外(中国)3店舗を展開しています。イオンモールを中心に大型商業施設にあるので、通勤などにも便利でしょう。参考:イオンペット株式会社
綱吉の湯
お台場の大江戸温泉に隣接した、犬のためのスパ施設です。トリミングの他、ホテル、プール、ドッグラン、温泉、リハビリがある総合施設です。現在はトリマーアルバイトの募集をしています。参考:綱吉の湯
上野の森どうぶつ病院
病院でもトリミングを併設しているところが増えています。動物病院でも土日休日に営業したり、夜遅くまで営業したりするところもあるので、シフト勤務になる可能性が高いでしょう。参考:上野の森どうぶつ病院
また、トリマーになりたい方は、以下の転職エージェントにまずは相談してみる事で、より早く自分に合った職場を見つける事が出来るでしょう。

トリマーについてのまとめ

  • トリマーは、ペットの美容師で犬をメインにトリミングをするのが主な仕事になります。シャンプーやカット、爪切りなどをするだけでなく、トリミングをしながらペットの健康をチェックするのも仕事のひとつです。動物を相手にするだけでなく、オーナーさんとのコミュケーションも、リピーター獲得のためにも大切な仕事です。
  • トリマーとして働くには、必ず資格が必要なわけではありませんが、求人のほとんどは資格を前提としているのが実情です。トリマー資格は、JKCやJDAなど民間団体認定の資格と各専門学校などが独自に設定している資格があります。認知度が高く、レベルアップしていけるJKC公認トリマー資格です。働きながら専門学校に通って、トリマーを取得することも可能です。
  • 一般的には、トリマーとして働き始めの年収は、200万円前後でしょう。トリマーとして高い収入を得るには、経験を積み、独立してペットサロンを開業するのがおすすめです。
  • トリマーは、就職先となるペットショップやペットサロン、動物病院などの開店時間内での交代制で勤務になることが多い傾向にあります。また、サービス業のひとつなので、土日祝日に関係なく、シフト勤務が一般的です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda