建設業界に興味がある人の中には、「測量士」という資格の取得を考える人も少なくありません。経験だけでは取得できない国家資格であるため、しっかりと計画することが大切です。

ここでは、測量士とは何か、どうやって資格を取れるか、年収や勤務体系についてなどをご紹介します。ここで詳しく学ぶ事で、自分自身のしっかりしたキャリアパスを考えられるでしょう。

測量士の仕事内容・役割・種類の紹介

測量士は、国土交通省国土地理院管轄の国家資格です、測量業者には国家資格を持つ測量士1名以上の配置が義務づけられています。測量士は測量業者の行う基本測量または公共測量の計画を作製し実施するのが業務です。

また、測量士補という資格もあり、将来の測量士の人材育成のための資格でしょう。測量士は、測量そのものだけでなく、測量の計画から立てて指示を出す事も役割です。

また、測量士補は、測量士の計画のもとで、測量をする役目という違いがあります。

測量士の仕事では、ビルや住宅だけでなく、道路、橋、ダムやトンネルなどインフラ工事に関わることもあります。どの現場でも、安全で効率的な工事を進めるため、また建物や施設などが正確に安全なものとして完成するために、重要な役割を担っているでしょう。

測量と聞くと、外でGPSや光波測距離などの計器を使って測量するイメージがありますが、測量で得られたデータを分析、変換したりするなどのデスクワークも伴います。

測量にはさまざまな種類がある

測量にの仕事で、よく見かけるのは、建物を建てるときや道路を作るときの土木計測、または個人や法人が所有する土地の広さを測る地籍計測があります。

地籍計測では、測量士だけでは行えない業務も含まれ、土地家屋調査士や行政書士と連携して行うことも多いでしょう。

もうひとつは、地図測量があります。これは、地図のための測量で、航空写真やヘリ測量を使い、データ分析から地図を作ります。

測量士は、先にも述べた通り、1営業所に1名以上の必置資格です。多くの測量業者は、1名だけでなく多数の測量士を雇い、顧客への安心を売りにしているところもあります。

しかし、測量自体は測量業者以外には必要な資格ではありません。専門性の高い仕事であるため、ほとんどの測量士は測量業者で働くことになるでしょう。

測量業者以外では、コンサル会社、地図作成会社や不動産会社などで働く人もいます。また、国土地理院、国土交通省、農林水産省はもちろん、各都道府県の土木課などで公務員として活躍する測量士もいます。

測量士になるために必要な資格

測量士になるには、国土地理院が行う測量士試験に合格し、登録をする方法以外に、3つの無試験での資格取得の方法があります。

測量士になるために必要な3つの資格

文部科学大臣認定の大学、短期大学、高等専門学校で、測量に関する科目を修得して卒業し、大学は1年以上、短大・高等専門学校は3年以上の実務経験を積む。
国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門養成施設(平成29年4月1日現在、全国で10か所)で、1年以上測量士補となるのに必要な専門の知識・技能を修得し、測量に関して2年以上の実務経験を積む。
測量士補で、国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設(平成29年4月1日現在、全国で2か所)において、高度の専門の知識・技能を修得する。

測量士になるための試験は誰でも受けられる

測量士の国家試験を受験するには、年齢・性別・学歴・実務経験などに関係なく誰でも受験できます。毎年5月の日曜日に試験が設定されます。次の測量士試験は平成30年5月20日(日曜日)に実施されることが決定しています。

平成29年5月21日に実施された測量士試験の合格者数は351人です。

合格率は、11.7%、測量士補試験は合格者が6,639人で合格率 47.3%と、測量士試験の難しさが際立つ結果です。

就職、転職活動がうまく行かないという悩みがある方は、専門のエージェントの手を借りることでより早く自分に合った職場を見つける事が出来ます。この記事と合わせて、よりスムーズな転職を目指しましょう。
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!

測量士の年収は平均500万円

測量士の平均的な年収は、500万円ほどです。

20代では300万円台、30代は400万円台、40代は500万円台、50代では600万円台が多く見かけられます。一般的なサラリーマンと、給料水準にはあまり違いはないといえるでしょう。測量士の年収をアップさせるには、他の資格と合わせることが大切です。

土地家屋調査士と測量士の資格を持っていれば、測量から登記申請までを一貫して請け負うことができるようになります。また、行政書士と組み合わせると測量から許認可申請までを一人でできるようになるでしょう。

その他の職種の年収について知りたい方はこちらが参考になります。

dodaへ

測量士の休日は不安定

測量士は、外で測量するだけでなく、根気のいるデスクワークも必要です。また、デスクワークには最新の分析ソフトを使い、測量の計測機器はどんどん進化していきます。知識をアップデートする必要もあり、残業も多い仕事です。

最近の工事は、公共事業でも土日にも行われることもあり、測量士の休日は不規則なことも多いでしょう。企業によって休日の条件には違いがあり、週休2日制にしているところもあります。
大変な仕事ですが、公共事業で社会貢献度が高い仕事でもあり、成果が目に見えることが多く、やりがいのある仕事です。

測量士の職場の中で有名な企業

日本工営株式会社
土木コンサル会社でも、測量士としてのキャリアを積むことができます。日本工営は、国内の建設コンサルタント業界でトップレベルの会社です。社会貢献度の高い仕事に関わるチャンスも多いでしょう。
株式会社パスコ
航空測量のリーディングカンパニーのひとつ、パスコは幅広い事業展開をしています。空間測量の技術をベースに、輸配送関連から災害リスクなど、測量の最新技術に触れる機会が多いでしょう。
国家公務員試験 人事院
国家公務員では、土木関係で測量士の資格を活かせます。土木系の技術職は、特許庁、林野庁、環境省や農林水産省などに挑戦するのがよいでしょう。公務員は、社会貢献度がもっとも高いので、やりがいがあります。

測量士への転職がうまく行かない、または測量士としてのよい職場が見つからないという場合は、転職エージェントを利用するとより早く自分に合った職場が見つかります。

測量士についてのまとめ

測量士は、国土交通省国土地理院管轄の国家資格で、測量業者には測量士1名以上の配置が義務づけられている必置資格です。
測量業者の行う基本測量または公共測量の計画を作製して、それを指示・実施するのが業務になります。下位資格の測量士補は、測量はできますが、計画作成や指示まではできません。コンサル会社、地図作成会社や不動産会社など、国家公務員として、また各都道府県の土木課などでの求人が主です。
測量士は、無試験認定と試験認定で資格を取得する方法があります。無試験認定には3つの方法がありますが、通学を伴います。測量士の資格を試験で取得する場合には、年齢・性別・学歴・実務経験などに関係なく誰でも受験できます。
測量士の平均的な年収は500万円ほど、20代では300万円台、30代は400万円台、40代は500万円台、50代では600万円台が多く見受けられます。年収アップを考えるなら、土地家屋調査士、行政書士との組み合わせがいいでしょう。
会社にもよりますが、休日は不規則で残業が多いこともある測量士です。しかし、仕事によって社会貢献度が高く、必要とされている仕事なので、やりがいがあるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda