社会に悩みを抱える人が増えている中、非常に重要な役割を果たしている職業がケースワーカーです。

ここでは、ケースワーカーの仕事内容や平均年収、勤務体系などを解説します。

ケースワーカーの仕事内容・役割・種類

ケースワーカーとはどんな仕事か

ケースワーカーとは、身体的な理由や精神的な事情で日常生活を送るのに障害がある方の相談に乗る仕事です。

障害があって満足に動くことができない人や、病気で困っている人、不登校の子供などとコミュニケーションを取ります。福祉施設や病院で働くこともありますし、家庭を訪問して対応することもあります。

働く環境は違いますが、ポイントとなるのは個別相談であるということです。1対1で向き合って、悩みを解決するために最善の方法を提案する仕事になります。

コミュニケーション能力は必須のスキルであり、場合によって法律の知識も必要になってくる職業です。

福祉施設や病院との連携を取ることもある

日常生活を送ることが困難な方の相談を受けながら、場合によって福祉施設や病院と連携を取ることがあります。

ケースワーカーにとって、相談事を整理し、今の状況におけるベストな選択肢を提案してあげることも大切な仕事です。ケースワーカーに寄せられる相談事は多岐に渡っており、すぐに解決できるものばかりではありません。長い時間をかけて説得をしたり、正直に話してもらえるように何度も通ったりしなければなりません。

相談者に適した対応方法を検討した上で、他の機関との連携を取っていくことになります。

医療機関でケースワーカーとして働く

大きな医療機関においては、専属のケースワーカーを用意していることがあります。

入院が長くなった患者さんは、精神的にも病んでいくことがあり、病院内での生活が不自由のないようにケアサポートしてあげる必要があります。

また、患者さんの家族からの相談を受けることも医療機関で働くケースワーカーとして重要な仕事です。金銭的な問題や各種助成などのアドバイスをしてあげることで、患者さんとその家族が安心して治療に専念できるようにしてあげるのです。

医療機関で働くケースワーカーは、「医療ソーシャルワーカー」という職種になっていることもあります。医療ソーシャルワーカーの中には、精神的な病気を患っている患者さんの対応を専門としている精神科ソーシャルワーカーという職種もあります。

ケースワーカーはやりがいがある仕事

正常な社会生活を送れない方や生活を送るのが困難な方の相談に乗ることは、その人の人生をサポートすることになります。企業間の取引をしている会社員とは違い、直接困っている人の役に立つことを実感できる職業です。

相談に乗ってあげることで、性格が日に日に明るくなっていったり、生活が便利になっていったりするのを目の当たりにすることで、ケースワーカーとしてのやりがいを感じることになるでしょう。

ケースワーカーになるための方法

ケースワーカーになるために必要な学歴・資格

ケースワーカーは、一般的に福祉事務所で働く公務員になります。

そのため、「社会福祉主事」という資格が必要になります。社会福祉主事の資格を取る方法は複数あります。

まず、大学の授業で指定された科目を取得する方法です。社会福祉関連の単位を3つ以上取得して卒業すれば、社会福祉主事の資格を手に入れることができます。福祉専門の大学でなくても資格を取得できるメリットがあり、転職するハードルは低い方だと考えることができます。

他にも指定養成機関に通ったり、都道府県の講習会を受けたりすれば取得することができます。

国家資格を取る方法もある

社会福祉士や精神保健福祉士などの国家資格を取得すれば、社会福祉主事の資格を取得したことと同意になります。

福祉の仕事をしていく中で、ケースワーカーとして働くという選択肢を選ぶこともできるのです。

また、転職エージェントに相談する方法もあります。以下の記事も合わせてごらんください。
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!

ケースワーカーの年収

ケースワーカーは、公務員として働く場合と民間で働く場合で給与条件は異なります。

公務員であれば、長く働くことで給与が一定間隔で上がっていくことになります。特別高い年収ではありませんが、安定した職業となっています。

民間の場合は、一般的なサラリーマンよりも低い年収になっているケースが多いです。

【公務員の場合】

 

  • 20代 約380万円
  • 30代 約500万円
  • 40代 約590万円
  • 50代 約700万円
  • 60代 約520万円

 

 

【民間の場合】

 

  • 20代 約220万円
  • 30代 約280万円
  • 40代 約340万円
  • 50代 約450万円
  • 60代 約350万円

 

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

 

 

勤務体系と休日

公務員のケースワーカーとして働く場合には、勤務時間は安定しており、残業はとても少ないのが特徴です。一般的には8時半から17時半までが勤務時間となります。また、休日出勤もほとんどなく、自分の時間を取りやすいのが特徴です。

ただし、相談の途中で17時半を過ぎたとしても途中で切り上げるわけにはいきません。相談に来た人の立場になって対応する必要があります。

休日は土日祝となっており、有給休暇も比較的取りやすくなっています。産前産後休暇や育児参加休暇、介護休暇もありますので、プライベートと切り分けた勤務ができるようになります。

民間のケースワーカーとして働く場合には、残業時間も多く不規則な勤務体系になりやすいです。休日もサービスを展開している場合には、シフト制になることもあることに注意してください。

休みは通常通り取得できますが、休みにくい環境の施設もあります。

ケースワーカーが勤務する企業

市役所や区役所

各都道府県の役所で働きます。主に福祉生活課というところで働くことになります。

ハローワークでケースワーカーを検索すると、多数が役所関連の募集要項になっています。

社会福祉法人

ケースワーカーとしての仕事以外にも事務や電話対応、送迎などをお願いされることもあります。

福祉施設

主に、高齢社のかたの相談に乗ってあげる仕事です。福祉施設なので、他の雑務も兼ねた仕事内容になっていることがあります。

また、残業が多い施設も多いため定着率が高いとは言えません。

ケースワーカーに関するおさらい

ケースワーカーに関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 公務員と民間で働くパターンがあり、公務員であれば安定した仕事環境を手に入れることができる
  • 福祉専門の学校でなくてもケースワーカーになるための社会福祉主事資格を取得できる場合がある
  • 民間のケースワーカーの場合、残業も多くシフト制になることがある

ケースワーカーは、働く環境によって待遇に差がある職種です。

ただし、困っている人を助け社会貢献ができるやりがいのある職種でもあります。人と向き合って役に立ちたいと思っている人は転職を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda