雑誌のグラビアや報道写真などの写真撮影を仕事にしているフォトグラファーという職業があります。フォトグラファーはどのような仕事をしているのか、何をすればフォトグラファーになれるのか、フォトグラファーの収入はどのくらいかなどが疑問点としてあげられます。この記事では、フォトグラファーの仕事内容・種類、フォトグラファーのなり方、フォトグラファーの年収や勤務などについて解説いたします。

フォトグラファーとは

フォトグラファーは、写真撮影を主な仕事としている方のことです。カメラマンや写真家とも呼ばれます。動画撮影をせずにアート的な色彩が強い方をフォトグラファーや写真家と読んで区別する場合もありますが、いずれもカメラを使った職業という意味では同じです。

フォトグラファーの仕事

フォトグラファーの仕事には、主に商業写真を撮影する場合とアート系の写真を撮影する場合があります。

商業写真の撮影

新聞社や出版社などで、新聞や雑誌などのメディアへ掲載する報道写真を撮影します。報道カメラマンと呼ばれることもあります。事件や事故の現場に行き、そこで起こった事をありのままに撮影します。デザイン会社、雑誌編集部、広告制作会社などで仕事をするフォトグラファーもいます。商品などの物を撮るモノを撮る(物(ブツ)撮り)と、モデルなどの人を撮る人物撮りがあります。物撮りと人物撮りとでは、撮影技術や撮影機材、撮影のポイントなどが違うため、どちらかに特化するフォトグラファーもいます。また、結婚式場や写真スタジオなどに所属するフォトグラファーもこの分類に入ります。

アート系写真の撮影

フォトグラファーの中には、アート作品として写真を撮っている方々がいます。このような方は、芸術活動の一環として自身の写真撮影をしているのです。グランプリなどで名を上げて写真集などを出版している人もいます。このような方の写真は、絵画や彫刻などと同じように芸術作品として扱われるのです。

フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるためには、特別な資格は必要ありません。手っ取り早い方法として写真に関する専門学校に通う方法があります。また写真に関する技術とセンスを磨いて、写真スタジオなどで修行したり、フリーランスになって自分を売り込んでいく方法もあるのです。

写真に関する専門学校に通う

フォトグラファーになりたい人の中には、写真に関する専門学校を利用する人がいます。専門学校では、写真に関する技術や知識を体系的に身につけることができ、また修了後はデザイン会社やスタジオなどへの就職をサポートしてくれます。確実に写真に関する技術を身につけ、就職先もあるという点では確実な方法です。

有名なフォトグラファーに弟子入りする

その他の方法としては、有名なフォトグラファーに弟子入りしてアシスタントとして技術を磨くという方法もあります。下積み時代は、賃金も低く恵まれた職場環境ではありませんが、師匠に認められて独立することができれば、師匠の人脈で仕事が貰えることもあります。

フォトグラファーの年収

フォトグラファーの年収には大きな差があります。会社に所属している場合はそれほどの差ではありませんが、フリーランスの場合、稼げる人と稼げない人とで大きなギャップが出てきます。では、平均的なフォトグラファーの収入はどのようになるのでしょうか。フォトグラファーの平均年収・月収は次のとおりです。

・平均年収:245万円
・平均月収: 18万円

この数字から分かるように、平均的なフォトグラファーは非常に収入が少ないと言えます。また、フォトグラファーは20代などの若年層が多いことが、年収を下げている一因になっています。

出典:はたらいく「フォトグラファーの年収・月収データ」

勤務体系と休日

フォトグラファーの勤務は、仕事の内容によって大きく異なります。新聞社などに所属する報道カメラマンの場合、事件が起これば、夜中であっても休日であっても現場に急行して撮影をしなければなりません。結婚式場のフォトグラファーの場合、土日が勤務となることが多いですし、風景写真が得意なフォトグラファーの場合は、明け方に出来かけたり、夜間の撮影があることも多くなります。一般的にフォトグラファーは、時間に不規則な勤務になりがちです。

主な職場

フォトグラファーの職場(就職先)は、会社や組織に所属して写真の仕事をする場合とフリーランスとして仕事をする場合があります。

新聞社

新聞社では、事件や事故などが起きたとき、現場に行って写真を撮影することが必要ですので、このような写真を撮影します。このような方を報道カメラマンということもあります。

出版社

出版社では、雑誌のグラビアなどの写真や書籍などに使用する写真を撮ります。フリーランスに発注する場合もありますが、大手の出版社では専属のカメラマンを抱えていることが多くなっています。

広告制作会社

広告制作会社では、駅や街角などのポスターや雑誌やネットの広告のための写真撮影をします。専属のフォトグラファーがスタジオや屋外にロケに行き、広告に使用する写真を撮影しているのです。

写真スタジオ

写真スタジオでは、七五三や成人式、家族の記念写真やなどを撮影する専属フォトグラファーがいます。

結婚式場

結婚式場で写真撮影する専属のフォトグラファーが多く活躍しています。結婚式場などには、ブライダルカメラマンと呼ばれる専属フォトグラファーがいて結婚式の様子を記録するという大事な仕事なのです。

フリーランス

フォトグラファーの中には、フリーランスで活躍している人がいます。それぞれ独自の専門分野を持っていることが多く、企業などから依頼を受けて仕事を行っています。

フォトグラファー:まとめ

ここまでフォトグラファーの仕事について色々説明を行ってきました。
・フォトグラファーは、写真撮影を仕事としている人のこと
・フォトグラファー仕事には、商業写真とアート系写真がある
・フォトグラファーには、フリーランスと会社や組織に所属している人がいる
・フォトグラファーになるには、専門学校利用や有名フォトグラファーへの弟子入りする方法がある
・フォトグラファーの平均年収は非常に低く、勤務は不規則になりがち
写真やカメラ好きにとって、気になる職業フォトグラファーですが、実態を理解して好きな事を突き詰めるという選択肢もあるのです。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda