結婚や出産を機に一時は仕事を離れたものの、「時間に余裕ができたからまた働きたい」「少しでも家計の助けになるよう仕事をしたい」などと考える人も多いかと思います。

しかし、再就職とは簡単にいっても「ブランクがあると採用されないのでは?」「フルタイム勤務はちょっと難しい」と不安に思うこともあるでしょう。

この記事では、主婦でも再就職は十分に目指せるという点や再就職に向けた準備などについて解説していきます。

主婦でも再就職に成功している

主婦の再就職では「社会復帰したい」と思ってはいるもののなかなか実行に踏み出せない人も多いことでしょう。しかし、働きたいという意志があれば、主婦であっても再就職は十分に目指せます。

以前までは男性は社会に出て働き、女性は家庭を守るというイメージが強かったですが、時代とともに女性も多く社会に出て活躍しています。またそういった女性の社会進出に対して国も後押ししたり政策を打ち出したりしています。

働いてお金を稼ぐのは簡単なことではありませんが、社会人として働く覚悟があれば、主婦でも再就職に成功するチャンスは十分にあるといえるでしょう。

以前よりも主婦の再就職が簡単になった理由

会社において、少子高齢化社会が続いていくと、一番の働き手とされている若者世代の割合が低くなっていきます。企業として働き手を確保するためには、主婦を雇うという選択肢も生まれやすくなります。

そのため主婦にとっては以前よりも再就職が容易になったと考えられます。ここでは具体的にどういった点で容易になったのかについて見ていきたいと思います。

主婦の再就職はブランクがあってもマイナスばかりではない

一般的にブランクの期間が長ければ長いほど再就職には不利な傾向にありますが、仕事から離れていた期間に何をしてきたかでその人への評価は大きく変わるものです。

例えば、特に何もすることなく1年間を過ごしてきた人に比べれば1年間資格取得のために活動していた人のほうが採用されやすくなるはずです。

同じように、たとえ主婦として家庭に入るために仕事を辞めたとしても「子育てを通じて代え難い経験をした」「いろいろな工夫をしながら家事をしている」といった経験は主婦にしかない才能といえます。

採用する側としても、即戦力としてどういった仕事ができるのかに注目しています。ブランクの期間に経験したことや過去の職歴を踏まえて主婦として転職するには「私にはこういった仕事ができます。」とアピールすることができれば、空白期間そのものがマイナス評価となることは少ないでしょう。

転職市場で全体の求人数が増えている

インターネット上には主婦向けの求人情報サイトも存在するなど、主婦でもパソコンを使って簡単に仕事を探し、転職できるようになりました。実際転職市場全体で求人数も増加傾向にあり、以前と比べれば働きやすくなったといえます。

やはり背景にあるのは、若者世代が減るなかで、企業が一定の労働力を確保するために他の世代や女性の力が就業環境において必要としているという部分が大きいでしょう。

正社員でも短時間で働くことも可能

主婦が再就職を目指す際、いくら子育てがひと段落したとはいえ家事などに時間を取られることで、なかなかフルタイムで働くことは難しいでしょう。

企業側もそのような状況を考慮するようになり、午前中だけの勤務や午後の数時間だけ働いてもらうなど細かなシフトが設定されている募集も多くなりました。

その結果、自分の働けそうな時間帯から短時間で働ける仕事を見つけやすくなったといえます。

まずは、主婦でも大手の転職エージェントへ登録はするべきかと思います。大手の求人数は、他のエージェントよりもやはり頼もしいものがあり、ご自身の希望にあった求人を紹介してくれるはずです。

主婦向け再就職支援を活用し社会復帰へ

主婦が再就職するには何かと不安はつきものですが、国もさまざまな取り組みを行って、働こうとする女性を支援しています。

また、女性の社会復帰を目的とした講座を行っている大学もあります。

 

自治体などの支援を知り転職へ

女性の社会参加へ向けた国が行っている取り組みの一つに、「輝く女性応援会議」というものがあり、これは内閣府男女共同参画局が情報発信を行っています。

この会議は、すべての女性が輝く社会を目指しており、それを実現するためのさまざまな活動を行っています。

「国がどういった方針で女性の社会進出を実現させようとしているのか」「今後どのように環境が変わっていこうとしているのか」を知ることができますので、興味のある人は参考にしてみてもよいでしょう。

大学による再就職講座を活用

女性の再就職に向けた支援を講義というかたちで行っている大学もあります。

例としては日本女子大学の「リカレント教育課程」、関西学院大学の「ハッピーキャリアプログラム」、明治大学の「スマートキャリアプログラム」などが挙げられます。

「本格的な仕事へ復帰したい」「将来的には立場のある役職へ就きたい」「独立できる力を身につけたい」などとする人には選択肢の一つとして考えてみてもよいでしょう。

再就職のための準備

いくら働きたいという気持ちがあっても会社に採用されなければ働くことはできません。

そのため、再就職に向けた準備はしっかりとしておきたいところです。ここでは3つのポイントについて解説していきます。

自己分析をし転職市場での価値を知る

「自分にはどういった仕事ができるのか」「自分の過去の職歴を活かせるのはどういった分野か」「自分が確実に働ける時間帯・曜日はいつなのか」などと考えることを自己分析といいます。

自己分析することによって自分の強みや弱み、どういった分野で力を発揮できそうか、などを知ることができますので、再就職を考えるうえで役に立つことでしょう。

「そこまで本格的に考える必要はあるの?」と思う人もいるかもしれませんが、自己分析には「こんなつもりではなかった」と採用前と入社後のミスマッチを防ぐ目的もあります。

働くのであれば長く勤めるに越したことはありません。再就職を考える際に、まずは自己分析をしてみることをおすすめします。

履歴書をあらかじめ作成して転職に備える

会社の応募には履歴書が必要になる場合があります。前職の採用時など、一度は書いたことがあると思いますが、やはり何度書いても慣れないものです。

ましてや、主婦として家庭に入るために仕事を辞めた人にとっては、ブランク期間があることに特に不安を感じてしまいそうです。

書き方についてですが、空白期間があること自体は変えようのない事実なので、決して嘘の記載をすることなく記入し、その期間に「どういった経験をしてきたか」「自分にはどういった仕事をすることができるのか」を自己PR欄に書くようにするとよいでしょう。

また、複数の会社を受けるからといって、履歴書を写したり、使い回しをしたりすることのないようにしましょう。

履歴書は受ける会社によって伝えたい内容が変わってくるものです。

目の肥えた面接官であれば一目で「この履歴書は使い回しだな」と見抜かれる可能性があり、それによって評価を落とされてしまうこともあります。

面接対策をしておき、再就職のブランクをカバー

家庭での生活が長いとついつい面接の場もその延長線上と考えてしまいがちですが、そこは気を引き締めてビジネスの場であると認識して面接に臨むようにしましょう。

また、最低限履歴書に書いたことは暗記しておき、面接で話す内容と履歴書に書いてある内容が違わないよう落ち着いて面接官の質問に答えるようにします。

その際「残業はできますか?」「子どもが病気になったらどうしますか」などの聞かれやすい質問に対してはあらかじめ準備しておくとよいでしょう。

面接対策はこちらの記事も参考にしてみてください。
就職 転職における面接の一連の流れを総ざらい

主婦の再就職に関するおさらい

主婦の再就職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 例え主婦でも働こうとする意志があるのであれば十分に再就職するチャンスはあるといえる
  • 求人数が増えている、短時間勤務などフルタイムではない働き方がしやすくなった等の理由から再就職がしやすくなった
  • 応募すれば誰でも採用されるというわけではないので、自己分析や面接対策は重要
  • 国や自治体などの活動に目を向け情報収集したり、大学の講義を利用したりするのも一つの方法