昨今の景気不透明さにより、多くの人が将来の心配をしていることがうかがえます。高卒や大卒で働いて、自身が務めている会社で問題ないか、転職を考えたほうがいいかといった悩みはつきものです。

この記事では、正規社員や非正規社員、転職した場合などの生涯年収について解説します。

生涯年収とは

一生涯に得る年収のことで、基本的には学校を卒業してから定年するまでの期間の収入をさします。

残業代などの各種手当、退職金も含まれます。

生涯賃金とは

退職金を含まず、生涯の賃金を統計したデータ(参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構 ユースフル労働統計2016)によると、以下のようになります。

参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2016」

卒業後、正規社員で60歳まで転職なしで働いた場合の生涯賃金

60 歳で退職するまで転職をせず、フルタイムの正規社員で勤め挙げた場合の生涯年収は以下のようになります。

男性
高卒…2 億5千万円
高専・短大卒…2 億5千万円
大卒…2 億8千万円
女性
高卒…1億9千万円
高専・短大卒…2億円
大卒…2億4千万円

高卒の方が大卒よりも就業年数が早いため、生涯賃金が多くなりそうですが、学歴の高い方が結果的に男性・女性ともに生涯賃金が多くなっています。

この結果から、学歴が高くなると賃金水準が高くなっていることがわかります。

転職ありの場合の生涯賃金

製造業1000 人以上を擁する企業規模で、男性大卒者が転職をした場合をモデルにした場合

25歳…生涯賃金の減少率は5%
40歳前後…生涯賃金の減少率は10%近く

若い年齢で転職をした方が生涯賃金の減少率は低く抑えられています。

非正規社員で働いた場合の生涯賃金

厚労省が統計している「賃金構造基本統計調査」の正規社員と非正規社員の給与格差を加算して生涯賃金をみてみると、2015年のデータでは、正規社員が約1億8000万円に対し、非正規社員は約1億円と、大きな差がでています。

統計は平均によって算出されていますので、人によっては正規社員と非正規社員で約1億円の生涯賃金の差がでていることになります。

参考:厚労省「賃金構造基本統計調査」

学歴別の非正規社員の生涯賃金

学校卒業後にフルタイムの非正規社員で働いた場合、そのまま定年の60歳まで退職金を含めない生涯賃金は以下のとおりです。

男性
中卒、高卒・高専・短大卒…1億3 千万円
大学・大学院卒…1 億5 千万円
女性
中卒・高卒…1億円
高専・短大卒…1億1千万円
大学・大学院卒…1億2千万円

男性の場合、正規社員の生涯賃金の2億5千万円なのに対し、非正規社員の生涯年収は1億3 千万円と、約1億円は差がでています。

生涯賃金に影響する要素とは

生涯賃金に影響する要素は、正規社員と非正規社員の格差や、企業規模、業界別などの違いです。

正規社員でも学歴が高いほうが必ずしも年収が高いわけではなく、高卒でも大卒よりも多くの収入を得ている結果もあります。

正規社員と非正規社員の格差

正規社員と非正規社員の給与格差は、月給ベースでみると若い世代ではそれほど大差はありません。

これに各種手当や賞与が入って若干正規社員が多くなっています。

しかし、30代以降になると、昇給によって正規社員は収入も増えていきます。
反対に、給与が伸び悩む非正規社員は、収入の伸びがほとんどありません。

また、福利厚生面でも正規社員が充実しています。そのような面からみて、収入が増えないまま、仕事量が変わらない非正規社員はモチベーションの低下につながります。

企業規模の違いでの生涯年収

企業規模別にみると、規模が大きくなるほど多くなる傾向になっています。

男性を例にみると、違いは以下のとおりです。

企業規模が1000人以上の場合
高卒…2億8千万円
大卒…3億1千万円
企業規模が10人から99人の場合
高卒…2億円
大卒…2億2千万円

このことからも企業規模が大きいほど、生涯賃金も高くなっています。

さらに、学歴を見ても、企業規模が大きい高卒と中小企業の大卒だと、意外にも高卒の方で生涯賃金が多くなっているのが分かります。

業界別での平均年収

業界別で平均年収(全年齢)を見てみると、

男性
金融業・保険業…460万円
教育・学習支援業…440万円
情報通信業…403万円
学術研究・技術サービス業…400万円
宿泊業・飲食サービス業…263万円
運輸業・郵便業…265万円
女性
教育・学習支援業…307万円
情報通信業…290万円
学術研究・技術サービス業…281万円
宿泊業・飲食サービス業…185万円
運輸業・郵便業…203万円

男女ともに、「宿泊業・飲食サービス業」「運輸業・郵便業」の年収が低くなっています。

生涯年収は退職金も含む

定年へ向けて団塊世代が多くなっている企業では、退職金が重荷になっています。
それをうけて退職金制度が無くなりつつある傾向にあります。

現在社則で決められている企業は、退職金を無くすのは難しいです。しかし、もともとの給与を年俸制にして、退職金を含んだ年収にする企業や、1年分の退職金を賞与に上乗せするなど、退職金というキーワードを減らす企業が増えています。

よって、生涯年収は退職金も含めた金額で算出したほうがわかりやすくなっています。

また、生涯年収は経済情勢や業界の状況にもよります。

円高や製造業界のリコール問題など、近年では大手企業でも利益下方修正するのが珍しくなく、それによって生涯年収も大きな影響を受けることになりかねません。

生涯年収についてのまとめ

一般的に学歴が高いほうが生涯年収も多くなり、転職をせずに同一企業で働いたほうが退職金も含めるとより多くなります。しかし、企業規模でみると、高卒でも規模が大きい企業に勤めた方が、中小企業の大卒よりも生涯収入は逆転しています。

また、非正規社員は正規社員に比べると生涯年収が低くなっています。
生涯年収を高くするためには、早く正規社員になったほうがいいでしょう。

いくら大卒といっても、非正規社員になると、年収も大きく下がってしまいます。規模が小さい企業の高卒よりも少ないので、福利厚生面から比べても不利といえます。

その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。
dodaへ

企業の規模によっても、収入は大きく変わってきます。さらなる収入アップを目指して転職を検討してみてもいいかもしれません。