退職を決心したときには、その先どうするか、転職先では上手くやっていけるかなど、先のことを気にしてしまうでしょう。しかし、今務めている会社を退職するときにトラブルに至るケースも少なくありません。

先のことをしっかり考えられるように、また決まっている転職先に迷惑をかけないためにも、退職交渉が必要です。ここでは、退職交渉とは何か、退職交渉の進め方、注意点などをご紹介します。スッキリした気持ちで前に進めるよう、上手く退職交渉ができるでしょう。

退職交渉とはそもそも何か?

退職交渉とは、その時期などについて、上司と話し合いをしながら手続きを進め、スムーズに会社を退職するための交渉をいいます。退職交渉は円満退職のため、また引き止めや引き延ばしなどがないように必要な交渉です。

以下の記事では退職後の転職先について不安がある場合に手助けしてくれる転職エージェントについて解説しています。この記事と合わせて、よりスムーズな転職を目指しましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!
マイナビエージェント 転職活動の始め方

退職交渉はまず上司に切り出す

退職交渉は、直属の上司へ退職の意志を伝えることから始まります。周囲の人にはもらさずに、上司に切り出すのが大切です。退職の意志を伝える時期は、まずは就業規則など会社のルールを確認しましょう。遅くても、希望退職日の1か月前までには申し出るのが常識的です。

退職の申し出は、法律では2週間前までと決まっています。しかし、実際には引継ぎや後任探しなどがあります。円満退社のためには2か月前ほど前のほうが望ましいでしょう。また、会社によっては申し出の時期が決まっている会社もあり、1~3か月前などが平均的です。

退職交渉の第一歩の上司への切り出しの時点では、いきなり退職願を提出するのは非常識とされています。まずは上司との話し合いから進めましょう。

退職を切り出す場所については以下の記事で解説しています。この記事と合わせて、スムーズな知職を目指しましょう。

退職の伝え方と伝える際の場所 退職願の提出時期を詳しく解説

退職を引き止められたら感謝を伝える

たいていの場合、上司は、一度は退職を引き止めてくれます。まずは、感謝の気持ちを伝えましょう。

それ以上引き止めがあるときには、個人的な退職理由を説明します。理由が会社の愚痴や悪口にならないように、また雇用条件の不満などにならないように、冷静な説明につとめましょう。

会社に原因がある理由だと、上司は状況がかわれば、退職を諦めると思ってしまいます。すると、配置転換などの改善策や打開策を提案してくる可能性があるでしょう。

ひとつひとつの策を断ったり、話し合いを重ねたりすると、退職するまでどうしても時間がかかってしまいます。そうならないためにも、前もって個人的な退職理由を用意しておきましょう。建前でも大丈夫です。

退職を伝える際に気をつけなければ、スムーズに退職が出来なくなってしまう場合があります。以下の記事では退職を伝える際に重要なコツや注意点、退職理由の選び方などについてを詳しく解説しています。

退職の際に引き止められた場合の対処法 引き止められる理由
仕事を辞めるための退職理由のいい例、よくない例 例文と解説
退職理由の伝え方 ネガティブな理由をポジティブに伝える方法
円満退社とは何か、円満退社の退職理由や、切り出し方を解説

 

退職交渉の前の引継ぎと退職日の擦り合わせ

退職の意志を切り出す際に、その後の交渉もスムーズに進めるためにも、自分自身の退職の意志の固さだけでなく、会社へ迷惑や損失をかけないための配慮をすることも伝えることも大切でしょう。

有給休暇が残っているのであれば、消化期間なども含めて相談しなければなりません。少し早めの2か月前くらいに切り出す事が、退職交渉に有利です。

あらかじめ、自分の仕事の引きつぎにはどのくらいの期間が必要かも考えておいて、上司に提案すると退職交渉がさらに進めやすくなるでしょう。

退職時の有給休暇の注意点と計算方法についてを以下で解説しています。この記事と合わせてご覧ください。

退職時の有給消化について 有給休暇の注意点と計算方法

会社と合意したら退職願を提出する

上司との話し合いで上司から承認を得たら、会社に提出する退職願を用意します。

事前に就業規則などを確認しましょう。指定のフォームがあるか、提出先は上司または人事部に手渡しか、メールや郵送が指定のこともあります。また、退職日のどのくらい前までか、などの指定されている場合もあります。不安な場合は人事部に聞きながら用意しましょう。

退職の際に必要になる手続きや、書類については以下の記事で解説しています。この記事と合わせて退職のための準備を進めましょう。

退職の手続きについて 受け取るものと返すもの書類などの解説
退職をする際の業務の引き継ぎについて 引き継ぎをする際のポイント
仕事に対するやりがいについて解説、やりがい搾取に関する注意点

退職交渉での注意点

退職交渉での注意点は以下の通りです。

退職交渉を上司任せにしない

退職交渉では、確認事項や引継、後任者の選出など時間がかかることもあります。上司が忙しい場合には、なかなか進めてもらえないこともあるでしょう。

上司任せにしておくのではなく、「いつ○○がわかりますか?」などと確認しながら、念押しをして進めていくことも必要です。

また、先にも述べたように、引継ぎのスケジュールを考えて提案するなどの自らの行動で、スムーズに進めるようにしましょう。

特に、転職先が決まっている場合には、先方に迷惑をかけたり、退職が間に合わないと、最悪の場合、内定取り消しもありえます。早めの確認と行動を心がけましょう。

退職理由は一身上の理由にする

引き止めの材料になることもある退職理由は、必ず上司・会社に詳細に伝えなければならないわけではありません。会社に関係する理由だと、解決方法を提示されて引き止められることがあります。

スムーズな退職交渉に支障がないのであれば、「一身上の都合」としてもよいでしょう。

以下の記事では「一身上の都合」についての正しい意味と使い方を解説しています。使う場面で間違いの無いように、ここで確認しておきましょう。

ビジネスにおける「一身上の都合」の意味と正しい使い方

退職交渉では強い気持ちを持つべき

引き止めに合ったときや、退職理由に上司が納得してくれないときには、打開策などを提示してくれることもあります。策や条件と引き換えに退職を諦めたとしたら、その後は上司にとって、一度退職を考えた人と認識されます。

日常の業務には問題はないかも知れませんが、人事評価や判断などになんの影響もないともいい切れません。また、会社からよい条件を引き出したいときには、今後も退職をかざすことになる可能性があります。

一度決意して退職交渉を始めたからには、最後まで強い意志を突き通すのも大切です。退職交渉を始める前には、よく考えてから切り出すようにしましょう。

また退職の際に、退職金に関して知っておくとよいでしょう、この記事と合わせて退職への準備を進めましょう。

退職金の相場、退職金がない企業についてなどを具体的に解説
退職後、失業保険はどのタイミングで給付されるかを退職理由別に解説
退職金制度とは何かや退職金に頼らない場合の貯蓄方法について解説

退職交渉についてのまとめ

  • 退職交渉とは、上司と話し合いをしながら退職の手続きを進める交渉で、スムーズに会社を退職するためのものです。退職交渉の第一歩は、直属の上司に退職を切り出すことから始まります。
  • 切り出しは、退職希望日の1~3か月前を目安に、会社の規則に従いましょう。退職を引き止められたら、まずは感謝の気持ちを伝え、個人的な理由を説明します。また、退職の切り出しの時には、最初に上司に退職願を出す必要はありません。
  • 退職交渉では、引継ぎと退職日の擦り合わせが主になります。会社や周囲の人に迷惑をかけずに退職できるよう配慮して、交渉するようにしましょう。上司・会社から退職の承認をもらったら、退職届の用意をします。
  • 退職交渉での注意点は、上司任せにしないこと、退職理由は個人的な理由にすること、強い気持ちを持つことなどがあります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda