ニートから仕事をしようと思うには、将来に不安を覚えたり、生活が苦しくなったり、さまざまなことがあるでしょう。ニートからの脱出は、簡単ではありません。しかし、せっかく仕事を探そうと思ったなら、まずは実際に動いてみることが大切です。

ここでは、ニートの仕事探しで自覚すべき厳しさやその理由、おすすめの仕事や探し方についてご紹介します。ニートからの仕事探しの成功へぐっと近づけます。

ニートから仕事に就くのは難しい事を覚悟しよう

社会のニートに対する目は厳しいのは、だれでも想像がつきます。それはその人自身がどうなのかよりも、「ニート」という言葉自体にネガティブな印象があるかためです。

「ニートです」と自己紹介する人はいないものの、履歴書から「ニート」の言葉が思い浮かんでしまったら、その時点で就職活動では、他の人から一歩遅れをとってしまったと思いましょう。

ニートの仕事探しが厳しい理由

一般的な就職活動でも、自己分析は重要です。「ニート」という言葉から社会が抱く印象を理解して、自分にも該当するか自己分析をしてみましょう。

ニートに該当する特徴
・不規則な生活
・コミュニケーション能力の低さ
・責任感の低さ

これらのニートの言葉のイメージに該当しないのであれば、それはアピールすべき点です。仕事のブランク期間の説明は面接で求められることが考えられます、面接などで将来のなりたい自分を話し、ポジティブな印象になるように上手く活用しましょう。

以下の記事では責任感のある人の特徴や、見習うべきポイントについて解説しています。この記事と合わせて、ご自身の発展にお役立てください。

性格における責任感がある人の特徴とビジネスでの適切な役割
真面目系クズとは一体何か、その特徴と改善方法についての解説
当事者意識とはなにか、当事者意識を持たせるための方法を解説
仕事にストレスを感じやすい人の特徴・原因 ストレスに対する対処法

 

ニートにおすすめの仕事

ニートから仕事を探す場合には、まずはアルバイトや紹介派遣なども探してみるのがおすすめです。いきなり正社員として働くための就職活動をすると、なかなか仕事が決まらず、就職活動のやる気をなくしてしまう可能性があります。

ハードルの低いものから仕事探しの練習を重ねるつもりで、就職活動を始めてみるのも一つの方法です。ニートからの仕事探しには、以下のポイントを抑えると、就職してからも働きやすいでしょう。

ニートからでも選びやすい仕事
・人との関わりが少ない仕事
・簡単な仕事
・趣味や興味のある分野の仕事

とにかく仕事をすることを目指すのではなく、続けられる仕事を探すようにしましょう。ブランク期間が長くなるのはよくないことですが、短いブランクでも何度も仕事をかえるのも、長い目で見るとリスクになってしまいます。

以下の記事では人と関わりの少ない仕事を解説しています。ご自身の興味に合わせて気になるものをご検討ください。

工場勤務の志望動機 書き方とアピールの仕方
整備士の仕事内容や種類 なるための方法や必要な資格について解説

ニートの仕事の探し方

ニートでも仕事を見つけ出しやすく、続けられる仕事に出会える方法がいくつかあります。

知り合いの紹介で仕事を探す

まずは、他の人に仕事を探していることを宣言するのがおすすめです。他人に宣言すると緊張感とともにやる気が続き、手助けをしようとしてくれる知り合いからの仕事の紹介がある可能性もあります。

特に頼りになりそうな人には、電話で仕事の紹介をお願いするのもよいでしょう。

ある程度の知り合いであれば、性格や経歴をわかっていてくれて、続きそうな仕事を紹介してくれるケースも少なくないです。一般的な会社員の転職でも、紹介による転職の成功例も多く、情報収集にもなるでしょう。

小さな会社を狙って仕事を探す

大企業は、わざわざブランク期間があるニートを採用しなくても、他に応募があるでしょう。小さい会社なら、応募自体が少なく、競争率がぐっと低い傾向にあります。

また、学歴や経歴を履歴書や職務経歴書で判断するだけでなく、面接で話を聞いてくれることが多いため、人間性ややる気をアピールしやすい可能性が高いです。

家族経営や身内で経営しているような小さな会社では、大企業とは採用の基準が違います。ニートを脱出して仕事をしたい気持ちを伝えるようにしましょう。

ニートの就職支援をしている転職エージェント

転職エージェントは、社会人の人がキャリアアップのための転職に使うだけのところではありません。若年層や社会人未経験の人に特化した転職エージェントもあります。

ニートからの就職活動は、1人で地道にがんばらないといけないため、続かない人も少なくないでしょう。そんなときにはサポートもある転職エージェントを活用すれば、活動をするモチベーションを保てるメリットもあります。

厳しいこともアドバイスされることがあるかも知れませんが、それが一般社会の受け取り方だと思って、就職活動に向き合っていきましょう。

若年層や社会人未経験の人の転職には転職エージェント ハタラクティブがおすすめです。


また以下でも転職についての役立つ情報を解説しています、この記事と合わせてよりスムーズな転職を目指しましょう。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!
マイナビエージェント 転職活動の始め方

ニートが仕事に就くための方法まとめ

  • ニートからの仕事探しは、ニートという言葉のイメージからネガティブな印象を与えてしまうので難しいのを覚悟しましょう。不規則な生活、コミュニケーション能力の低さ、責任感の低さなどのイメージがあるので、自己分析をして、自分に該当しないと思うなら、その点をアピールするのがいいでしょう。
  • 仕事探しは、いきなり正社員を考えるよりも、バイトや紹介派遣も視野に入れて活動するのがおすすめです。人との関わりが少ない仕事、簡単な仕事、趣味や興味のある分野の仕事など、長く続けられそうな仕事から応募するようにしましょう。仕事探しのモチベーションを維持するにも、ハードルの高い求人にばかり挑戦するのはおすすめできません。
  • ニートからの仕事の探し方は、知り合いに就職活動を宣言して、紹介してもらう機会を増やすこと、小さな会社を狙う、ニートなど若年層の就職支援をしている転職エージェントを利用するのもおすすめです。目先の仕事に飛びつかず続けられる仕事を探せば、再びニート生活に戻らないようにできます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda