ふるさと納税の話を耳にして、気になりつつも、まだやったことのない人も結構いるのではないでしょうか。ふるさと納税は自分の故郷はもちろん、他の地域の支援もできて、その街の特産物などの返礼品ももらえる素敵な制度です。ここでは青森県のふるさと納税について解説いたします。

ふるさと納税とは何か

総務省が導入を決めたふるさと納税。納税という名前ですが、実際は寄付です。寄付で集めた資金を利用して、その地方を活性化させようという目的があります。ふるさと納税には以下のような3つの特徴があります。

・ふるさと納税の納税者が寄付先を決められる
「ふるさと」と名前がついているものの、自分の本当のふるさと以外の地域にもふるさと納税を行うことができます。寄付する人が好きな自治体を選択し、寄付することができる仕組みがふるさと納税です。

・住んでいない地域にも貢献できる
ふるさと納税の納税先は募集している地域ならどこでも選択できます。自分のふるさとはもちろん、自分が住んだことのない地域に納税することもできるのが特徴です。個人的に応援したい自治体やゆかりのある自治体を選び、間接的に支援をする事が可能です。

・自治体はふるさと納税を通して全国に地域をアピールできる

ふるさと納税は自治体にもメリットがあります。ふるさと納税を行うことによって、自治体は全国に名前を覚えてもらうことができるだけでなく、地域の特産品のPRもできます。観光誘致にも活用でき、地方の経済が活性化する可能性を秘めています。

わかりやすい!ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

青森県十和田市ってどんなとこ?

十和田市

●十和田市の場所・人口
青森県十和田市(とわだし)は、青森の東南から南部にかけて位置しており、国の特別名勝及び天然記念物に指定されている「十和田湖」と「奥入瀬渓流」は、毎年多くの観光客が訪れる場所です。

十和田湖周辺は国立公園や鳥獣保護区があり、生き物や自然が大切に守られており、現在、人口は約62,000人です。十和田市現代美術館をはじめとして「アートの街」としての顔も持っており、町と自然を両方楽しむことができる地域です。

●十和田市の名前の由来
十和田市の名前の由来は十和田湖から来ています。十和田湖はアイヌ語の「と(湖)」「わたら(崖)」が語源といわれています。アイヌ語で「ト・ワタラ(岩の多い湖)」が「十渡(とわたり)の湖」といわれるようになり、現在の「十和田」という漢字に変わりました。

●十和田市の観光名所
十和田市の主な観光名所は「十和田湖」と「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」です。

十和田湖は約4万年前の十和田火山の大噴火によって現在の湖の原型ができたといわれています。そのため湖周辺にはブナやカツラなどの自然林が広がっており、野生生物も生息しています。

遊覧船やガイドツワーもあり、四季折々の景色を楽しむことができるでしょう。また十和田市には高村光太郎の一対のブロンズ裸婦像「乙女の像」が建てられています。

十和田市街地には、十和田湖周辺とはまるで違った景色を見ることができます。十和田市官庁街通りは通称「駒街道(こまかいどう)」と呼ばれ、日本の道・百選にも選ばれています。

また十和田市現代美術館には国内外の21名のアーティストがオリジナルで制作した作品が展示されており、十和田市はアートの街としても盛り上がっています。また、「まちなか全体がアート」をコンセプトに様々なアート作品が道沿いに展示されているのも見どころです。

十和田の地域はかつて多くの名馬を輩出し、軍馬の育成にも力を注いだ街だったため、馬産地日本一を誇っていました。十和田市馬事公苑ではその歴史を大切に守りながら、現代に伝えています。乗馬趣味レーションや体験コーナーもある人気のスポットです。

●十和田市の特産品
十和田市には様々な特産品があります。十和田市のお菓子の代表は「しろたものさと」です。古くから地元のお菓子として愛されていて、仏前などの供え菓子としても利用されてきました。外側がバターミルクのように甘くコーティングされており、中が白あんの和菓子です。

他のお菓子で有名なのは、青森県産のそば粉を使用して作られたふわふわ蒸しカステラの中にシソの葉を入れ、あんを包んだ、そばまんじゅうの「ふるさと」や全国菓子職人王決定戦で準優勝に輝いた「魔女のプリン」などがあります。

相馬菓子舗が作っている「アップルケーキ」は、青森県産のりんごをベースにして作られており、香りが高いバターケーキや、十和田湖に奥入瀬渓流と水が綺麗な地域なので、その水を使った純米酒も特産品の一つです。

古くから伝統を守ってきた地域でもあり、民工芸品も残っています。南部裂織や青森産南部桐を使って手作りで製作される草履、十和田きみがらスリッパなどがあります。

青森県の方言で、とうもろこしは「きみ」と呼ばれ、昭和20年代はじめからとうもろこしの皮をつかってスリッパが作られるようになりました。これが十和田きみがらスリッパです。

青森県十和田市のふるさと納税返礼品

有名な十和田湖、奥入瀬渓流、アートの街として活気のある十和田市のふるさと納税返礼品には、綺麗な水を生かしたものが多く見られます。純米酒や大吟醸などの日本酒、奥入瀬源流水、十和田産の生乳だけを使って培養した奥入瀬のむヨーグルト、奥入瀬珈琲などです。

特産品としてご紹介もしました南部裂織スリッパやキッチンマット、テーブルセンターやランチョンマットなどがあり、農作物でよく獲れるごぼうやねぎを使った加工品セットも用意されています。奥入瀬黒豚やその加工品、冬はりんご詰め合わせなどもあります。

十和田ならではの返礼品としては、南部裂織地機体験チケットや奥入瀬渓流温泉の宿泊券、十和田市美術館鑑賞セットなどが見られます。

青森県三沢市ってどんなとこ?

三沢市

●三沢市の場所・人口
青森県三沢市(みさわし)は青森県東部に位置し、太平洋に面した地域です。幻の鳥オオセッカの最大の繁殖地で、「仏沼」は世界的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されています。

米軍基地や全国有数の航空施設があり、異国情緒が漂う街は日米交流などのイベントも楽しむことができます。

●三沢市の名前の由来
三沢市の名前の由来には3つの説があります。1つ目はアイヌ語の「ミボロナイ(水のたくさんある沢)」が語源であるというもの、2つ目は地が浜が見える沢であったため。3つ目は3つの沢があったため、というものです。

三沢市の観光名所
三沢市は全国有数の航空施設があることから、観光施設として、三沢航空科学館があげられます。また、三沢市にゆかりのある寺山修司の記念館があります。

自然を楽しむにはラムサール条約に国際登録されている湿地「仏沼」や太平洋展望台、三沢ビードルビーチ、小川原湖畔などがおすすめです。

三沢市の特産品
豊かな自然に囲まれた三沢市では農作物がよく獲れます。日本一の流通出荷量を誇るごぼう、ながいも、にんにくなどの野菜です。

ごぼうやながいもを使った加工品も色々と開発されており、みさわごぼう茶や牛蒡うどん、ゴボウそば、ながいも羊羹、ながいもアイス、ぼうアイスなどがあります。

三沢産のにんにくは良質で、青森県で毎年行われている「にんにく品評会」で最優秀賞を15年間で9回も受賞している事で有名です。

また、海が近いため、昼いか・ヒラメ・ほっき貝などの海産物も豊富です。三沢産のやまざきポークも有名で、一般豚の約7倍のビタミンEが含まれており、あっさりとした脂質と臭みのない柔らかい肉質が特徴です。

青森県三沢市のふるさと納税返礼品

大空のまち、青森県三沢市のふるさと納税返礼品は航空関連のグッズも用意されています。ブルーインパルスのグッズセットや三沢基地航空祭グッズセットなどがあります。

特産品のみさわごぼうを使った食品添加物無添加でノンカフェインのごぼう茶や三沢基地カレーセットなど、独自の返礼品が多く見られます。また、寺山修司記念館へのペア入館券には館内ツアーとお土産が付いてきます。

青森県むつ市ってどんなとこ?

mutusi

むつ市の場所・人口
青森県むつ市は本州最北端の下北半島に位置しており、津軽海峡や平舘海峡、陸奥湾の3つの海に囲まれた地形で、海の食材に恵まれています。

むつ市の面積の多くが下北半島国定公園に指定されています。日本三大霊場の「恐山」や「薬研」などの温泉、国指定の天然記念物である「北限のサル」など自然豊かな地域です。人口は約59,000人(平成29年時点)です。

むつ市の名前の由来
むつ市の名前は、昔の国の呼び名である陸奥国にちなんで、つけられたもので、昭和35年にむつ市が誕生しました。

むつ市の観光名所
むつ市の観光は自然を満喫できます。むつ市を含む下北半島5市町村は、日本ジオパーク(地球科学的な価値を持つ遺産を保全する地域認定プログラム)に認定されており、平成28年9月に「下北ジオパーク」が誕生ました。

むつ市の特産品
むつ市には美味しい食べ物がたくさんあります。特に江戸時代から続く漁業としてタラ漁が有名で。脇野沢を代表する魚「マダラ」はこの地域でよく獲れます。

ほくほくとして甘く、栄養価も高い「アピオス」もむつ市の特産品です。見た目は小さな芋のようですが、北アメリカ原産のマメ科の植物です。日本では青森県での栽培が始まりだったと伝わっています。

明治初期に青森県のりんご農家がりんごの苗木を導入した際に、たまたま土の中に混じっており、自生し、繁殖しました。美容によい食材として人気があります。

他にもイノシシ肉やお米「ほっかりん」、ほたて貝、ナマコ、スルメイカ、ヒラメなどの海産物も特産品としてあげられます。

果物ではりんごだけでなく、ペチカと呼ばれる夏秋イチゴがあります。下北地域の夏は涼しく、その気候を利用して夏場の収穫を可能にしました。

青森県むつ市のふるさと納税返礼品

美味しい食べ物が満載の青森県むつ市のふるさと納税返礼品には、海の幸が見られます。津軽海峡産のまぐろやサーモンのお刺身・いかやほたての加工品・塩うに・さば水煮缶・乾燥なまこ・一夜干しセットなどです。また東北で有名なお菓子、南部せんべいも用意されています。

食べ物以外では、日本三大美林の「青森ひば」で作られたまな板や、風呂いす、湯桶、積み木などが見られます。

青森県のふるさと納税返礼品についてのまとえ

  • 青森県十和田市、三沢市、むつ市は山も海もある大自然を堪能できる地域です。
  • 観光だけでなく、食べ物が美味しい地域として、観光客にも人気があります。
  • また、伝統的な習慣や文化、遺産も残っているため、歴史を感じることもできます。
  • 青森県十和田市、三沢市、むつ市にご興味をお持ちになった方はふるさと納税を行なっていただければと思います。