失業保険が給付される日数を3分の1以上残して再就職するともらえる再就職手当ですが、なんとなく知っているようで詳しくは知らないものです。

この記事では、再就職手当に関する内容を解説します。

再就職手当とは

再就職手当とは、雇用保険法に規定されている就職促進給付の就業促進手当の一つです。

雇用保険の被保険者が失業した時にもらえる失業手当ですが、残り日数を3分の1以上残して再就職した場合に支給されます。

失業保険を使い切るよりもメリットが多い

「失業保険を全てもらってから就職した方が得だ」と考える方もいるかもしれません。

どうしても働きたくないという人はそれでもいいかもしれませんが、働く意思のある人は、失業保険を全て使い切るよりも、日数を残して再就職した方がメリットは大きいです。

再就職をして働いたぶんの給料がもらえ、その上で再就職手当が支給されます。
よって、もらえる給料を考えれば、同じ期間の収入の合計は失業保険手当よりも断然多くなります。

また、失業保険の支給が終わるギリギリになって再就職先を探すのは精神的にも負担になりますので、早めに再就職できれば心にも余裕ができます。

失業保険に関する記事はこちら
退職後、失業保険はどのタイミングで給付されるかを退職理由別に解説
失業保険を受給する際に必要な「離職票」を貰うまでの手続きについて

再就職手当を受給できる条件

再就職手当を受給できる条件はいくつかあります。
ハローワークで定められた条件のうち重要なものをまとめました。

再就職手当を受給できる条件
・受給手続きをしてから7日間が過ぎて再就職する。
・失業保険の支給日数の3分の1以上を残して再就職する。
・離職した事業所に再び就職したものではない。また、再就職先が離職した事業所と密接な関わり合いがない事業所であること。
・1年を超えて勤務することが確実であること。
・原則として、雇用保険の被保険者となっていること。
・過去3年以内の就職について、再就職手当や常用就職支度制度の支給を受けたことがない。
・受給資格決定前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでない。

再就職手当の計算方法

・失業保険の支給日数を3分の2以上残して再就職した場合
→残りの金額の70%
・失業保険の支給日数を3分の1以上残して再就職した場合
→残りの金額の60%

再就職手当申請手続きの期限

雇用保険施行規制には、再就職手当の申請手続の申請期限は1ヶ月と記載されています。

再就職して初めの頃は職場の雰囲気にも慣れなければいけません。なにかと忙しくて「つい申請期限を過ぎてしまった」ということもあるかと思います。

しかし、再就職手当には申請期限を過ぎてからでも申請する方法があります。

2年後の時効成立前なら再申請できる

申請期限を過ぎてしまっても、2年の時効の期間内であれば申請が可能です。

ただし、申請期限が過ぎた後は、再就職手当の支給が通常より遅くなったり、雇用保険の他の給付金が返還になったりしてしまう場合があります。

できる限りは1ヶ月の申請期限の間に申請を行うようにしましょう。

再就職手当の振り込みの時期

再就職手当の支給日には明確な規定はない

再就職手当にスピードを期待してはいけません。

基本的に申請してから支給されるまでのスピードは、失業保険手当が給付されるスピードよりも遅くなります。

失業保険手当は、失業者の生活を支えるために支給されるため、迅速さが求められます。
反対に、再就職手当はそこまで急を要するものでないと認識されているため、実際に支給されるまでには多少時間がかかります。

再就職手当はあくまで「お祝い金」と考え、生活のあてにはしない方が賢明です。

最短でも1ヶ月半くらいはかかる

気になる再就職手当の支給の時期ですが、どんなに早くても申請から1ヶ月半くらいはかかります。

場合によっては、2ヶ月程度の時間を要することも多いです。

再就職手当の支給は、ハローワーク側がかなり慎重に確認作業を行うことが理由です。

また、申請書類に関しても厳しくチェックされ、もし不備があった場合は再提出が必要となります。
申請書類は間違いがないように注意して書きましょう。

他の就業促進手当

雇用保険の失業等給付の就職促進給付には3種類の就業促進手当があります。

一つ目はこの記事のテーマである「再就職手当」。そしてあと2つは「就業促進定着手当」と「就業手当」です。

・就業促進定着手当
再就職手当を支給された人がその再就職先で6ヶ月以上働き、かつその間に支払われた賃金の1日ぶんの額が、雇用保険の給付を受ける前の職場の1日ぶんの額よりも低い場合に受けられる給付金です。

・就業手当
基本手当の受給資格を持つ人がアルバイトなど常用雇用等以外の形態で就業した場合に、基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、一定の条件を満たす場合に支給される給付金です。

再就職手当についてのまとめ

再就職手当は雇用保険法に規定される就職促進給付の就業促進手当の一つです。
失業保険を使い切ってから再就職するよりも、早めに再就職して再就職手当をもらった方がメリットは大きくなります。ただし、再就職手当の支給にはある程度の時間がかかるので、生活のあてにはしない方が賢明です。

こちらのも参考になります。
転職に伴う退職に必要な手続き・必要書類一覧
中高年の再就職が難しい理由を解説、再就職を有利に進めよう

再就職手当を上手く利用するためにも、転職活動がスムーズになるように転職エージェントの利用もおすすめです。