転職サイト

転職にはエージェントを使うのが、一般的に常識といわれています。初めての転職のときには、転職エージェントのことがよくわからないこともあるでしょう。ここでは、エージェントの意味、転職エージェントの選び方、一般的なエージェントの利用の流れなどをご紹介します。

転職エージェントを上手く活用することで、スムーズな転職活動ができるようになるでしょう。

 

エージェントの意味は何か?

エージェントの日本語訳は「代理人」や「代理店」、「代理業者」のことをさします。人材紹介会社をエージェント、転職エージェントといい、旅行代理店やプロスポーツ界の交渉代理人などもエージェントと呼びます。

転職エージェントがしてくれるサービス

ここでは、転職の際に活用できる、身近なエージェントの転職エージェントについてご紹介します。転職エージェントのサービスとして、求人紹介、キャリア相談、履歴書・職務経歴書の添削などはよく知られているサービスでしょう。

エージェントや求人案件によっては面接同行、また内定後の給与などの条件交渉や入社日の調整などを得意とする転職エージェントもあります。

一般的に、転職エージェントを利用者は無料で使えます。それぞれの転職エージェントは、求人紹介で人材を企業に企業から紹介することで紹介料を得るビジネスです。内定決定者の年収30%程度が、転職エージェントの紹介料の相場でしょう。

転職エージェントによっては、担当者に紹介件数のノルマを課しているエージェントもあります。それゆえに、担当者が希望に合っていない案件でも、自分の成績優先で無理に押し込んでくることがあります。

マッチしていない案件は、はっきりと断りましょう。いいなりになるのでは、転職エージェントを使っても、かえって転職活動が停滞してしまいます。

転職エージェントを3種類に分けた選び方

転職エージェントは、主に3つの種類に分けられます。

異なるタイプの転職エージェントに登録すると、より多くのタイプの求人に目を通すことはできます、転職活動でエージェントを利用する人は、何社かに登録するのが一般的です。自分に合った転職エージェントと求人を探しましょう。

主な3つの転職エージェントには、以下のようなものがあります。

総合型転職エージェント
業界や年収、年齢に関係なく、幅広く求人案件を持っているのが、総合型転職エージェントです。圧倒的に数が多い求人案件を抱えている、今までの実績があるなどのメリットがある反面、大手で登録者が多いため、書類添削などのサポートを受けにくい、紹介案件の数が多すぎて迷ってしまうなどのデメリットもあります。

大手総合型転職エージェントと呼ばれるのは、リクルートエージェント、DODA、パソナキャリアなどがあります。準大手と言われるのが、マイナビエージェント、type転職エージェント、Spring(旧:アデコ)などがあります。

 

特化型転職エージェント
特化した業界や職種、もしくは年齢や年収の求人を揃えているのが、特化型転職エージェントです。専門性の高いスキルを持っている人やキャリアパスが定まっている人におすすめの転職エージェントが、特化型です。それぞれ独自のルートと知識を持っており、取引企業との信頼が厚いことが多いでしょう。

自分と相性のよい特化型転職エージェントに出会えば、希望する業界や職種の非公開や独占求人の紹介を持っている可能性が高いです。

また、特化型には充実したサポートをウリにしている転職エージェントも多く、専門的な知識から、書類作成や面接対策では具体的なアドバイスを受けられる可能性が、とても高いところも魅力です。

デメリットとしては、希望条件とマッチしない場合、あまり参考にならないことや、特化型は中小規模が多いため、求人案件数としては、そう多くは持っていないでしょう。

ITやWeb特化型ではワークポート、ハイクラス転職にはJACリクルートメントやビズリーチ、ファッション業界特化型ではクリーデンス、40代にはリクナビNEXT、キャリアカーバーなどがおすすめです。転職エージェントを利用することで、希望の職場を早く見つける事が出来るでしょう。

 

外資系転職エージェント
外資系転職エージェントはグローバル規模なエージェントが多いことから、独自のコネクションで世界各国の外資系企業の求人を多く持っている特徴があります。また、外資系企業にあわせた転職活動のサポートを受けられるのも、外資系企業への転職を目指す人にはうれしいサポートでしょう。外資系らしく、比較的サポートがあっさりしていることもあるので、自発的にお願いしないといけないこともあります。

ハイクラス転職に向いており、求人紹介だけでなく、スカウト型も取り入れる外資系転職エージェントも多くあります。外資系を目指していない人には、マッチしない転職エージェントでしょう。案件数はそう多くないですが、非公開や独占案件を持っていることもあります。

ロバート・ウォルターズ、ランスタッドなどが、日本では知名度がある外資系転職エージェントです。外資系エージェントの中でも、金融・コンサルに強いのはアンテロープでしょう。ヘイズスペシャリストリクルートメントは、製薬業界に強い外資系エージェントです。

また以下の記事では転職サイトについてをわかりやすく比較して解説しています。自分のつきたい業種に強い転職エージェントを利用することで、より早く自分に合った職場を見つけられるでしょう。

 

転職エージェント利用の際の基本的な流れの解説

転職エージェントの3つの種類をご紹介しましたが、どの転職エージェントも一般的な流れがあります。一般的な転職エージェント利用の流れは以下の通りです。

転職エージェントに登録する
どの転職エージェントも、インターネット経由での登録が可能です。外資系転職エージェントの中には、この時点で英文レジュメの添付をするところもあります。
電話での面談
登録内容をもとに、希望職種や条件などの簡単なヒヤリングがあります。
キャリアカウンセリング面談
電話、または直接会っての面談で、担当者との面談をします。最初の電話面談よりも踏み込んだ内容の擦り合わせで、転職活動の内容組み立てなどをします。
求人の紹介
面談内容から、担当者がマッチングすると思う求人案件を紹介してくれます。
サポート
希望により、履歴書・職務経歴書の添削などのサポートをしてくれます。紹介先によっては、担当者から推薦状などを用意してもらえることもあります。
応募する
転職エージェント経由で、希望の求人案件に応募します。
面接対策と日程調整
書類選考に通れば、担当者が持つ企業情報などの詳しい情報も教えてくれるでしょう。面接の日程調整は、担当者が交渉してくれることもあります。
企業との面接
ケースによっては、担当者が面接に同行することもあります。
内定と退職サポート
内定がでたら、条件交渉や退職のサポートまでしてくれるのが転職エージェントです。ただし、転職エージェントの無理なすすめで、気の進まない内定先に就職することがないように気をつけましょう。最後の最後は、自分で判断するのが大切です。

転職エージェントについてのまとめ

エージェントの日本語の意味は、「代理人」や「代理店」、「代理業者」などがありますが、一般的に使われるのは「転職エージェント」でしょう。
転職エージェントがしてくれることは、求人紹介、キャリア相談、履歴書・職務経歴書の添削 面接同行、また内定後の給与などの条件交渉や入社日の調整などがあります。転職エージェントは、利用者は無料ですが、内定決定者の年収30%程度が、転職エージェントの紹介料として企業から支払われます。
転職エージェントは、主に総合型転職エージェント特化型転職エージェント外資系転職エージェントの3つの種類に分けられます。何社か登録して、自分に合ったものを見つけ出すのがいいでしょう。
一般的な転職エージェント利用の流れは、登録→電話面談→キャリアカウンセリング面談→求人の紹介→サポート→応募→面接対策と日程調整→内定と退職サポートとなります。転職活動にエージェントを上手く活用して、スムーズにすすめましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

会社にばれずに転職活動するためのページへ

【最速】お昼休みの30分で転職活動するためのページへ

マナラボが特におすすめする転職エージェントは以下のとおりになります。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、はじめに管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。自分は管理職、かつ気軽に転職を始めたい場合は強くおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA