年収1000万は「お金持ち!」と感じる一つのラインです。単純に計算しても月に80万円以上の収入があることになり、いったいどんな人がどんな仕事でその収入をえているのかは気になるところです。
そこでこの記事では、

・年収1000万の手取り
・年収1000万以上稼ぐ人の割合
・年収1000万を狙える職業

について詳しく調べ、年収1000万の実態に迫ります。この記事を読めば意外と手の届くところにあると感じられるかもしれません。

年収1000万の手取りは?

年収1000万は憧れる数字ですが、実際に手元に入ってくるお金はこれよりもぐっと減ることをご存知でしょうか。よく聞く年収と手取りの違いです。

私たちは稼いだお金から所得税や住民税といった税金と、年金保険料や健康保険料といった社会保険料を支払っています。これを源泉徴収といいます。

サラリーマンの場合、源泉徴収分が引かれて給与として銀行口座に振り込まれ、この額の1年分が手取りとなるわけです。

では実際に年収1000万稼いだ場合の手取り額はいくらなのかというと、およそ700~800万円になります。

家族構成や保険の種類、住んでいる市区町村などによって違いがあるので、あくまでざっくりとした計算です。

反対に手取りで1000万にするには、およそ1250万の年収が必要になります。

年収1000万を超える人の人数、割合

冒頭でもお話ししたように、年収1000万は月収にすると80万以上稼いで叶う数字です。これほど稼ぐ人は身近に大勢いるとは感じられません。
どのくらいいるのかというと国税庁の「民間給与実態統計調査(H28)」(※1)による結果は次の通りです。

・1000~1500万 3.1%(151万9千人)
・1500~2000万 0.7%(33万6千人)
・2000~2500万 0.2%(10万7千人)
・2500万~    0.2%(12万人)
※給与所得者数4869万人

年収1000万以上の人数を合算すると208万2千人となり、給与所得者全体の約4.2%になります。

少し乱暴ですが偏差値にたとえてみるともう少しわかりやすくなるかもしれません。一人当たりの平均給与が422万円(※1)なのでこれを偏差値50とすると、年収1000万以上の人は偏差値67くらいになります。

 

 

20代、30代で年収1000万を超える人の割合

続いてはもう少し細かく、年代別に年収1000万を超える人の割合を見てみましょう。

大手転職サイトdodaの情報だと、20代で年収1000万を超える人の割合は0.3%、30代では1.8%となっています。
20代から30代で6倍にも増えていて、年代による違いが大きいのが見てとれます。

ちなみに、40代になると7.3%、50代では19.7%と年代が上がるにつれて右肩上がりで増えています。終身雇用制が崩れたとは言え、長く働き続けることによる年収の増加は確かに存在します。

参考
doda平均年収ランキング

20代、30代の平均年収は?

給与所得者全体の平均年収は422万でしたが、20代、30代の平均となるとどれくらいなのでしょうか。
同じく国税庁の「民間給与実態統計調査(H28)」による結果は次の通りです。

・20~24歳 258万円
・25~29歳 351万円
・30~34歳 403万円
・35~39歳 433万円

平均すると、20代では304万30代では418万となります。年収1000万プレーヤーは平均より2.5~3倍以上稼いでいることになります。