年収1000万は「お金持ち!」と感じる一つのラインです。単純に計算しても月に80万円以上の収入があることになり、いったいどんな人がどんな仕事でその収入をえているのかは気になるところです。
そこでこの記事では、

・年収1000万の手取り
・年収1000万以上稼ぐ人の割合
・年収1000万を狙える職業

について詳しく調べ、年収1000万の実態に迫ります。この記事を読めば意外と手の届くところにあると感じられるかもしれません。

年収1000万の手取りは?

年収1000万は憧れる数字ですが、実際に手元に入ってくるお金はこれよりもぐっと減ることをご存知でしょうか。よく聞く年収と手取りの違いです。

私たちは稼いだお金から所得税や住民税といった税金と、年金保険料や健康保険料といった社会保険料を支払っています。これを源泉徴収といいます。

サラリーマンの場合、源泉徴収分が引かれて給与として銀行口座に振り込まれ、この額の1年分が手取りとなるわけです。

では実際に年収1000万稼いだ場合の手取り額はいくらなのかというと、およそ700~800万円になります。

家族構成や保険の種類、住んでいる市区町村などによって違いがあるので、あくまでざっくりとした計算です。

反対に手取りで1000万にするには、およそ1250万の年収が必要になります。

年収1000万を超える人の人数、割合

冒頭でもお話ししたように、年収1000万は月収にすると80万以上稼いで叶う数字です。これほど稼ぐ人は身近に大勢いるとは感じられません。
どのくらいいるのかというと国税庁の「民間給与実態統計調査(H28)」(※1)による結果は次の通りです。

・1000~1500万 3.1%(151万9千人)
・1500~2000万 0.7%(33万6千人)
・2000~2500万 0.2%(10万7千人)
・2500万~    0.2%(12万人)
※給与所得者数4869万人

年収1000万以上の人数を合算すると208万2千人となり、給与所得者全体の約4.2%になります。

少し乱暴ですが偏差値にたとえてみるともう少しわかりやすくなるかもしれません。一人当たりの平均給与が422万円(※1)なのでこれを偏差値50とすると、年収1000万以上の人は偏差値67くらいになります。

 

 

20代、30代で年収1000万を超える人の割合

続いてはもう少し細かく、年代別に年収1000万を超える人の割合を見てみましょう。

大手転職サイトdodaの情報だと、20代で年収1000万を超える人の割合は0.3%、30代では1.8%となっています。
20代から30代で6倍にも増えていて、年代による違いが大きいのが見てとれます。

ちなみに、40代になると7.3%、50代では19.7%と年代が上がるにつれて右肩上がりで増えています。終身雇用制が崩れたとは言え、長く働き続けることによる年収の増加は確かに存在します。

参考
dodaへ

20代、30代の平均年収は?

給与所得者全体の平均年収は422万でしたが、20代、30代の平均となるとどれくらいなのでしょうか。
同じく国税庁の「民間給与実態統計調査(H28)」による結果は次の通りです。

・20~24歳 258万円
・25~29歳 351万円
・30~34歳 403万円
・35~39歳 433万円

平均すると、20代では304万30代では418万となります。年収1000万プレーヤーは平均より2.5~3倍以上稼いでいることになります。

年収1000万をねらえる業種は?

では、年収1000万を狙える職業とはいったいどんな業種なのでしょうか?

医師、弁護士、公認会計士

これら3つは三大国家資格と言われる最難関の国家資格を取らなければ就けない仕事です。そのため、幼い頃から勉強が得意で難関大学に進むというエリート街道を経なければ就くことが難しい専門職です。

外資系(金融・保険・経営コンサルタント)

外資系企業の給与が高いことはよく知られています。その理由の一つに、日本という外国で勝負するために高い給与を提示して優秀な人材を集めているという側面があります。

しかし、文化的な違いからくる成果主義ゆえの仕事の厳しさも相当なもので、激務を覚悟しなければならないでしょう。

もし外資系での転職を検討している場合、下記記事がおすすめです。

マスコミ関連

テレビ局や広告代理店、新聞社や出版社といったマスコミ業界の年収は高く、30代で1000万を超える社員も多くいます。

仕入れにかかるコストもなく社員数もそう多くない上に、多額な広告収入があることが給与に反映されていると考えられます。

金融業界

銀行や証券会社に代表される金融も大きく稼げる業種です。簡単に参入できる業種ではないので競争相手が少ないため利益率を高く維持できることから給与が高くなることが考えられます。

商社での管理職

いわゆる商社マンも高い給与をもらっているイメージがあります。実際に上位の総合商社では平均年収が1000万を超え、高給取りは伊達ではありません。

世界を市場として大きな金額を動かすことや、在庫や設備投資にかけるコストを人件費に回しやすい点が高給の理由と考えられます。

大手企業の管理職

誰もが知っているトヨタやグーグル、ソニーといった大手企業に就職するのも年収1000万を叶える近道です。

トヨタの場合、大卒で係長になれば年収1000万を超えるとのこと。
年齢でいえば30代前半です。

このような企業に転職して年収が1000万円を超えたい方は下記転職サイトがおすすめです。

年収600万円以上の転職はBIZREACH

ビズリーチ

BIZREACHは、30代後半以上のハイクラスな人が使っている転職エージェントです。

それゆえに、管理職や専門職、グローバル規模で活躍できる語学力とスキルがある人が多いです。
またBIZREACHは、年収750万円以上のミドルからハイクラスの転職に向いています。

自分に合ったヘッドハンターを選ぶこともできるので、他の転職エージェントではできない転職活動の方法をとることもできます。

外資系に強いJACも1000万円以上の転職にも強い

JAC

JACはイギリス・ロンドン発祥の外資系転職エージェントです。
ハイキャリア・エグゼクティブ案件の取り扱いが多いことから、キャリアコンサルタントの知識も豊富で質がいいことが強みの一つです。
他の転職エージェントに比べるとコンサルタントの数は少ないようですが、その分、一人一人に親身になってくれます。
アフターケアもしっかりとしているとの評判です。

企業別平均年収の調べ方

就職してゆくゆくは年収1000万を超えたいと狙っているのであれば、最初から可能性の高い企業に就職する方が効率的です。

そのためにはあらかじめ企業の平均年収を知っておきたいところでしょう。これは「有価証券報告書」の公開データを閲覧することで調べることができます。
EDINETへのリンク

1)「EDINET」にアクセス
2)「書類検索タブ」をクリック
3)調べたい企業名を入力(上場企業)
4)『有価証券報告書』にチェック
5)検索ボタンをクリック
6)検索結果から『有価証券報告書』をクリック
7)「企業の概況」→「従業員の状況」をクリック
8)「提出会社の状況」欄の「平均年間給与」を見る

この方法で伊藤忠商事を調べたところ、平均年収は13,838,699円と知ることができます。

年収1000万円のポイント

・年収1000万の手取りは700~800万
・年収1000万を超える人の割合は約4%
・20代では0.3%、30代では1.8%
・20代の平均年収は約304万、30代は418万
・年収1000万を狙える業種は「医師・弁護士・公認会計士」「外資系」「マスコミ」「金融」「商社」「大手企業」
・上場企業の平均年収は「ENDIT」で調べることができる

もし高収入を狙う場合には、一度転職を検討してもいいかもしれません。