サラリーマンとして働く人ならば、誰しも一度は転職を考えたことがあるかもしれません。しかし35歳を過ぎてからの転職は一般的には難しいといわれています。こちらの記事には35歳の転職が難しい理由や転職に成功する人の共通点などをまとめています。

 

35歳以上の方の転職で活用したいのが、ハイクラスに特化したエージェントのJACとBIZREACHです。以下ではその概要やメリット・デメリット、特徴的なポイントなどをご紹介します。自分の希望に合った企業を見つけて、スムーズな転職活動ができるでしょう。

 

35歳の転職が難しいといわれる理由

35歳はそもそもの求人数が少ない

「35歳の壁」という言葉があるように、一般的には35歳を過ぎてからの転職は難しいといわれています。その原因としてまず考えられるのは、そもそも35歳以上を狙った求人数が少ないというものです。

求人広告には年齢制限が書かれていないものも多いですが、実際には35歳までの人がターゲットとされているケースが多く、求人数は36歳になると半減し、その後も5歳年齢を重ねるごとにさらに半減していくと考えるのが一般的です。

「希望条件」で選択肢が激減する

そして、もう一つ考えられる35歳の転職が難しいといわれる理由は、転職の際の希望条件により選択肢が激減してしまうことです。

35歳という年齢を考えると役職やポジションには、年収水準などは前職と同等かそれ以上を望む人が多いです。家庭の事情や将来の不安、教育や介護のための費用なども考慮すると、当然の条件かと思われますが、希望条件が多ければ多いほど転職の成功率は低くなります。

あまりにも理想を高く持った転職活動は、失敗してしまう原因となってしまうでしょう。

35歳でも転職できる人、できない人の差は?

即戦力になれるかが成功のカギ

35歳でも転職に成功する人とそうでない人との差として、新しい職場でも即戦力になれるほどの技術や経験を持っているのか、そうでないのかが挙げられるでしょう。

35歳を過ぎてから転職活動を行う場合は、前職で得た経験を活かして転職後にいち早く企業の戦力となれる人材である必要があります。

スキルに汎用性があるとよく見られやすい

スキルに汎用性があることも35歳を過ぎてからの転職を成功させるのに重要なポイントです。今の企業で人一倍働けていたとしても、その企業でしか通用しないスキルを他の企業で活かすのは難しいでしょう。

場所が変わったとしても、どの職場でも活かせる汎用性のあるスキルを持っている人は、35歳を過ぎてからも転職に成功しやすいです。

市場価値のあるスキルがあるか

35歳の転職活動ではリーダーシップと呼ばれる類の人をまとめる力や、部下からの信頼を得られる人格なども求められます。

新卒の若者でない以上、人間としての器や度量も欠かせないスキルです。自分の仕事だけをこなせばよいというわけではなく、若手社員のモチベーションを持続させ企業全体を動かしていける人材であることが、中途採用において求められる条件です。

適応力があるかが35歳の転職には大事

どんなに仕事ができてスキルの高い人でも、新しい職場で働き始めた途端に部下や同僚と喧嘩したり反感を買ったりしまうようでは意味がありません。

今まではとは違う環境でもすぐに適応し、その場にいる人たちとうまくやっていく適応力が必要です。円滑なコミュニケーションが取れることはもちろんのこと、若手社員が頼れる存在でなければいけません。

35歳の転職で成功した人に共通すること

マネジメント経験がある

マネジメント経験がある人は35歳を過ぎてからの転職活動でも有利です。マネージャーは管理職ともいわれ、組織の成果に責任を持つべき役職です。

マネジメントといってもその内容には色々な種類があり、具体的には目標マネジメントや人材マネジメント、組織マネジメントやリスクマネジメントなどです。役職でいえば課長や部長、プロジェクトマネージャーなど上司として部下の管理を行う人のことをさします。

マネジメントについて詳しく知りたい方は以下の記事を合わせてご覧ください
マネジメントとはなにか
マネジメント経験とは リーダーシップとの違い アピールの仕方

 

英語ができると転職に有利

英語ができる人は、そうでない人よりも転職活動時の選択肢の幅が大きく広がります。しっかりとしたビジネス英会話が身についている人であれば外資系企業への転職もでき、日系企業でも重宝されるでしょう。

35歳を過ぎてから転職を考える場合、英語ができるという事は大きなポイントです。

以下では英語習得に向けた情報を解説しています、気になる方は合わせてご覧ください。

TOEICとは スコアの目安やどのような試験か 他の英語資格との違い
就職・転職で生かせる英語の資格と英語を使った職業の解説

35歳で公務員へ転職の道もある

公務員というとなんとなく終身雇用や年功序列のイメージが強く、35歳から公務員への転職は難しそうに感じてしまいます。しかし実際はそんなことはなく、35歳を過ぎても公務員への転職は可能です。

地方自治体によっては年齢制限にほぼ上限がないようなところもあり、むしろ30歳以上など年齢の下限が設けられている役職も多いでしょう。

ただし注意しなければならないのは、公務員の中途採用者はキャリアとして認識されないため、幹部へ昇任することはほとんどない点です。

35歳を過ぎて公務員へ転職する場合は、専門能力の高さやまじめさなどが重視されます。「公務員だからラクに転職できる」というものではないため、公務員への転職を考える場合もしっかりとした覚悟を持って行いましょう。

35歳の転職についてのまとめ

  • 35歳を過ぎてからの転職が難しいといわれる理由は主に2つあり、それはそもそもの求人数が少ないことと転職先の理想が高すぎることです。
  • 家庭の事情や教育・介護の費用などを考慮するとある程度の条件を求めることは当然かもしれませんが、転職の成功率を上げたいのであればあまり理想は高くしすぎないようにしましょう。
  • 35歳でも転職できる人とできない人には明確な差があり、即戦力になれる人材であるか、スキルに汎用性があるか、などが明暗を分けます。実際に35歳を過ぎての転職に成功した人の共通点はマネジメント経験を持っていたり英語を話せたりすることなどです。
  • 35歳から公務員へ転職する道もありますが、公務員への転職だから簡単、というものではありません。しっかりと覚悟を持った上で転職活動に臨みましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda