スキルアップや年収アップを目指し、同業他社への転職を考える人は少なくありません。

この記事では、同業他社への転職に関して理解しておくべきことや知っておいた方がいいことをまとめています。

同業他社への転職のメリット、デメリット

同業他社への転職はメリットも大きいですが、同じくらいデメリットもあります。デメリットもきちんと理解し、覚悟した上で転職をすることが大切です。

同業他社への転職のメリット

    • 年収が増える可能性が高い

転職により即戦力となってくれる人材を手に入れることができれば、企業側としてもありがたいものです。
また、転職を受け入れる企業には、自社では思いつかなかった発想や考え方を取り入れたいという気持ちもあります。

こういった側面から、業界順位がより高く、高待遇の企業への転職は比較的成功しやすく、これが「同業他社への転職は年収が増える可能性が高い」と言われる理由です。

    • 転職後もスムーズに仕事ができる

今までとは異なる業種へ転職した場合、専門的な内容に関しては一から覚えなければなりません。

しかし、同業他社への転職である場合は業務内容に共通する部分もあるため、転職後もスムーズに仕事ができます。
前職の企業で培った経験と知識を存分に発揮することができます。

同業他社への転職デメリット

    • 今の会社とトラブルになりやすい

一番に考えられるデメリットは、同業他社へ転職することを会社に知られた場合にトラブルになりやすいことです。上司や同僚から嫌がらせを受ける可能性もあります。

経営者には同業他社への転職を裏切り行為だと考える人も多いので、それなりの覚悟を持って転職しなければなりません。

    • 就業規則違反になる可能性もある

同業他社への転職を考える場合に一番気をつけなければならないことは、就業規則違反にならないかどうかです。

同業他社へ自社の技術が流れてしまわないように、就業規則に競合への転職禁止が定められている企業もあります。
また、競業避止義務契約という転職や同業他社でのアルバイトなどを禁止する契約がされている場合もありますので注意しましょう。

しかし、就業規則に転職禁止の旨が記載されていたとしても裁判では会社側が勝てないケースが多いといわれています。裁判沙汰になってでも転職を行う覚悟があるならば、就業規則に関する記載があっても、同業他社への転職を考えてもいいでしょう。

    • 利用されて終わる可能性がある

転職先の企業がほしいのはただ単に競合のノウハウだけかもしれません。
ノウハウを吸収したあとは用済みとされ、昇格や給料アップを望めない状況になってしまう可能性もあります。

転職先の企業が本当に自分を必要としてくれるのか、しっかりと見極めた上で転職をする必要があります。

    • 転職先でも避けられてしまうことがある

元々の会社で裏切り行為と言われてしまうのは仕方のないことかもしれませんが、転職先の会社でも上司や同僚から避けられてしまうことがあります。

仮にヘッドハンティングでの転職であったとしても、全ての社員がそれを快く思うわけではありません。

「あの人は同業他社を裏切ってこの会社に来たらしい」などと噂されては、なんとなく働きづらい空気になってしまうかもしれません。

同業他社への転職で注意すること

同業他社への転職はNGなのか

就業規則などで転職についてなんらかの定めがある場合を除いて、同業他社への転職は法的には問題ありません。

ただし、裏切り行為とみなされる可能性は高いです。
経営者は「競合へ転職するなんて何を考えている」と怒り出すかもしれません。会社愛の強い企業であれば上司や同僚から睨まれてしまうこともあります。

実際に、同業他社へ転職を切り出した人が上司から妨害を受けて弁護士へ相談したケースも少なくありません。

嘘をついて退職するのは避けよう

同業他社への転職は法律違反ではありませんので、退職理由は嘘をつかず正直に伝えるようにしましょう。

「今の会社では叶えられない理想を他社では叶えられる可能性がある。」
こういった前向きな理由であればきちんと伝えることも大事です。

また、嘘をついて退職すると、それがバレた時に上司や同僚からの信用を失ってしまいます。

もともといた会社でのネットワークは転職後も大きな力となり、面倒を見てくれる上司や気の合う同僚であれば転職後も色々な相談に乗ってくれるはずです。

こういった前職のネットワークを失ってしまうのは非常にもったいないので、嘘をついて退職するのは避けましょう。

同業他社への円満転職のコツ

狭い業界などでは転職後も前職の人に会うことも多いです。
また、転職して嫌いな上司とやっと別れられたと思っても、その後会社が合併してまた一緒に働くことになる可能性もあります。

円満転職をできるのであればそれに越したことはありません。

転職先の名前は言わないほうがいい

円満転職のコツとして、退社前に転職先の名前は言わない方が賢明です。

転職先の名前を言ってしまったがために、上司がその会社へ乗り込んでいったというトラブルもあります。
このようなトラブルは稀ですが、退社が完了するまでは近しい同僚にも転職先の名前は言わないように注意しましょう。

転職後も関係を維持していきたい人については「全て終わったら話します」などと伝え、転職が完了してから伝えましょう。

このように一声かけることによって、上司や同僚との良好な関係は残しつつ円満転職が行えます。

同業他者への志望動機

同業他社へ転職する場合、転職成功の最後の決め手となるのが志望動機です。

志望動機は決しておろそかにせず、しっかりと考えましょう。

転職先の特徴や業界での位置付けを把握

転職先について深く知っておくことが何よりも重要です。
転職先に自分をアピールするため、その企業の特徴や業界内での位置付けなどを把握しておくことは必須です。

転職先の情報を集めておくことは面接時にも有利になります。転職先の企業に関してはより深い知識を持っておきましょう。

同業他者への転職についてのおさらい

同業他社への転職にはリスクもありますが年収アップが見込めるなどメリットも大きいです。
まや、転職後も前職の同僚に会う可能性もあることを考えると、なるべく円満に退社した方が賢明です。

コツをしっかりと押さえ、より好条件の企業へ転職を成功させましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda